スケジュールについて
スケジュールとは?
  教習計画(=時間割)を先に決めてから進めていくオプションコースです。

 技能教習はオール予約制のため、ご本人が受付の予約機(インターネット予約も可能)を使っての予約が必要です。このとき、3〜4回先まで予約できますが、それ以上は取ることができません。

 これに対し「スケジュール」を付帯しますと当校の担当者がまとめて予約をするとともに、学科教習を加えた教習計画を作成します。ご本人が教習の予約をする必要はありません。このときに確保できる予約数が通常よりも多いので、混雑している時ほど短期で進めることができます。
★コース手数料として別途30,000円(税込み32,400円)必要


短期取得や忙しいかたに向いています
 時間割の組み方にもよりますが、短期取得を目指したプランの場合、混雑する時期でなければだいたい3〜4週間程度で標準カリキュラムを消化します。ただしご本人様の都合や修得状況により当初の予定より遅れることがありますのでご了承下さい。

 もちろん短期取得でなくても時間割を作ることはできますので、例えば通学日時が著しく限られる方でもきちんと予約を確保できます。
 ただしカリキュラムの中には日時や曜日が決められているもの(※1)が幾つかございますので、通学日時が限定される方は前もってご相談ください。) 


スケジュール作成の手順
 まず【第1段階】(仮免許取得まで)を作成します。延長・追加分はその都度対応します。
仮免許の試験に合格したら【第2段階】へ進めますのでその分の時間割を作成します。
 それぞれ、ご本人様のご都合をお聞きし、通学可能な時間帯のみで作成いたします。
 ただし実施する日時や曜日が決められているもの(※1)がありますので、ご本人様の希望日時で受講できないことがありますし、後から変更となりますと当初の予定より大幅に遅れることもありますので注意して下さい。


スケジュールには向いていない方
「スケジュール」は先の方まで時間割を決めて進めていくコースですので、例えば
 ・先の予定が前もって分からない
 ・当初の予定が変わってしまう

というお客様は「スケジュール」ではなく通常の予約方法で進めていただくことをお勧めします。


スケジュールの変更
 変更そのものは可能ですが、車の台数や指導員数の関係でご希望の通りに変更できないことがあります。
 特に混雑がピークの時は何週間も先まで予約が埋まっていますので、変更することによって大幅に遅れが出てしまいます。
 ご都合をお聞きしてから作った時間割ですので、後から他の予定を教習スケジュールに割り込ませないように通学していただくことをお願いしています。



その他

◆混雑する春休み・夏休み・冬休みなどで短期取得をご希望の場合はお早目の入校受付をおすすめしています。
◆不測の事態により、スケジュールが急に変更となることがあります。(車両故障・体調不良・交通事故・悪天候などにより教習や検定ができなかったときなどです。)

【参考】曜日や時間が決まっているもの

■入校式:毎週火曜(AM9:20)・木曜(PM6:00)・土曜(PM2:00)
所要時間は2時間半〜3時間くらいです。ここでしか学科番号@を受講できませんので必ず出席してください。(法令の規定により、学科番号@を受講されませんと他の教習を受講できません。)

■修了検定(仮免許のテストです)
 祝日を除く、毎週月曜・水曜・金曜のAM9:00集合。
合格者は午後から学科試験、更にその合格者は学科教習や原付教習(原付免許所持者を除く)を受けていただきますので、午後5時ごろまでかかります。

■卒業前学科効果測定
 毎週火曜(PM6:40)・木曜(PM2:00)・土曜(AM9:20)所要時間は2時間くらいです。

■高速教習(2時限連続)
 夜間(PM5:40以降)は実施していません。2時限連続で実施するため、最も遅い時間帯で午後3:00スタートです。

■応急救護処置教習
 座学と実習で計3時限ありますが、法令の規定でバラバラに受講することができませんので、3時限連続で受講していただくことになります。

■卒業検定
 祝日を除く、毎週火曜・木曜・土曜のAM9:00集合
検定は概ね午前中で終わりますが、合格者は午後から本免試験対策勉強会を実施します。その後、卒業証明書など運転免許試験場で必要な書類の配布と申請の説明を行ない、午後3時ごろ解散となります。