2001年の大会
鳥人間コンテスト
2001年7月、真夏の極暑の中、滋賀県の琵琶湖において恒例の
第25回鳥人間選手権コンテストが2日間に渡って開催されました。
今回からは『人力ヘリコプター部門』という新しい部門が設置され、今までの滑空機、人力プロペラ機
に加え、この『人力ヘリコプター部門』はその滞空時間を競うというモノ。
この初設置部門に初出場にして初優勝という快挙を成し遂げたチームが
『東大阪青年会議所トライズ』
テレビを御覧になった方はあの『浮いたーっ!!』という歓声と感動の涙のシーンを思い出される事でしょう。
その優勝機に当社の角パイプを御使用頂きました。今回は当社の最新情報として
『東大阪青年会議所トライズ』様の掲載許可を頂き、ここに御紹介致します。


第25回鳥人間コンテストにおいて、当社製角パイプを骨組みに御使用頂いた
『東大阪青年会議所トライズ』チームが初出場にして初優勝!!
当社角パイプの軽量さと高強度が実証されました。 

画像等は全て『(社)東大阪青年会議所』様より承諾を得て掲載しています。

2001.10.10 UP CREATOR ASANO CO.,LTD.


2001年7月24日 鳥人間コンテストのプラットフォームで。




『東大阪号』テイクオフの瞬間 !!

『浮いた〜っ!浮いた〜っ!!』という実況の中
悠然と滞空し続ける『東大阪号』。記録は他チームを
大きく引き離しての6.30秒、応援チームは歓喜の渦!!→


他チームが1年という期間をかけて製作する機体を
わずか1ヶ月半という短期間で徹夜で組み上げ、
休日返上で完成させた『東大阪号』。
今年からはじめて設置された『人力ヘリコプター部門』
に初出場でエントリー。記録は滞空時間6.30秒という
他チームの追随を許さぬ最高記録をマーク!!


初出場にして初優勝という快挙!
おめでとう、東大阪トライズ!!!


東大阪青年会議所『鳥人間コンテスト応援サイト』のホームページはこちら



翼組み上げ風景。角パイプはスパー他
様々な部位に使用されました。



『東大阪号』に御使用頂いたアサノ角パイプ
角パイプのサイズ(mm) 厚み(mm) 長さ(mm) 本数
20×20 0.92 6000L 2
20×20 0.92 2000L 1
40×40 0.92 2000L 10
40×40 0.92 1000L 6
50×50 0.92 6000L 4
60×60 0.92 6000L 4
80×80 0.92 6000L 1
80×80 0.92 2000L 2



2002年の大会
第25回鳥人間コンテストにおいて、当社製角パイプを骨組みに御使用頂いた
『東大阪青年会議所トライズ』チームが初出場にして初優勝!!
当社角パイプの軽量さと高強度が実証されました。 

あれから1年、2002年第26回大会が今年も琵琶湖で開催されています。
今回からは正式競技になったヘリコプター部門で
去年初優勝を勝ち取ったあの東大阪トライズがまたまた高記録を
打ち出して見事今年も優勝!!2年連続チャンピオンおめでとう!!

2002年7月27日/鳥人間コンテストのプラットホームで待機する『東大阪号』

画像等は全て『(社)東大阪青年会議所』様より承諾を得て掲載しています。

2005. CREATOR ASANO CO.,LTD. All Rights reserved.