オーナーってこんな人 店舗情報 フィッシングガイドの詳細(店主が同行します) ロッドの修理・改造・製造の詳細 フィッシングギア(釣具)の紹介 リンク
NEWS の
バックナンバー

 














NEWS
バックナンバー

2016


17年11月

11/27 入鹿池釣果情
 愛知県犬山市の入鹿池にあるボート屋 「見晴茶屋」さん提供による釣果情報を更新しました。  バス情報は2件でしたが、21日に30〜46pを8尾ヒットさせた方が居られるそうです。 水温低下でバスがボトムのハニースポットに集まっている様です。 ワカサギの方は連日300〜600尾オーバーの釣果情報が入っています。

11/20 入鹿池釣果情
 愛知県犬山市の入鹿池にあるボート屋 「見晴茶屋」さん提供による釣果情報を更新しました。  バス情報は少なく大物も釣れていませんが、釣っている方は2〜3尾ずつヒットさせている様です。 ワカサギの方は300〜600尾オーバーの釣果情報が連日入っており、17日には900尾オーバーの情報も入っています。

11/19 釣り場情報 (バス)
 本日、安井さんが琵琶湖の北湖西岸へ陸っパリ&ウェーディング釣行。 風が強く寒い日でしたが釣り人は多かったそうです。 そんな中でビックベイトに良い体型の46pのバスがヒット。 安井さんから写真を頂きましたのでフォとギャラリーのページに載せておきました。

11/15 釣り場情報 コイ・ナマズ)
 本日の定休日、店主が昼頃に1時間半ほど野府川釣行。 前日の雨の影響の濁りが少し残っていましたが、水量が少ないのでサイトフィッシングには然程に問題ありませんでした。 釣果は毎度のコイラバ+ロッククロー2inで55〜75pクラスの鯉を6尾ヒットで、ナマズはノーフィッシュでした。 下流へ移動中の鯉はルアーを無視しますが、捕食・採食活動中の鯉はかなり釣り易かったです。 ナマズは2尾発見してアプローチをかけましたが、減水とカバーとなるウィードの減少の為か警戒心が強く、ルアーの着水音だけで逃げてしまうので勝負になりませんでした。

11/14 入鹿池釣果情
 愛知県犬山市の入鹿池にあるボート屋 「見晴茶屋」さん提供による釣果情報を更新しました。  バス情報は少ないのですが、11月6日に30〜41pを何と13尾ヒットさせたという情報が入っています。 ワカサギの方は好調で、連日300〜600尾オーバーの釣果情報が入っています。

11/5 釣り場情報 (バス)
 本日、安井さんが琵琶湖へ陸っパリ&ウェーディング釣行。 先日の2週連続台風による雨の影響で濁り気味だったそうですが、北湖エリアにてスコーンでナイスプロポーションで50pのバスをヒット。 安井さんから写真を頂いているのでフォとギャラリーのページに載せました。

11/1 釣り場情報 (コイ・ナマズ)
 本日の定休日、店主が午後2時半頃からから2時間ほど野府川釣行してきました。 このところ台風の影響で釣に行っていなかったので久しぶりだったのですが、水中は完全に冬に向けた秋の感じでした。 まだウィードは多く残っていますが鯉は数尾から10尾程度の群れをつくって下流域に移動し始めており、この状態の鯉は喰い気があまり無いので釣り難い。 その為に釣果は70pクラスと50pクラスの2尾で、バイトもその2尾のものだけだった。 ただし喰ってくる奴は元気があり、70pの方はコイラバ+ロッククローを一発で喉の奥まで丸呑みで、ファイトも強烈でした。 ナマズは2尾確認しましたが1尾は無反応で、もう1尾がヒットした物の喰い込みが浅くすぐにバレてしまった。 真冬でも鯉は狙えるしナマズも今月いっぱいはOKだから、濁りが落ち着いてウィードがもう少し減ると釣り易くなるだろう。


17年10月

10/29 入鹿池釣果情
 愛知県犬山市の入鹿池にあるボート屋 「見晴茶屋」さん提供による釣果情報を更新しました。  バスはトップで60pが釣れたという情報が入っております。 ワカサギの方は好調で900尾オーバーの釣果情報も入っていました。

10/24 入鹿池釣果情
 愛知県犬山市の入鹿池にあるボート屋 「見晴茶屋」さん提供による釣果情報を更新しました。  バス情報は減っていますが、58pの良型や最大45pですが7尾ヒットさせた方の釣果報告が入っています。 ワカサギの方は天候不順の為か爆釣がありませんが100〜200尾台の情報はコンスタントに入っています。

10/20 釣り場情報 (番外編・ワカサギ)
 18日の定休日に店主が息子と二人で今シーズン初のワカサギ釣りに入鹿池へ行ってきました。 毎度お世話になっているレンタルボート屋の見晴茶屋さんへ朝6時過ぎ位に到着し前日の情報を聞くが、前日は雨で釣り人が居らず釣果情報が殆ど無かった。 数日前までは「なかや荘ワンド沖」が好調との事で行ってみたところ、他ののボートも集中していたが殆ど釣れていない。 岸寄り・沖目とポイントを変えて攻めてみたが、1時間ほどでワカサギは数尾でブルーギルの方が多く釣れているる。
 そこで自分の経験と勘に従って「今井川河口」へと移動したところ、6.5〜7m位のボトムで2歳魚のワカサギがボツボツと釣れる。 魚探には中層にワカサギ群れの反応があるのだが、小さな4〜5pの当歳魚の為に殆ど針掛りしない。 昼過ぎに「明治村教会前」をチェックしに行ったが1時間攻めても反応がイマイチなので再び「今井川河口」へ戻り3時半まで釣りをして終了し、釣果は115尾であった。 ボート屋戻ると、前日の雨の影響の為でかなかや荘方面は極めて貧果であり、店主達がその日一番の釣果との事で、今シーズンに「今井川河口」でまともに釣ってきた初めての人だとも言われました。
 釣果数としてはイマイチなのだが、長年の経験は伊達ではなかったみたいですね。 (^^)v

店主の独り言
 上記のワカサギ釣りの時に、今井川河口でアンカーを降している店主のボートの周りで1匹のミシシッピーアカミミガメが頭をだしてウロウロと泳いでいた。 幼体ならミドリガメと呼ぶが、成体をミシシッピーアカミミガメと呼ぶのは長くで言い難く、短くアカミミガメと呼ぶのも舌が回り難く言い辛い。 その為に店主の女房は変略してアカピッピと呼んでおり、最近は店主も息子もミシシッピーアカミミガメを見るとアカピッピと呼ぶようになってしまった。
 さてそのアカピッピであるが、ボートのそばを離れようとしないので、息子が唐揚げにして食べるつもりでキープしてあった小型のブルーギルを投げ入れてみると、着水音に反応して泳いできてパクリ! 食べた後もボートの近くを離れないので、またブルーギルを投げ入れるとこれまたパクリと食べ、面白いので続けていると1時間位で5〜8cm位のブルーギルを8尾食べたのである。 このアカピッピちゃんはワカサギ釣りのボートの周りにいると、外道で釣れたブルーギルをシメてから池に投げ込む釣り人が居り、楽に獲物を得る事が出来ると学習していたと思える。
 投げたブルーギルを貰おうと上空でトンビがグルグルと回って飛んで待っているという経験は何度もあるが、亀は初めてである。 なにしろ最初の頃は10m以上離れて泳いでいたのに、何尾もブルーギルを貰ってからはボートから1m程の距離まで近づいて人間をジッと見つめているので、間違いなく餌を貰おうと待っていたと思います。 在来種のカメを駆逐する上に長生きで生態系を狂わせるとして最近ではバスよりも問題視されている亀であり、店主も好きではない種の亀なのですが、この日のアカピッピちゃんは可愛く見えてしまった。

10/15 入鹿池釣果情
 愛知県犬山市の入鹿池にあるボート屋 「見晴茶屋」さん提供による釣果情報を更新しました。  バス情報の数は少ないのですがが50cmUPや複数尾の良い釣果報告です。 ワカサギ情報は多くなり、500尾オーバーの情報も入っています。

10/13 釣り場情報 (雷魚)
 昨日、佐藤さんが五三川方面へ釣行し、グッドサイズの雷魚を2尾ヒット。 この夏にナマズ・バス・雷魚を釣りまくった為に愛用スピナーベイト (ノリーズのシャローロール) のワイヤーが全て折れてダメになり、当店で補充した直後の釣行でした。 ナマズやバスのバイトは何回もあった様ですがフッキングには至らず、ヒットした雷魚は2尾とも良型でしたが購入したばかりのスピナーベイトがグニャグニャに曲げられてしまったとの事です。 佐藤さんからは写真を送って頂いているのでフォとギャラリーのページに載せておきました。

ロッド改造・ロッド修理情報
 ティップ部で折れたロッドをソリッドティップへ修理改造した物の写真をBASSリメイクのページに載せました。 ソリッドティップへの改造依頼は時折あるのですが、問題が多い作業なので通常はお断りする事が多いです。 今回は「ダメ元」を御承知の上での修理依頼であり、直接御来店になられたので十分に説明して御納得の上での依頼でしたので掲載する事にしました。 興味のある方は御覧ください。

10/11 カスタムロッド情報 ・ロッド改造&ロッド修理情報
 福岡県の方からの依頼で作製したフィネス用ベイトのカスタムロッドと、岡山県の方からの依頼でdepsのロッドのエンドキャップを集積コルク製に改造した物の写真を、カスタムロッド工房のページとBASSリメイクのページにそれぞれ載せました。 興味のある方は御覧ください。

釣り場情報 (コイ・ナマズ)
 本日の定休日、店主が午後から3時間ほど野府川釣行してきました。 結果は鯉を6尾ヒットさせ2尾ラインブレイクされたが4尾ゲットし、ナマズは2尾ヒットさせた内の1尾をバラシたがもう1尾はゲットしました。 最大サイズは鯉が85p・7.7kgで、ナマズは60pクラスでした。 鯉のブレイクは2尾ともウィードに絡まれたのが原因で、ナマズのバラシも藻化けです。 夏の終わりにウィードが繁茂し、稲刈りシーズンで減水したので一面ウィードジャングルになっている場所が多い。 水温が下がって魚が下流域へ移動を始めているが、まだまだ活性が高く元気なのでヒット後ウィードに突っ込む個体が多くなかなか大変である。 大変な分だけ楽しかったですが、コイラバ+ロッククローを連続ロストしたのはチョット悔しいです。 久しぶりに鯉の写真を撮ったのでフォトギャラリーのページに載せておきました。

10/9 入鹿池釣果情
 愛知県犬山市の入鹿池にあるボート屋 「見晴茶屋」さん提供による釣果情報を更新しました。  57cmというグッドサイズの情報も入っています。 いよいよワカサギ情報が入りだし、300尾オーバーの情報も入っています。

釣り場情報 (バス)
 8日に山下さんが五三川へ釣行し、イヴォーグ2.0で48.5cmのバスをヒット。 当店へdepsロッドのフェルデランスの重量バランス調整を依頼され、そのロッドを受け取った日にそのロッドで釣り上げたそうで、大変お喜びになって写真と共にメールで報告してくださいました。 頂いた写真はフォトギャラリーのページに載せてあります。

10/5 お知らせ
 木曽川漁業協同組合から今年も一宮市北方町大日の木曽川河川敷にてマス釣り場(川釣り体験場)をオープンする連絡があり、今年は10月29日からのオープンです。 今年は使用済み入漁券を何枚か集めると1日券や半日券に交換できるサービスがあるそうです。 ただ、同じ日付の券は無効なので、釣りに行った際に他の人の使用済み件を貰って券を集めるのはNGです。 最近は管理釣り場ブームも一段落したので、今後の管理釣り場はサービス向上が重要になりそうですね!

10/2 フォトギャラリー
 このところ御無沙汰気味だった常連の窪田さんから、9月に琵琶湖にウェーディング釣行した際に釣ったグッドサイズのバスの写真を送って頂きました。 サイズは60p弱の59p位で、ルアーはスコーンみたいです。 昨年に当店で作成したカスタムロッドでの釣果で、家庭都合でかなか釣りに行けなかったが良いサイズが出たとの嬉しい報告でした。

釣り場情報
 昨日の午後8時過ぎに、サイトネーム「クレヨンしんちゃん」が滋賀県方面へ出かけた際に琵琶湖長浜に寄ってチョットだけのバス釣りしたところ、ハートテールの3投目に54pのバスがヒット。 秋らしく、ワームもベイトフィッシュ的な横移動のタイプが良いみたいですね。 写真を頂いているのでフォトギャラリーのページに掲載しました。

入鹿池釣果情
 愛知県犬山市の入鹿池にあるボート屋 「見晴茶屋」さん提供による釣果情報を更新しました。  サイズ的には30〜40cmクラスが主体ですが数が釣れており、お一人で6尾ヒットの情報も入っています。


17年9月

9/28 釣り場情報 (コイ・ナマズ)
 店主が昨日の定休日に1時間ほど野府川釣行してきました。 やっと稲刈り準備が始まった様で野府川が減水し始め、まだ水量の多い水路もあったがボ川底の魚の確認が非常にし易くなってきていた。 減水直後は魚の警戒心が高まるので釣り難さもあるのだが、70pクラスの鯉と55pクラスのナマズをコイラバ+ロッククローで1尾ずつヒットさせました。 水量は少なかったのですが風が強かったので3/32ozを使用したのですが、沈みが早い分だけウィードに絡みやすく難儀な面もありました。 風さえなければ1/32ozを使いたいところですね。

店主の独り言
 私がバスプロだった頃に、当店サポートのメンバー3人が琵琶湖でのプロ戦の際に一ヶ所に集注した事がありました (店主の私はそこに混じっていません)。 初日は1/16ozジグヘッドでのフォーリングで全員好成績を収めていましたが、2日目は強風で1/16ozではキャスト困難な状況になってしました。 2人は1/8ozにウェイトアップしたのですが、釣果は芳しくありません。 ところが1人は2日目のプレッシャーを考慮して、よりキャスト困難なのを承知の上で1/32ozまでウェイトを下げ、結果的に2日目も好成績を残して賞金を貰える順位に付けたのです。 その当店メンバーのバスプロはJBマスターズプロのカテゴリーでシングルゼッケンを2度付けており、トップ50カテゴリー (当時はワールドプロと言っていた) に昇進しても何の不思議もない腕の持ち主と言える存在でしたが、この様な事が並の腕とトップクラスの腕の差なのだと思います。 キャストし難いウェイトに落とすという話しを書いていたら昔の事を思い出したので、皆さんの釣りの参考になればと思って書きました。

9/26 釣り場情報
 山下さんから9月23日に五三川で釣ったバスの写真を頂きました。 当店で先日バランス調整したdepsのブッシュバイパーを用い、チャターベイトにデスアダー6inをセットして広範囲を探って40pをヒットさせたそうです。 そろそろ秋らしく横移動のルアーに反応が良くなっていると思われ、ベイトの多いエリアを発見できれば更に好釣果が期待できそうですね。 山下さんから頂いた写真はフォトギャラリーのページに掲載させて頂きました。

9/25
釣り場情報 (コイ)
 店主が今朝の開店前に1時間ほど野府川釣行してきました。 このところの雨の影響で少し増水気味な上に濁りと繁茂したウィードの為に魚の姿を見付け難く、夏場の好スポットにも魚の姿を殆ど見られなかった。 下流に向かって泳ぐナマズを見かけたので、冬に備えて浅い上流部から深いエリアがある下流部へと魚が移動している様で、本格的な秋シーズンになってきたと思えます。 稲刈りが始まって水路の水が無くなってくると野府川も減水し、それに伴ってウィードも枯れだすので魚を見付けるのが楽になりますが、今日は毎度のコイラバ+ロッククローで積極的に捕食・採食活動をしている鯉を何とか見つけて65pクラスのるを1尾釣り上げたのみでした。 例年なら今頃から減水するのですが、雨が多かった夏の影響で今年は稲刈りが少し遅れているのかもしれませんね。

カスタムロッド情報
 岐阜県の方からの依頼で、ノースフォークコンポジットのブランクを用いてシンプルながらもカッコ良いデザインのカスタムロッドを作製しました。 カスタムロッド工房のページ写真を載せてありますので、興味のある方は御覧ください。

9/19 釣り場情報 (バス)
 サイトネーム 「クレヨンしんちゃん」 が16日夜から17日にかけて大江川・五三川へ釣行し、51pを頭に6尾のバスをヒット。 ルアーはスピナーベイトとノーシンカーワーム等みたいです。 写真をメールで送って頂いているのでフォトギャラリーのページに載せてあります。

9/17 ロッド改造・ロッド修理情報
 千葉県の方からの依頼で旧型スコーピオンのスピニングロッドのグリップ・ガイドを完全に作り直したロッド改造例と、三重県の方からの依頼でエギロッドのグリップ短縮をタンク間で短期間で仕上げたロッド改造例の写真をBASSリメイクのページに載せました。 興味のある方は御覧ください。

入鹿池釣果情
 愛知県犬山市の入鹿池にあるボート屋 「見晴茶屋」さん提供による釣果情報を更新しました。  今回は50cmUPのバスを2尾ヒットさせた情報も入っています。

9/13 釣り場情報 (コイ)
 本日の定休日に店主が野府川釣行してきました。 定休日ですが所用とロッド作業があったので、その合間に2時間ほど出かけましたが、チョット苦労しました。 やや増水気味で流れがあり、濁りと繁茂したウィードの為に魚の姿を見付けるのが困難な上に、何故か通常なら居るポイントに鯉もナマズも姿が見られず悩みました。 それでも僅かに姿を確認できた水路の流れ込みを毎度のコイラバ+ロッククローで攻めて、何とか65pクラスと75pクラスの鯉の2尾をゲット出来ました。

9/12 カスタムロッド情報
 愛知県内の方からの依頼で、持ち込みのノースフォークコンポジットのブランクを用いたカスタムロッドを同時に3本作製しました。 カスタムロッド工房のページ写真を載せてありますので、興味のある方は御覧ください。

9/10 釣り場情報 (コイ)
 店主が昨日、お盆前から行っていなったカープフィッシングに野府川釣行してきました。 ポイントに入って5投目で70pクラスの鯉1尾を毎度のコイラバ+ロッククローでヒットしましたが、その後の1時間はノーバイトで終了。 野府川は8月後半から10月前半が最もウィードの多い時期で、鯉もナマズもウィードの下に潜り込むので魚を見付け難く、少々攻め辛いです。 今後しばらくの間はウィードの少ないエリアを主体に攻めた方が良さそうです。

店主の独り言
 上記のカープフィッシングは本当に1ヶ月ぶりの釣りでした。 店主は以前からお盆中の殺生事は避けているので釣りも控えていたからです。 8月末にはペットのハムスターが死んでしまって喪に服し、その後に新しく飼い始めたペットの慣れぬ世話でバタバタして釣りに行きそびれていました。 新たなペットはリチャードソンジリスで、樹上生活するリスではなく穴を掘って地上生活するプレーリードックやマーモット等の仲間です。 警戒心が強くて人馴れし難い個体も多いと言われるのですがウチの子はベタ慣れで、結構賢いので当店の看板ジリスになる様に育てたいと思っています。 写真を1枚フォトギャラリーのページに載せておきますでお見知りおきを。

入鹿池釣果情
 愛知県犬山市の入鹿池にあるボート屋 「見晴茶屋」さん提供による釣果情報を更新しました。  今回は50cmUPのバス情報も2件入っており、全体的にワカサギの回遊エリアでバスがヒットしている様に思えます。9/3入鹿池釣果情
 愛知県犬山市の入鹿池にあるボート屋 「見晴茶屋」さん提供による釣果情報を更新しました。  ビックサイズの情報はありませんが30p台が多く報告されており、秋っぽい感じを受けます。


17年8月

8/29 フォトギャラリー
 先日、当店でロッドの重量バランス調整をなされた山下さんから五三川で釣ったバスの写真を頂きました。 ロッドは当店で先日バランス調整したdepsのバレットショットで、縦捌きが楽になって一日中続けられるようになったと喜んでおられました。 今回は38pと大きくはないがグッドコンデションでファイトを楽しめたとの事で、こういった報告を受ける事は嬉しいですね。

8/27 釣り場情報 (バス)
 本日、尾関さん・仙石さん・北村さんの3人が琵琶湖南湖でフローター釣行し、凄く良い釣果だったとの連絡を受けました。 尾関さんはカットテールワームで61cm・50p・25pと阿修羅で35p、仙石さんはカーリーテールワームで49pを2尾・阿修羅で43p・33p・15p、北村さんがカーリーテールワームで60p・52p・42pとジャスターフィッシュで53pをヒット。 1日3人で60pUPを2尾・50pUPを3尾、40pUPを4尾という好釣果で、喜びの報告でした。  尾関さんから、尾関さんと北村さんの60UPの写真を送って頂いているのでフォトギャラリーのページに載せました。

入鹿池釣果情
 愛知県犬山市の入鹿池にあるボート屋 「見晴茶屋」さん提供による釣果情報を更新しました。 50pUPのバス情報は1件で他は30p台ですが、まあまあ数は出ている様子です。

8/20 入鹿池釣果情
 愛知県犬山市の入鹿池にあるボート屋 「見晴茶屋」さん提供による釣果情報を更新しました。 結構良いサイズが連日釣れており、50pUPも何本か上がっています。

8/19 釣り場情報 (バス)
 18日の夕方に岐阜県の岩田さんが大江川でフローター釣行し、出撃の1時間前に当店で購入されたポッパーで54cmのバスをヒット。 ルアーは今では販売されていないK`sのフェイク6号というポッパーで、当店に数個在庫が残っていた物の1個です。 その後ラッキー13でも40pクラスをヒットしたが、こちらはバレてしまったそうだ。 ラッキー13は苦手との事でしたが、使用法のアドバイスを従ったらヒットしたと喜んでおられ、釣具屋冥利に尽きます。 岩田さんからは写真を頂いているのでフォトギャラリーのページに載せてあります。

8/18 釣り場情報 (コイ・ナマズ)
 昨日の開店前に店主が40分ほど野府川釣行。 毎度のコイラバ+ロッククローを使い、水路からの流れ込みで鯉の70p・75pクラスを1尾ずつと、地形のサイトでナマズを1尾ヒット。 ナマズはファイト中にバラしましたが、出会った青年に地形説明と攻め方を教えながらの1投目で絵に描いたようにヒットしたので嬉しかったです。
 出会った青年は2年ほど前に顔見知りになった方で、当時は大学の卒論の為に野府川の水温等の変化とナマズの生息に関する研究のデータ集めを長期間していました。 今回もデータ集めの様子だったので尋ねてみると、卒論が好評だったので大学院の修士論文に続編を書く為に再び追加のデータを取っているとの事でした。 釣りも好きで魚の生態研究をしているのですから応援したいですね。 もし野府川で黒っぽいコードの先に何かセンサーの様な物が水中に入れられていたならば、水から上げないでやってください。 以前、私も護岸を歩いている際に気付かずに足にコードをひっかけてセンサーを水から上げて知ったことがありますが、そんな時はセンサー部を水に戻してやってください。 ご協力お願いします。

8/16 釣り場情報 (バス)
 14日・15日に、岐阜県の西脇さんが五山川・大江川釣行。 14日はスピナーべーとで42pのバス1尾とクランクベイトで30pの2尾をヒット。 15日もクランクベイトとサターンワームのノーシンカーで20p台であるが3尾ヒットさせ、2日で6尾のバスを釣り上げたとの事です。 西脇さんから写真を頂いているのでフォトギャラリーのページに載せました。

8/15 お知らせ
 明日の16日は水曜日で定休日なのですが、お盆期間中なので午前10時半から午後7時までの時間で営業致します。

釣り場情報 (バス)
 8月11日に熊澤さんがレンタルボートで琵琶湖南湖へ釣行。 6本柱方面で刈り残しのウィードを発見し、ジグヘッドリグで攻めたところ3投目で43cmのバスがヒットし、続けたところ自己記録となる59pのバスをヒット。 ロッドが折れるハプニングなどもあった様ですが、その後も38pのバスを追加でゲットしたそうです。
 昨日、岐阜県の岩田さんが午前・午後とダブルヘッダーで大江川釣行。 浮草が非常に多く釣り難く午前中はノーバイトだったが、午後3時半頃からの2度目の釣行で31pのバスを先日当店で購入したばかりのコーリングペッパーでヒット。 厳しい状況でも何とか釣ろうとする姿勢によってヒットした1尾ですね!
 熊澤さんと岩田さんから頂いた写真はフォトギャラリーのページに載せあります。

8/14 入鹿池釣果情
 愛知県犬山市の入鹿池にあるボート屋 「見晴茶屋」さん提供による釣果情報を更新しました。 ビックサイズの釣果や情報量は多くありませんが連日釣れており、一日に5尾ヒットの情報も入っています。

8/9 釣り場情報 (コイ・ナマズ)
 本日の定休日、店主が昼前後に4時間ほどしてきました野府川釣行。 1投目に鯉がヒットしたがバレたのですが、続けた数投で2尾目をヒットさせて70cmクラスをゲット。 その後は鯉のバイトが無く苦労したのですが、ナマズの濃いエリアを発見して40分ほどの間に6尾ヒットさせ、1バラシ・1ラインブレイクがあったが50〜60cmクラスの良形ナマズを4尾ゲット。 何とか70pクラスの鯉1尾をコイラバU1/16oz+ロッククロー2inのスイミングで追加してから川沿いの喫茶店でランチ休憩して後半戦へ。 所用があるので後半戦は短時間勝負だったが、昨年から何度も見かけて狙っていた色鯉が喰い気がある状態で狙い易いエリアに居るのを発見。 2尾目と同じ様に毎度のコイラバU+ロッククローのスイミングでアプローチしたところ見事にヒット、嬉しかったですね。 チョット地味なカラーの色鯉でサイズも60p程ですが、久しぶりの色鯉なので写真を撮ってフォトギャラリーのページに載せました。

8/6 釣り場情報 (コイ・ナマズ)
 店主が今朝の開店前に40分だけ野府川釣行しました。 短時間でしたがコイラバ+ロッククローで60pクラスと70pクラスの鯉を1尾ずつヒット。 ナマズも1尾ヒットしたが残念ながらファイト中にバレてしまった。 釣果以上に嬉しかったのは御夫婦とお子さんの3人で釣りに来ている家族を見かけた事と、年配の方が結構良いサイズの鯉を釣り上げたのを見た事です。 7〜8年前まではただの1人の釣り人も見かけなかった野府川ですが、町中の小河川でも十分に釣りが楽しめる事を広げようと地道に努力し続けた結果が実り始めたのを感じる事ができました。

8/5 釣り場情報 (バス)
 岐阜県の岩田さんが今日も大江川フローター釣行。 手作りのダブルス一シャープラグで39.5cm、ワイルドハンチで25pのバスをヒット。 シャワーブローズショーティとスーパースプークJrにもバイトがあったがヒットには至らなかったそうです。 今回も岩田さんから写真を頂いたのですが、ちょっとピンボケ写真になっていたので掲載してありません。

8/2 釣り場情報 (コイ・ナマズ)
 定休日の今日、店主が午後から3時間ほど野府川釣行しました。 川に到着して直ぐに泳ぐナマズを見つけ、毎度のコイラバ+ロッククロー2inをキャストして2投目で50pクラスのナマズをヒット。 幸先良いかと思われたが、濁りと下流側からの強い吹き上げの風の為に非常に釣り難く、急激な水温上昇の影響もあって魚の喰い気が無く苦労しました。 その後は鯉の4バイト中2尾をフッキングしたが、1尾をバラシてゲットできたのは75pクラスの鯉1尾のみだった。 それでも猛暑の午後で濁りと風が強いという悪条件を考えると上出来でしょう。


17年7月

7/31入鹿池釣果情
 愛知県犬山市の入鹿池にあるボート屋 「見晴茶屋」さん提供による釣果情報を更新しました。

釣り場情報 (バス)
 岐阜県の岩田さんが今日も連日の大江川フローター釣行し、手作りのダブルス一シャープラグで39cmのバスがピックアップ寸前の至近距離でヒットしてきたそうです。 若くはない小柄なお方なので、連日釣行の体力に感心しています。 今回も岩田さんから写真を頂いたのでフォトギャラリーのページに載せておきました。

7/28 釣り場情報 (バス)
 岐阜県の岩田さんが本日の昼前日に大江川でフローター釣行し、スーパースプークJrで45cmのバスをヒット。 目前の1m位と言う至近距離でバイトしてきたそうで、フローターの釣りならではのヒットですね。 今回も岩田さんから写真を頂いたのでフォトギャラリーのページに載せておきました。

7/27 釣り場情報 (バス・コイ)
 岐阜県の岩田さんが25日に長良川で陸っパリ釣行し、手作りのダブルス一シャープラグで40cmのバスをヒット。 最近はハンドメイドルアーで釣りをする人が減った様に感じますが、これも一つの釣りの楽しみですね。 岩田さんから頂いた写真はフォトギャラリーのページに載せあります。
 昨日の定休日に店主が野府川釣行。 定休日なれど朝から夜までロッド作業をしており、気晴らしに午後2時ごろから3時間ほど釣りしてきました。 最も気温の高まる時間の為、浅いと言えど流れている川なのに野府川の表層水温は29度もあった。 喰い気が落ちる時間帯なので手こずりましたが、何とか70〜75cmクラスの鯉を4尾ゲット。 その内の2尾は流れに乗せて送り込んだコイラバ+ロッククローを見つけるやダッシュで近寄って吸い込む様に喰うという理想的なバイトで楽しませてくれました。

7/24 入鹿池釣果情
 愛知県犬山市の入鹿池にあるボート屋 「見晴茶屋」さん提供による釣果情報を更新しました。 50pUPのヒットや40UPを3尾ヒットなどの好釣果が報告されています。

7/22 釣り場情報 (コイ)
 本日の開店前に店主が野府川釣行しましたが、朝からクソ暑く1時間半ほどでしたが汗だくになりました。 それでも釣果は毎度のコイラバ+ロッククローで鯉を4尾ヒットさせ、60p・70p・80pクラスを各1尾の3尾ゲットしました。 さすがに水温も上がってきているので水路の流れ込み付近での反応が良かったですが、まだ完全な真夏パターンではなかったです。 気温が上昇しても水温が上がるにはタイムラグがあるので、浅い野池を除く大きな天然湖・ダム湖・河川でのバス釣りは、初夏パターンと盛夏パターンとの切り替わり時期とお考えになると良いかもしれません。

7/19 釣り場情報 (雷魚・コイ・ナマズ)
 埼玉県の牛見さんが昨日フロッグでヒットさせた雷魚の写真送ってくださいました。 岐阜県在住の頃は琵琶湖のバスばかりでしたが、最近は完全に雷魚・ナマズ釣りにハマっておられる様です。
 本日の昼頃、定休の店主が猛暑の中で野府川釣行。 毎度のコイラバ+ロッククローでのサイトフィッシングで鯉を3尾ヒットさせて70〜75cmクラスを2尾ゲットし、ナマズも60cmクラス1尾を釣り釣り上げました。 クソ暑い夏の日中でも短時間で大物が狙える小河川でのルアーカープフィッシング、ある意味で最高ですね! 牛見さんから頂いた写真と、店主が釣った鯉の写真1枚はフォトギャラリーのページに載せあります。 ⇒ フォトギャラリーへ

7/18 釣り場情報 (バス・ナマズ)
 16日に山下さんが大江川へ釣行し、可愛いサイズでしたがポッパーでバスをヒット。 お使いになられたロッドは、15日にサイトに掲載したバット部で完全に折れたdepsのGPコンストリクターを修理したもので、無事に復帰できたと喜びのメールで写真をお送り頂きました。 昨夜、店主が閉店後に野府川へナマズ釣行。 このところ大雨による濁りと水位変動の影響で数回ノーフィッシュを喰らっていましたが、1時間の釣行でジッターバグに3バイトあって1尾ゲット。 60cm近いグッドサイズのナマズだったので久々に嬉しく感じました。 山下さんから頂いた写真と店主のナマズの写真はフォトギャラリーのページに載せあります。

7/16 入鹿池釣果情
 愛知県犬山市の入鹿池にあるボート屋 「見晴茶屋」さん提供による釣果情報を更新しました。 今週は先日の犬山方面豪雨の影響もあってか情報が少な目ですが、それでも40p後半や50pUPの良型が連日釣れております。

フォトギャラリー
 当店が琵琶湖ガイドを実施してる際に何度もご利用頂いた牛見さんが岐阜県から埼玉県に転勤され、そちらでは同僚の方と近所でナマズ・雷魚釣りにハマlったそうで、昨日フロッグでヒットさせた雷魚の写真を送ってくださいました。 岐阜県の岩田さんは毎度の様にフローターで大江川釣行し、また往年の名作ルアーでヒットさせたバスの写真を送ってくださいました。 お二人から送って頂いた写真はフォトギャラリーのページに載せあります。

7/15 カスタムロッド情報 / ロッド改造・ロッド修理情報
 ここ〜12週間はロッド作業依頼が集中して忙しかったのですが、その中から新たにカスタムロッド3本と改造ロッド2本・修理ロッド2本の写真をカスタムロッド工房のページとBASSリメイクのページに載せましたので、興味のある方は御覧ください。

7/10 入鹿池釣果情
 愛知県犬山市の入鹿池にあるボート屋 「見晴茶屋」さん提供による釣果情報を更新しました。 今週も40p後半や50pUPの良型が釣れており、7日には61pのバスが釣れている情報が入っています。

釣り場情報 (コイ)
 昨日・今日と2日連続で店主が開店前に野府川釣行。 このところ濁りで鯉のサイトフィッシングが難しかった為にナマズ狙いばかりしていましたが、少し濁りが薄くなったので今回はカープフィッシング。 2日とも30〜40分程度の短時間でしたが、両日とも70cmクラスの鯉を1びずつヒット。 水量がまだ多くて流れが強いので、ルアーはコイラバ3/32ozにロッククロー2inを組み合わせた物です。

7/7 釣り場情報 (バス・雷魚)
 5日に岐阜県の岩田さんが大江川へフローター釣行し、その日のうちに自作ルアーでナマズをヒットさせた情報を頂いておりましたが、昨日追加で43.5cmのバスも自作ルアーで釣れたと写真を頂きました。 お馴染みの一宮市の佐藤さんも養老の野池と五三川へ釣行し、お得意のスピナーベイトでバスと雷魚を2尾ずつヒットしたそうです。 お二人から頂いた写真はフォトギャラリーのページに載せあります。

商品情報
 USAメーカーのルアーで、2月に発注した時点で日本国内在庫の無かった分が、やっと入荷してきました。 ボーマーのモデルA(5A)・スクエアA(5SL)、アーボガストのジッターバグXL・ジョインテッドジッターバグ(3/8oz)、へドンのクレージークローラー・ベビートゥピード等です。 為替の影響もありますが、プラドコが値上げしてきているので毎年価格が上がってきているのがチョット困りものですね。 多くのメーカーがルアーを中国で製造させているのですが、中国の人件費高騰と中国⇒USA⇒日本という輸送費の影響が大きいです。 中国生産での経費メリットが少なくなっているので製造拠点をコスタリカ等の中南米に移すアメリカメーカーも増え始めており、いずれは日本もヴェトナム等の東南アジアに製造拠点を移すメーカーが増えるでしょうね。

7/5 釣り場情報 (バス・ナマズ・雷魚)
 2日・5日に岐阜県の岩田さんが大江川へフローター釣行し、2日は往年の名ルアーであるゴールデンアイ社のポッパーのトラブルメーカーで43.5cmのバスを、5日には手製ペンシルベイトで55pのナマズをヒット。
 3日に一宮市の佐藤さんが養老の野池へ釣行し、バスはスピナーベイトで小バス1尾だったが、ポッパーで良型の雷魚が2尾ヒット。 水面まで飛び出してアタックし、喰い損なっても追い喰いしてくるというバイトで楽しめたそうです。
 4日の夜に通称クレヨンしんちゃんが、出先からの仕事帰りに大江川でチョットだけ釣り。 到着して直ぐに1/4ozのスピナーベイトに44cmのバスがヒットしたそうです。
 4日の朝に店主が開店前の野府川釣行。 酷い濁りでサイトによる鯉釣りが出来ないので、魚の居付きそうな水路の流れ込みをランガンしたところナマズが好調にヒット。 5尾ヒットして2尾をバラシましたが、50〜60cmクラスのナマズを3尾をゲットしました。
 岩田さん・佐藤さん・クレヨンしんちゃん・店主の釣った魚の写真は全てフォトギャラリーのページに載せあります。

7/2 入鹿池釣果情
 愛知県犬山市の入鹿池にあるボート屋 「見晴茶屋」さん提供による釣果情報を更新しました。 連日40p後半や50pUPが釣れています。 ルアーはワーム・ジグ・ディープクランク・ミノー・トップウォーターと様々ですね。

フォトギャラリー
 岐阜県の高木様から県内の野池でにてフーパースプークJrで釣った49pのバスの写真を頂いたので、フォトギャラリーのページに載せました。

カスタムロッド情報 / ロッド改造・ロッド修理情報
 新たにカスタムロッドと改造ロッドの写真を1枚ずつカスタムロッド工房のページとBASSリメイクのページに載せましたので、興味のある方は御覧ください。


17年6月

6/30 釣り場情報 (バス・ナマズ)
 28日の定休日に、店主が元バスプロ仲間の松岡さんに誘われて、息子を連れて琵琶湖へボートで釣行。 朝は雨で季節的南湖でのトップ爆発を期待したのですがイマイチな反応。 下物シャローでポッパー・SPシャッドで20p台から40pクラスまでのバスがポロポロ釣れるのでそれなりに楽しめた。 午後は晴れて蒸し暑くなりバイトが遠のき、下物沖のウィードエリアで息子のポッパーに良型がヒットするも藻化け。 ラストは北湖側へ入るが真野でSPシャッドに1尾ヒットしたのみだった。 藻刈りの為に例年生えるウィードエリアが釣れない事も多いので、情報を入れる事と何より通う事が大事だと思いました。

 久しぶりに1日ロッドを振って筋肉痛になった店主が、昨晩ロッドの仕事を終えた後に身体を解しに野府川へナマズ狙いで釣行。 持って行ったナイター用のジッターバグのフックがトラブルで折れたりしたのでスピナーベイトにチェンジしたところ、5バイトで3尾ヒットしたがファイト中に2尾バラシてゲットは1のみ。 店主は全てバーブレスフックにしているのでバレ易いと思う方も居られる様だが、ルアーを喰うのが下手なナマズではこんなものでしょう。 琵琶湖でのバスの写真と野府川でのナマズの写真は1枚ずつフォトギャラリーのページに載せておきました。

6/26 入鹿池釣果情
 愛知県犬山市の入鹿池にあるボート屋 「見晴茶屋」さん提供による釣果情報を更新しました。 今回は天候が悪かったためか情報が少な目です。 それでもビックベイトで50pUPが釣れている情報もあります。

釣り場情報 (ナマズ)
 店主が昨夜、ロッド作業が終わった午後11時過ぎから40分程だけナイターで野府川へナマズ狙いに行ってきました。 ジッターバグのみで通して4バイト、1フィッシュの結果でした。 雨の影響でやや水量が多くて流れが強い為か流心でのバイトは無く、全て流れが弱めなエリアの護岸ギリギリでバイトがありました。6/22釣り場情報 (バス)
 岐阜県の岩田さんが本日もフローターで大江川へ釣行。 今回もディープクランクを用いてDB3マグナムで1尾ヒットさせたがバラシ、その後トップのダブルス一シャーで42cmをヒット。 オールド系のタックルで楽しんでおられる様で、頂いた写真はフォトギャラリーのページに掲載しておきました。

6/21 釣り場情報 (バス・ナマズ)
 昨日、岐阜県の岩田さんがフローターで大江川へ釣行し、往年の名ルアーのマグワートで45p・ニップアイディディで23cmのバスと51pのナマズをヒット。 岩田さんからは写真を頂いたているで、フォトギャラリーのページに掲載しました。

 昨夜、店主が久々にナイターで野府川へナマズ狙いに行ってきました。 1時間半の釣行でスピナーベイトで1バイト、ジッターバグで4バイトあり、ジッターバグの方で3尾ヒットしましたが1尾バラシて55cmクラスと40pクラスの2尾をゲット。 バイト数の割にはヒット数が少ないナマズとしてはまあまあの確率でした。 今回は派手にバフッと水音を出すバイトが無く、全て急にロッドに重みがかかる静かなバイトだったので活性が低い様にも感じましたが、ファイトの方は非常に良かったです。

6/18 入鹿池釣果情
 愛知県犬山市の入鹿池にあるボート屋 「見晴茶屋」さん提供による釣果情報を更新しました。 今回も連日グッドサイズのバスが釣れている様です。 ポイント的には色々なエリアにバラけてきている様に思えますね。

6/16 釣り場情報 (バス)
 昨日、熊澤さんがレンタルボート琵琶湖南湖へ釣行。 朝イチは柳ヶ崎沖にてジグヘッドで45pクラスを数尾ヒットしたが、風が強くなってからは何ヶ所かポイントを変えてルアーも色々チェンジしてもアタリが皆無…。 苦労した結果浜大津沖で52pを、ラストに自衛隊沖にて今シーズン最大の55.5cmのバスをやはりジグヘッドリグでヒットさせることができたそうです。 熊澤さんからは55.5pのバスの写真を頂いたているで、フォトギャラリーのページに掲載しました。

6/12 釣り場情報 (バス・ナマズ)
 昨日、岐阜県の西脇さんが五三川へ釣行し、38pのバス1尾と30p台のナマズ2尾をヒット。 ヒットルアーは、バスがスピナーベイトでナマズがバイブレーショプラグだそうです。 天候も穏やかな上に日曜日だったので、夜明け前からの釣行でしたが釣り人の数が多かったとの事でした。 西脇さんから釣ったバスの写真を頂いたので、フォトギャラリーのページに掲載しておきました。

入鹿池釣果情
 愛知県犬山市の入鹿池にあるボート屋 「見晴茶屋」さん提供による釣果情報を更新しました。 連日40pアップ・50pアップのバスが釣れており、好調の様です。 店主がNBC愛知チャプターの事務局長をしていた15年位前の入鹿池では、250人以上の選手が出場したトーナメントで全員ノーフィッシュになったり、25pの1尾で優勝と言う事も起きていました。 出場選手には当時のJBマスターズプロの1桁ゼッケンやワールドプロ(現在のJBトップ50)の選手も混じっていたのですから、それを考えると本当に良く釣れるフィールドになりましたね。

6/10 釣り場情報 (雷魚・ナマズ・コイ)
 昨日、またまた佐藤さんが五三川方面へ釣行。 田植えの影響で濁りが強く、色々なルアーを試しても残念ながらバス・ナマズは無反応でノーフィッシュ。 ルアーをスーパースプークにチェンジしたところグッドサイズの雷魚1尾をヒット。 その後もスーパースプークにのみ反応して何度か激しいバイトがあったそうなので、雷魚も産卵シーズンに入った様に思えます。 雷魚はウィード等を利用して鳥の巣の様なスポーニングベッドを作って雄雌が共同で卵や稚魚を守り、その時期はベッドの上をルアーが通ると排除する為に激しく攻撃します。 佐藤さんから今回も雷魚の写真を頂いているので、フォトギャラリーのページに掲載しておきました。

 店主の方は昨日の朝に野府川釣行し、濁りが強く釣り難い中で鯉を2尾ヒットしたが2尾ともバラシ。 食い込みが浅いバラシは止むを得ないが、1尾はファイト中のフック折れだったので悔しい。 ナマズは今まさに産卵時期で水路を伝って上流部や田んぼに向かっているので本流に居る個体数が極めて少なく姿を見ないしバイトも無かった。 来週には産卵を終えたナマズを多く見かける様になると思います。

6/7 釣り場情報 (バス・雷魚)
 昨日、佐藤さんが五三川方面へ釣行してバス4尾と雷魚1尾をヒット。 最初ペンシルベイトとポッパーで攻めたのですが雷魚が1尾ヒットしたのみだったので、スピナーベイトにルアーチェンジしたところバスが4尾ヒットしたそうです。 佐藤さんから今回もバスと雷魚の写真を頂いているので、フォトギャラリーのページに掲載しました。

6/4 入鹿池釣果情
 愛知県犬山市の入鹿池にあるボート屋 「見晴茶屋」さん提供による釣果情報を更新しました。 相変わらずスポーニングエリアでのヒットが多い様ですが、アフタースポーニングの雄バスが付き易いベイトが回遊する水通しの良いポイントでも釣れ始めています。 どちらを狙っても結果が期待できそうです。

6/2 釣り場情報 (バス・コイ)
 5月31日の午前中に佐藤さんが五三川方面へ釣行し、バス2尾と雷魚2尾をヒット。 ルアーはポッパーのマイケルビック・ペンシルベイトのスーパースプークJr・スピナーベイトのシャローロールとの事で、トップ系への反応が良くなっている様です。 佐藤さんから頂いたバスと雷魚の写真はフォトギャラリーのページに掲載してあります。


17年5月

5/31 釣り場情報 (ナマズ・コイ)
 定休日の本日夕方に店主が息子と2人で2時間半ほど野府川釣行してきました。 田植えの濁りの為に鯉は狙い難くかったですが、ナマズは良く釣れました。 ナマズは産卵の為に水路周辺に集まって来ているので、良いポイントを見つけると1か所で何尾もヒットしてきました。 今は鯉の滝昇りならぬナマズの水路昇りが見れる時期で、今日も水路の落ち込みでナマズが水路を昇るためにジャンプする姿を何度も見ました。 釣果は店主が75pクラスの鯉1尾と45〜60cmクラスのナマズ3尾、息子が75cmクラスと50pクラスの鯉2尾と45〜60cmクラスのナマズ4尾をヒットさせ、久しぶりに息子に負けました。 水量がややが多く風も強めだったので、ルアーはコイラバの3/32ozにロッククロー2inをセットしました。 フォトギャラリーのページに息子が釣った鯉の写真を掲載しておきました。

5/28 入鹿池釣果情
 愛知県犬山市の入鹿池にあるボート屋 「見晴茶屋」さん提供による釣果情報を更新しました。 今回は5尾・8尾という複数のバスがヒットしたという情報も入っており、バスの活性が上がっている様子です。

釣り場情報 (コイ・ナマズ)
 店主が今朝の開店前にに息子と野府川釣行してきました。 濁りがやや強くてサイトで魚を見付け難く、釣果の方は店主が鯉1尾・息子が二ゴイ1尾と少々寂しい結果でした。 ナマズはまだ群れたり水路に上り始めてはおらず、周辺にバラけている様子だった。 野府川周辺の農家は兼業農家が多い為に土・日曜日に田植えをを行う事が多く、その為に土曜の昼前から月曜日にかけて濁りが入り易くなります。 逆に専業農家が多い地域だと平日に作業をして土日はお休みされる事も多いので状況が変わり、この様な地域特性を知っておくと釣行前の作戦を立てるのに便利です。

5/26 釣り場情報 (ナマズ・雷魚)
 昨夕、佐藤さんが連日の五三川方面へ釣行し、一昨日トップでバスをヒットさせた野池に行きオリザラで60pクラスの雷魚1尾をヒット。 その後ポッパー系ルアーにチェンジして攻めるも、バイトはあればバスのヒットは無し。 暗くなる前に本流近くの水路へ移動し、お得意のスピナーベイトでグッドサイズのナマズ2尾をヒットさせて終了したそうです。 佐藤さんからナマズの写真を頂いたのでフォトギャラリーのページに掲載しておきました。

ロッド改造・ロッド修理情報
 グリップをセパレートからワンピースに変更し、バット部のエンブレムを剥がしてから新たなネームシールを貼り付ける改造をしました。 エンブレムシールの貼り換えは非常に手間な作業ですし、コーティング剤の硬化速度が速くなる夏場だと広範囲にコーティングを滑らかに施すのが難しくなります。 この為に凹凸が出来てしまったコーティングを研磨処理して対応しました。 写真はBASSリメイクのページに載せてあるので、興味のある方は御覧ください。

5/25 釣り場情報 (バス)
 昨日、佐藤さんが五三川方面へ釣行し、野池にてトップでバスをヒット。 五三川本流などをスピナーベイト・バズベイト・シャロークランクで攻めてみたが反応が無いので野池に移動し、トップウォーターのスパースプークにチェンジしたところ5バイトあり1尾をヒットしたそうです。 伺ったお話の内容からでは、アフターの回復バスがヒットし始めた様に感じました。 佐藤さんは最近ナマズばかり釣ってるので、釣りをなさる奥様から 「外道を釣ったの?」 と言われてしまったそうです。 佐藤さんから頂いた写真はフォトギャラリーのページに掲載してあります。

5/23 ロッド改造・ロッド修理情報
 先日サイトに載せた改造ロッドの中にACSリールシートが組み込まれたツララのロッドをPTSリールシートに変更した物を載せましたが、今回は逆のPTSリールシートのツララをACSリールシートに変更するという改造例があったので、その写真をBASSリメイクのページに載せました。 興味のある方は御覧ください。

5/21 入鹿池釣果情
 愛知県犬山市の入鹿池にあるボート屋 「見晴茶屋」さん提供による釣果情報を更新しました。 今回も50pUPのバスが連日照れているバス情報が入っています。 ヒットエリアは全てスポーニングエリアと言われる所ですね。

カスタムロッド情報 / ロッド改造・ロッド修理情報
 ゴールデンウィーク以降に作業したロッドの中から、カスタムロッド1本と改造ロッド4本の写真をカスタムロッド工房のページとBASSリメイクのページに載せましたので、興味のある方は御覧ください。
 今回の改造ロッドには依頼者の方が十分に満足できないと言われたものも参考として載せてあります。 コルクグリップの切削加工・シェイプの仕上がりなのですが、これには悩まされる事が多いです・・・

5/19 釣り場情報 (コイ・ナマズ)
 ロッドの仕事が重なって入った為に釣りになかなか行けない店主が、17日の定休日に息子と野府川釣行してきました。 鯉の産卵は一段落した様子でハタキもあまり見かけないが、産卵疲れの為か喰いもイマイチだった。 バイトがあってもアタリが感じられなかったりフッキングが浅くバレる事も多く、店主愛用ルアーはコイラバ+ロッククローだが、アワセるとクローの爪だけ切れて無くなっている事も多い。 釣果の方は店主が鯉2尾・息子が二ゴイ2尾で、ナマズはバラシのみだった。 これから田植えが本格化する頃には鯉も産卵から回復して活性が上がり、ナマズも産卵で水路周りに大挙して来るので楽しみな季節になってきます。 鯉の滝登りならぬ「ナマズの水路登り」が起るのもこの頃なので、またユックリ観察してみたいものです。

5/15 入鹿池釣果情
 愛知県犬山市の入鹿池にあるボート屋 「見晴茶屋」さん提供による釣果情報を更新しました。 40pUP・50pUPのバス情報が連日入っています。

5/8 釣り場情報 (バス・コイ・ナマズ)
 昨日の早朝に岐阜県の西脇さんが五三川へ釣行し、下流部にて40pのバスをサターンワームのテキサスリグでヒット。 6時くらいになると人が増えて、釣り場はかなり賑わっていた様です。 西脇さんから送って頂いた写真はフォトギャラリーのページに掲載してあります。
 店主は5日・6日と開店前の1〜2時間だけ息子と野府川釣行しましたが、鯉は本格的に産卵のハタキに入ったので非常に釣り難く、ナマズも濁りで見つけ難かったです。 店主は何とか5日に鯉・ナマズ1尾づつ、6日に鯉1尾を釣り上げましたが、息子はリベンジ失敗。 毎度のコイラバ+ロッククローにバイトする個体は居るのだが食いが浅いです。 ジックリ粘ればかなりの確率で釣れるのだが、ハタキが一段落するまでは短時間勝負だとチョット難しいと感じました。

5/7 入鹿池釣果情
 愛知県犬山市の入鹿池にあるボート屋 「見晴茶屋」さん提供による釣果情報を更新しました。 今回は50アップのバス情報は1件ですが、連日40UPが釣れています。

5/4 釣り場情報 (バス・コイ)
 5月4日に店主の愛弟子の織田さんが、大学の釣りクラブの合宿先の合川ダムにて43cmと38pのバスをダウンショットリグで釣りあげたと写真を送ってくれました。 最近は学校が忙しいので店主と一緒に釣りに行っていませんが、腕を少しずつ上げてきている様子です。 送って頂いた写真はフォトギャラリーのページに掲載しました。
 今日の店主は久しぶりに息子と開店前に1時間半ほど野府川釣行。 相変わらず濁りがあるので鯉を見付け辛く狙い難いが、何とか65〜75cmクラスを3尾ヒット。 息子は2年ぶりのカープフィッシングだったので最初は全く調子が出ず、開店間際で切り上げる直前に1尾ヒットしたが痛恨のバラシ。 という事で、明日は息子とリベンジ釣行になりそうです。5/3釣り場情報 (バス)
 4月30日に岐阜県各務原市の伊藤さんがボートで琵琶湖南湖へ釣行し、浜大津沖にてクローワームのライトテキサスリグで60pのバスをヒット。 今年はスポーニングが遅れ様で、やっとデカいバスが釣れ始めているとの事でした。 伊藤さんからは写真を頂いているので、フォトギャラリーのページに掲載してあります。

5/2 釣り場情報 (コイ)
 昨日に引き続き、今朝も開店前に店主が野府川へ2時間ほどカープフィッシングしてきました。 そろそろナイターでナマズ狙いで釣りする人が増えた為か、鯉は朝から警戒心が強そうに感じた。 濁りが強く鯉を見つけ難いのでヒットは3尾のみで、しかもフック折れで1尾バラシたのでランディングしたのは2尾であったが、釣り上げた1尾はブリブリのプリスポーンカープでした。 サイズが89pでウェイトは何と10.8kgもあり、ランディングネットを持ち上げた際にはネットが破れるのではないかと思えた。 ルアーは毎度のコイラバ+ロッククロー2inで、水量があるのでコイラバのウェイトを3/32ozにし、濁りがあるのでロッククローのカラーはナチュラルさと視認性を兼ね備えたアボガドチャートを使用しました。 この鯉の写真はフォトギャラリーのページに掲載してあります。
 なお、何時も写真に写っている店主の使うランディングネットは、シーバス用のフレームで縦77p・横幅65pのサイズです。

5/1 釣り場情報 (コイ・ナマズ)
 今朝の開店前に店主が野府川へ1時間だけカープフィッシングしてきました。 まだ本格的ではありませんが、やっと鯉が産卵のハタキを始めた模様ですし、浅場ではやはり産卵のヘラブナがボール状になって群れていました。 田植え準備で水路に水を引き始めたので水量が増えてきているのですが、同時に冬の間に溜まった水路の汚れが一緒に流れ込んでくるので濁りがあます。 その為に喰い気のある鯉を見つけ難く、本日ヒットしたの70pクラス1尾のみでした。 ナマズはまだ水路の落ち込みなどには集まっていませんでしたが、鯉狙いでキャストしたコイラバ+ロッククローが着水すると同時にバイトがあり、ヒットには至らなかったが活性は高まっていると思われます。


17年4月

4/30 ロッド改造・ロッド修理情報
 ナマズ用ロッドを何本も改造なさっている岐阜県の方からの依頼で、今回もナマズ用ロッドを改造しました。 ザクトクラフト社のナマンチュNWG-B70Mのコルク製セパレートグリップをシェイプしたEVAのワンピースグリップへと変更し、それに伴い重量バランスも見直したロッド改造です。 興味のある方は、BASSリメイクのページにロッド改造・ロッド修理例として写真を載せてあるのでご覧ください。

4/29 釣り場情報 (バス・ナマズ・コイ)
 一宮市の佐藤さんが28日に五三川方面へ釣行し、シャロークランクでバス1尾、スピナーベイトでナマズ2尾をヒット。 26日にも釣行しており、その際はナマズを1尾ヒットしているそうです。 最近はナマズのヒットが多いので、「バザーではなくナマーになってしまった」 と言っておられます。 佐藤さんから頂いた写真はフォトギャラリーのページに掲載してあります。
 今朝の開店前に店主が1時間だけ野府川釣行しましたが、田植え準備で濁りが入って魚を発見し難い状況でした。 毎度のコイラバ+ロッククローにヒットしたのは80cmクラスの鯉1尾のみ。 ただメチャクチャにパワフルな個体だったので5分位タップリとファイトを楽しめました。

フォトギャラリー
 以前に何本もカスタムロッド製作を依頼してくださった京都府の方から、釣り上げたサクラマスの写真を頂きました。 全てベイトタックルで釣りをなさる方で、最近はバス以外にサクラマスやアカメにまで魚種を広げておられる様です。 今回は、琵琶湖での遠投用バスロッドとして当店で製作したロッドでの釣果の様です。

4/24 釣り場情報 (バス・コイ)
 先週末の22日に熊澤さんが琵琶湖南湖にてレンタルボートで友人と釣行。 柳ヶ崎沖と志那沖でジグヘッドとダウンショット主体で攻め、朝は友人の1投目にヒットした49pのバスを皮切りに40cmアップをポロポロとヒットし、推定60pアップもヒットしたが残念な事にバレてしまった。 しかし、後半戦は53p・51pの他に40pアップが多数釣れるという好釣果だったそうです。 まだウィードが少なくポイントが絞り難く、回遊のタイミングがカギになった様です。 熊澤さんから頂いた写真はフォトギャラリーのページに掲載してあります。
 今朝、店主が開店前の野府川釣行し、毎度のコイラバ+ロッククローで60〜80cmクラスの鯉を7尾ヒット。 まだ産卵のハタキは始まっておらず、大型の鯉はお腹がパンパンに膨れてハイウェイトである。 その為にデカい鯉のファイトは重量感が在れどパワフルさに欠ける場合も多く、60cm台の方がガンガン走るので楽しめる感じでした。

4/23 カスタムロッド情報
 岐阜県の方からの依頼でMHX社のSJ902-MHXを用いたスピニングタイプのカスタムロッドを作成しました。 カスタムロッド工房のページに写真を載せましたので、興味のある方は御覧ください。
 MHX社のブランクはまだ認知度が低い様ですが、世界初のカーボンロッドを世に出したラミグラス社の設計者であったトッド・ヴィヴィアン氏がラミグラスを辞して立ち上げてブランドです。 現在カスタムロッド用ブランクで非常に人気が高まっているノースフォークコンポジットの社長でGルーミス社の元社長のゲーリー・ルーミス氏も、元はラミグラスの社員です。 店主には日本式に言う兄弟弟子的な関係にも思えるメーカーですね。

入鹿池釣果情
 愛知県犬山市の入鹿池にあるボート屋 「見晴茶屋」さん提供による釣果情報を更新しました。 今回は50アップのバス情報が何件もあり、3〜4尾の複数釣果の情報も入っているという非常に良い感じです。

4/21 釣り場情報 (コイ・ナマズ・バス)
 今朝の開店前に店主が野府川へ1時間半ほどカープフィッシングしてきました。 冬季は水温の上がる昼頃にならないと釣れないので定休日のみの釣行だったが、これからは営業日でも開店前ならカープフィッシングが可能となる。 釣果の方は毎度のコイラバ+ロッククローで鯉を6尾ヒットさせて内70p台を4尾ゲットしたが、サイズの良い80pオーバーの2尾は水中のゴミにラインが絡んでバレてしまった。 ナマズは2尾発見して1尾がバイトしてきたが、フッキングには至らなかった。
 今年は未だに産卵のハタキ行動を全く見ていないので、水中の春の訪れが遅い様だ。 春が早い年だと入学式の頃には店の近所の桜が完全に散っているにだが、今年は4月中旬になっても一部の桜の木には花びらが残っている。 釣りの季節感は暦ではなく自然の草花で判断すると良い。 実は昨日の朝7〜8時頃に店主が五三川にバスのポイントチェックに行ったのですが、水面に小魚のモジリ一つなくノーバイトでした。 ヘラ師に話を聞くと先週あたりからやっと乗っ込みのヘラが釣れ出したの事ですし、大江川方面在住のお客さまからもバスの動きが遅れているとの話を聞いています。 しかし数日前から夏日になるほど気温が上がっているので、今週末から来週位に魚が爆発的に釣れ出すのではないかと店主は予想しているのですが・・・。

4/19 釣り場情報 (バス・コイ・ナマズ)
 今日の定休日に店主が朝にバス釣り、午後に鯉&ナマズ釣りのダブルヘッダーしてきました。 朝のバス釣りは7時半頃から岐阜県養老の野池でスタートしたのですが、前日の雨と田植え準備の影響で濁りが酷く、しかも白波が立つほどの爆風が吹き始める悪条件。 野池は3ヶ所回ってノーバイトでしたが、ポイントチェックに入った五三川でスピナーベイトに40pクラスのバスがヒット。 来週の大潮に合わせてスポーニングベッドを作りにシャローに入ったばかりの雄バスの様でした。
 午後は近所の野府川で鯉とナマズ狙いですが、こちらも濁りと強風で釣り難い状況でした。 ただ魚の活性は高く、鯉の方は70〜80cmクラスを中心に5尾ヒットし、最大は85p・9.2sでした。 ナマズは発見し難いのですが何とか50pクラスを1尾ヒット。 ルアーは毎度のコイラバ+ロックロー2inです。 釣り上げたバスと本日最大の鯉の写真はフォトギャラリーのページに掲載しておきました

4/18 ロッド改造・ロッド修理情報
 以前にもワンピースロッドを2ピース化された東京都の方からの依頼で、ダイワのハートランド白疾風をワン&ハーフの2ピース化するロッド改造をしました。 この依頼者の方は公共交通機関で移動なさる為に長いワンピースロッドでは持ち運べないので、万一の事がっても構わないとの「ノークレーム確約書」を書いてくださった上での御依頼でした。
 2ピース化は技術的には可能なのですが、ブランクの材質・肉厚等の特性によって問題が発生する可能性が無いとは言いきれないので、基本的にはお勧めはしておりません。 ですので以前は改造例で紹介する事を控えてきたのですが、それでもロッドの2ピース化改造の問い合わせは多いので、最近はあえて紹介する様にしています。 興味のある方は、BASSリメイクのページにロッド改造・ロッド修理例として写真を載せてあるのでご覧ください。

4/17 釣り場情報 (バス・ナマズ)
 今朝、一宮市の佐藤さんが仕事前の2時間ほど五三川へ釣行し、仕事へ行く時間が近づいた終了間際に45cmオーバーのバス1尾とナマズを1尾ヒットさせたそうです。 相変わらずナマズはなかなかヒットしないがバイト数は多い様です。  佐藤さんから釣り上げたプリスポーンバスの写真を頂いたのでフォトギャラリーのページに掲載しました。

入鹿池釣果情
 愛知県犬山市の入鹿池にあるボート屋 「見晴茶屋」さん提供による14・15・16日の釣果情報を更新しました。 今回は50アップのバス情報が無いのですが、連日40アップの情報が多く入ってきています。 ポイントは今井川・五条川・郷川の各河口や教会前・レイクサイド裏というスポーニングエリアとなる砂礫地で、大潮の直後という事もあるのでスポーニングベッド絡みの雄バスがヒットしている様に思われますね。

4/15 ロッド改造・ロッド修理情報
 新潟県の方からの依頼で、シマノ社ポイズンアドレナ172Mのセパレートタイプのグリップを、ワンピースのシェイプしたコルクグリップにすると同時に延長するロッド改造をお請けしました。 ポイズンアドレナ独自のカーボン製リヤグリップに組み込んであるノーマルのバットキャップを再利用して取り付けて欲しいとの要望があったのですが、意外にもこれが大変な仕事になってしまいました。 写真はBASSリメイクのページに載せてあるので興味のある方はご覧ください。

釣り場情報 (ナマズ)
 一宮市の佐藤さんが昨日夕方に五三川へ2j時間ほど釣行。 残念ながらバスはノーバイトだったがナマズの活性が高く何度もバイトがあり、スピナーベイトのシャローロールで50〜60cmクラスを3尾ヒット。 狙いのバスは釣れなかったが、それなりに楽しめたそうです。 佐藤さんから頂いた写真はフォトギャラリーのページに掲載してあります。

4/12 釣り場情報 (コイ・ナマズ)
 今日の定休日に店主が朝の2時間ほど野府川釣行。 鯉は明らかに冬のエリアから産卵に向く上流部へと移動しており、田植え準備で水路に導水されるタイミングでハタキが始まると思われます。 産卵を意識して喰わせ難くなっている鯉ですが、ヒットするとウェイトもパワーもあって非常に面白い。 今日は60〜80pクラスを5尾ヒットさせたが、1尾はフック折れでバラシてしまった。 ナマズの方は前日の雨の濁りで発見し辛く、ワンバイトのみでした。 使用したルアーは毎度のコイラバU+ロッククロー2inです。
 ちなみに午後はバス狙いで岐阜県養老方面まで行ったのですが、田植え準備の田起こしと昨日の雨の影響で水は茶々濁りとなり、雨の翌日の晴天・強風とまたもや悪条件となり、わずか1時間で退散してきました。 毎週定休日は条件が悪いパターンにはまっていますが、そろそろ好条件に釣行したい店主でした。

4/11 釣り場情報 (バス・ナマズ)
 一宮市の佐藤さんが昨日夕方に五三川へ釣行し、スピナーベイトのシャローロールで40pクラスのバスと55pクラスのナマズを1尾ずつヒット。 そろそろシーズンインという事での釣行でしたが、キッチリと結果を出された様です。 佐藤さんから頂いた写真はフォトギャラリーのページに掲載してあります。

4/9 カスタムロッド情報
 愛知県の方からの依頼でノースフォークコンポジットのSWB808-1(IM)を用いたビックベイト用ロッドを作成しました。 比較的シンプルなデザインの仕上げですがカスタムロッド工房のページに写真を載せましたので、興味のある方は御覧ください。

入鹿池釣果情
 愛知県犬山市の入鹿池にあるボート屋 「見晴茶屋」さん提供による釣果情報を更新しましたが、今回も連日の様にバス情報が入ってきています。 やはり今井川・五条川・なかや荘ワンドなどスポーニングエリア付近でのヒット情報です。 ワカサギ釣りの方は今回情報が入っていません。

釣り場情報 (バス)
 岐阜県の一瀬さんが4月6日に琵琶湖へ陸っパリ釣行し、近江八幡方面にて48cmを頭に40UPのバス3尾をヒット。 ネコリグとキャロライナリグでの釣果だそうです。

4/6 釣り場情報 (コイ・ナマズ)
 昨日の定休日に店主が午前から昼前の2時間ほど野府川釣行。 鯉は数多くが浅場にいるが、産卵のハタキ間近かの為かペアや小規模の群れでウロウロしており喰い気が低く、何とか65pクラスの鯉をコイラバU+ロッククロー2inで2尾ヒッしたのみでした。 ナマズの方は活性が上がり始めている様子で、釣れたのは60pクラス1尾だったが5バイトあった。 ルアーの着水と同時に反応するナマズもいたので、そろそろトップウォータールアーにも反応し始めるかもしれない。 鯉とナマズがこの状態になると、バスもそろそろスポーニングでシャローに上がり始める時期です。 山も雪が少なくなって歩きやすくなり、イワナ・アマゴ・ヤマメもサビが取れてコンディションの良い魚が釣れ出します。 いよいよ本格的な釣りシーズンの開幕ですね。 今回は釣り上げたナマズの写真をフォトギャラリーのページに掲載しました。

4/3 入鹿池釣果情
 愛知県犬山市の入鹿池にあるボート屋 「見晴茶屋」さん提供による釣果情報を更新しましたが、今回も良いバス情報が入ってきています。 単発ですが連日の様に50cmUPが釣れています。 今井川方面などスポーニングエリア付近での情報が多いので、いよいよシーズンインですね。 ワカサギ釣りは情報が減っていますが、まだ400尾台の釣果もあります。


17年3月

3/31 ロッド改造・ロッド修理情報
 1週間前にもロッド改造の依頼をしてくださった埼玉県の方から、depsのTGC-70HR/GPフェルデランスをワン&ハーフの2ピースに改造した上で重量バランスを取り直して欲しいとの依頼と、同時にGPシリーズのハザードマシター・バーディック・ブッシュバイパー・ボアクストリクターの4本も重量バランスを取りなしてほしいとの依頼を請けました。 フェルデランスはグリップ着脱式に改造できないかという相談でしたが、それは無理な為に2ピース改造としては強度的に問題が少ないワン&ハーフ式の2ピースに改造したものです。 お請けする限りは自信をもって改造するのですが、お客様のロッドを切断するので、万一にも改造に失敗したり折れたりしても構わないとの条件付きでのみお請けしています。 興味のある方はご覧ください。
 重量バランスを取り直した4本は写真では判らないので載せてありません。 ハザードマシターはワンピースタイプだったのでグリップエンドを分解し、ウェイトを入れてから集積コルク製バットキャップを作り直しましたが、他の3本はグリップ着脱式だったのでグリップ上側からウェイトを入れました。

3/26 入鹿池釣果情
 愛知県犬山市の入鹿池にあるボート屋 「見晴茶屋」さん提供による釣果情報を更新しましたが、良いバス情報が入ってきています。 単発ですが、今井川と五条川の河口で40pUP・50cmUPが連日の様に釣れています。 ワカサギは釣り人そのものが減ってきているので情報も減っていますが、まだ400尾台・500尾台に釣果もあります。

3/22 ロッド改造・ロッド修理情報
 埼玉県の方からの依頼で、折れたdepsのスペックルレーサー/GPのグリップパーツを利用して、同じdepsのバレットショットのグリップをGP風にするロッド改造と、同じ方からの依頼でdepsヒュージカスタムH2S-75RFのEVA製バットキャップを同じヒュージカスタムH2N-64Rの様な集積コルク+EVAのラウンド型に改造した物の写真をBASSリメイクのページに掲載しました。 興味のある方はご覧ください。

3/20 入鹿池釣果情
 愛知県犬山市の入鹿池にあるボート屋 「見晴茶屋」さん提供による釣果情報を更新しました。 久しぶりにバス情報は入っており、今井川河口にて43pがヒットしています。 ワカサギが産卵準備で河口・砂礫地へと動き始める時期になるなので、産卵を控えた越冬バスも動き始めたのだと思われます。 ワカサギの方は平均釣果数が減り始めていますが、それでもまだ19日に桟橋前で600尾オーバーという釣果が出ています。

3/15 釣り場情報 (コイ・ナマズ)
 本日の定休日も先週の様に店主が午前から昼過ぎまでの2時間ほど野府川釣行。 今日は雨がパラつき風が強かったので、サイトフィッシング・軽量ラバージグ使用という条件では釣り難い日でした。 かなりの数の鯉が浅場にウロつき出していましたが、喰い気はまだイマイチ。 それでも70〜75pクラスの鯉をコイラバU+ロッククロー2inで3尾ヒット。 その中の1尾は72pの中型サイズにもかかわらず8.7kgというヘビーウェイト見事なプリスポーンカープだったので、写真をフォトギャラリーのページに掲載しました。
 実は今回も野府川釣行後にダブルヘッダーで岐阜県養老方面へバス狙い釣行しましたが、今回もノーバイトで玉砕でした。 午前中にかなり雨が降った様で水温低下+晴れ、さらに時折体がフラつく程の強風という最悪条件。 たまには好条件で釣りがしたいです。

3/12 入鹿池釣果情
 愛知県犬山市の入鹿池にあるボート屋 「見晴茶屋」さん提供による釣果情報を更新しましたが、今回もバス情報は入っていません、ワカサギの方は本日に900尾オーバーという釣果が出ています。  ⇒ 入鹿池情報へ

3/10 ロッド改造・ロッド修理情報
 岐阜県の方からの依頼で、破損したガイド交換のロッド1本と、ティップが折れたロッドの折れた部分にトップガイドを付けて欲しいというの依頼内容の修理ロッド2本の写真をBASSリメイクのページに載せました。 当店では簡単な内容で手が空いておれば1時間以内で修理してしまう事も多いので、同様な修理依頼は写真を取る事もなく即修理・即引き渡してしまう事が多い為に、依頼件数の割には写真が掲載してありませんでした。 今回は3本まとめてだったので1日お預かりし、写真も撮ったので掲載しました。

3/9 釣り場情報 (コイ・ナマズ)
 昨日の定休日に店主が午前から昼過ぎまでの3時間ほど野府川釣行。 冬に逆戻りして前日午後と当日の午前中に雪が舞う天候で、状況的には厳しさが感じられた。 前半戦はノーバイトだったが、晴れて強い陽射しが差し始めると魚の活性が上がり出し、50〜75pクラスの鯉4尾と50pクラスのナマズ1尾をヒットさせれた。 ルアーはコイラバU+ロッククロー2inで、最初は1/16ozで釣ったが、風が強くなってからは3/32ozにチェンジ。 アタリもはっきり判る様になってきているので、やはり春が近いと感じました。 最初に釣り上げた60pクラスの鯉とナマズの写真をフォトギャラリーのページに掲載しましたが、鯉の方は卵で腹がパンパンになっているプリスポーンカープです。 
 実は野府川釣行後の午後2時過ぎからダブルヘッダーで岐阜県養老方面へバス狙いの釣行をしましたが、こちらはノーバイトで玉砕しました。 試しに浅い野池ばかり3ヶ所ほど回ったのですが、温排水の流入もない浅い野池は冷え込みで水温が低下していました。 風下側では水温が5〜6度台、風裏側で日当たりの良いエリアでも7〜9度台で、水面に生命感無しの状態。 風は冷たかったが陽射しは強く、枯れた田んぼの中でヌートリアの一家が日向ぼっこして走り回っていた。 もうじき桜の花のつぼみが膨らんでくれば、バスもシャローに上がり活性も上がるでしょう。

3/6 釣り場情報 (バス)
 サイトネーム「クレヨンしんちゃん」が またも今朝早くの午前2時に岐阜県大垣市の野池へ釣行し、シャロークランクで小型サイズだが27pのバス1尾をヒット。 気温は9℃・水温は12℃だったとの事であり、水温11℃が明確に喰い気が高くなるラインなので今後が期待される。 なお、13℃以上でないとバスの卵が孵化しないので雌バスはまだ産卵しません。 ですが13℃になれば産卵の可能性が出てくるので、スポーニングベッドを作り始める雄バスが少しずつだが出現します。 春は確実に近づいていますね。 「クレヨンしんちゃん」からは今回も写真を頂いたのでフォトギャラリーのページに掲載しました。

入鹿池釣果情
 愛知県犬山市の入鹿池にあるボート屋 「見晴茶屋」さん提供による釣果情報を更新しましたが、今回もバス情報は入っていません。 ワカサギの方は200尾台が連日の竿頭ですが、1日に取水塔ポイントで400尾台・4日にボート桟橋前で500尾台という釣果が出ています。


17年2月

2/27 入鹿池釣果情
 愛知県犬山市の入鹿池にあるボート屋 「見晴茶屋」さん提供による釣果情報を更新しましたが、今回もバス情報は入っていません。 ワカサギの方は25日にボート桟橋前のポイントで最高400尾・500尾台という釣果が出ておりますが、通常の竿頭だと200尾・300尾台の様です。 
2/25 商品情報
 発売元がダイリツ・バレーヒル・カンジと変わってきましたが、25年の実績を誇る名品ポッパーのイエローマジックが入荷しました。 この商品は今後の製造予定が無くなっており、カンジの在庫が無くなれば入手できなくなる可能性があります。 既に半数のカラーが欠品で入手不能となっておりますが、店主が絶対の信頼を寄せるルアーですので是非お勧めしたいです。 この他には数色ですがラパラのフローティングF-18とシャッドラップSR-7等も入荷しています。

2/23 ロッド改造・ロッド修理情報
 三重県の方からの依頼でメガバス社F5-76XノーチラスのEVAセパレートグリップを、シェイプしたコルク製ワンピースグリップへと改造した物の写真を、BASSリメイクのページに載せました。 最近はセパレートグリップの市販ロッドが多い為に、以前と異なってワンピースグリップへの改造依頼が増えていると感じます。 今回も剥がし難い接着剤の問題がありましたが、それに加えてエンドキャップの構造の問題で分解作業に苦労しました。

釣り場情報 (コイ)
 昨日の定休日の昼前に、2時間ほど店主が野府川カープ釣行してきました。 水温が低い為に魚は深みや暖かい排水のある場所で動かず群れになっており、先日の雨の影響もあってか水が白っぽく濁っているので魚を発見し難い状況でした。 前半戦は50pクラスの二ゴイ1尾のみで鯉はノーバイトだったが、後半戦になって70pクラスの鯉を2尾ヒットさせれた。 釣れた場所は浅くてやや流れの強いエリアなので、先日まで多用した1/32ozではなく1/16ozのコイラバにロッククロー2inをセットして使用しました。 早春のバス釣りでもドシャローで活性の高いナイスフィッシュが釣れるが、そんなエリアには厳しい条件をものともしない活性の高い個体しか居ないという事であり、絶対数は少なくとも居れば活性の高い釣りやすい魚であるという事ではバスも鯉も同じだと言えます。 どんな魚を釣っても勉強になるので、皆さんにはいつも狙っているのと異なる魚種を狙って釣りをする事にもチャレンジしてほしいですね。

2/20 ロッド改造・ロッド修理情報
 茨木県の方からの依頼でジャッカル社ネロのEVAセパレートグリップを、オリムピック社のヌーヴヴィゴーレ風のシェイプされたコルク製ワンピースグリップへと改造した物の写真を、BASSリメイクのページに載せました。 基本的には難しくない筈の作業なのですが、使われていた接着剤が中国などで製造されたロッドに使われているタイプで、これが非常に剥がし難いので困りました。 最近はこの接着剤が使われているロッドが多くなっているので、分解作業に苦労する事も多くなっています。

入鹿池釣果情
 愛知県犬山市の入鹿池にあるボート屋 「見晴茶屋」さん提供による釣果情報を更新しましたが、今回もバス情報は入っていません。 ワカサギの方は18日にボート屋さんの目の前のポイントで700尾・800尾台の釣果が出ている等、連日好調の様です。

2/19 商品情報
 へドンのクレージークローラーやアーボガストのジョインテッドジッターバグ等のルアーが若干入荷しました。 先日プラドコ系アメリカンルアーを色々と発注したのですが、輸入メーカーの国内在庫が少ないので入荷待ち商品ばかりで困りますね。 もっと困るのは価格で、プラドコ側の値上げ+円安・ドル高の影響でかなり価格が上がってきています。 昔は輸入ルアーの方が高いのが当然だったのですが、いつ頃からか国産ルアーが高級品で輸入ルアーの方が安物とされる風潮が生まれました。 現在は輸入ルアーの実力が再認識されてきたのですが、そのタイミングでの値上がりはチョットお客様に申し訳ないと思います。 メーカーの担当曰く 「今後は値上がりしても値下げする要素がないです」 とに事なので、値上がり前に仕入れた商品も在りますから、消耗が激しい機種のルアーは値上がり前に購入してストックしておくと良いでしょう。

店主の独り言
 昨日、名古屋のフィッシングイベントであるキープキャストを観に行ってきました。 運営側による新しい企画なのかイベントの趣旨が変化してきたのか、ルアーフィッシングショーと言うよりルアーメーカーによる展示即売会の様相であった。 買い物客が列をなして囲む様に並ぶブースでは中に入り難く、店主は大阪のフィッシングショーで観損なった分を観たかったのだが思う様に出来ませんでした。 ブースのスタッフが 「最後尾はこちら」 の看板を持って 「お一人様一回限りです」 と叫ぶ姿は、以前に大阪のフィッシングショーでの即売会用別会場で見た事があるが、メイン会場では初めての事であった。 特定のグッズを入手したい人には良いイベントかもしれませんが、店主は同行者と共に早々と退散してきてしまった。 今年は期待したメーカーが出店していなかったり、来年は出店を見合わせると担当が言っているメーカーもあったが、東京・大阪のフィッシングショーとは趣旨の異なるイベントとして捉える事にしましょう。

2/14 釣り場情報 (バス)
 サイトネーム「クレヨンしんちゃん」が またも今朝早く午前3時台に岐阜県大垣市の野池へ釣行。 今回はシャロークランクのアスカ50で27pの小型バス1尾をヒット。 気温は1℃と人間にはチョット辛い条件だが、水温は9℃でバスが捕食活動する最低ラインの6℃は越えている様だ。 今朝、店主が所用で5時頃に外出した際には雪がチラついて水溜まりに薄氷が張る気象条件だった。 店主は気温マイナス27℃でダイヤモンドダストが起こる条件のダム湖でイワナ釣りをした経験等があるのだが、それでも 「冬の真っ暗な夜明け前に何を好き好んで・・・、よくやりますねぇ!」 と感心したくなる。 「クレヨンしんちゃん」からは今回も写真を頂いたのでフォトギャラリーのページに掲載しました。

2/13 入鹿池釣果情
 愛知県犬山市の入鹿池にあるボート屋 「見晴茶屋」さん提供による釣果情報を更新しましたが、残念ながら今回もバス情報は入っていません。 ワカサギの方は冷え込みがピークとなった為に深いエリアが良くなり、灯台周辺をメインにボート桟橋付近でも釣れる様になっています。 タナが深いと仕掛けの送り込みに時間がかかるので数釣りには効率が悪くなりますが、ポイントがボート屋さんから近くなるので移動は楽になります。 遠いポイントだとトイレに困る事(特に女性や子供)がありますが、ボート屋さんの目の前がポイントならば安心です。 十分な寒さ対策をしておけばファミリーで楽しめますね。

2/11 釣り場情報 (バス)
 今朝早くと言うべきか昨晩の深夜と言うべきか、午前2〜3時台にサイトネーム「クレヨンしんちゃん」が岐阜県大垣市の野池へ釣行。 23p・25pと小型ながらシャロークランクのアスカ60で2尾のバスをヒット。 大雪警報が出ている冷え込んが夜という状況なのですが、寒さに弱い小型バスがシャロークランクにヒットするとは少々驚きですね。 ただ雪の降る前や降り始めはバスの活性が上がり易いとは昔から言われます。 何故かは久しぶりにワンポイントアドバイスに書いておきます。  「クレヨンしんちゃん」から頂いたバスの写真はフォトギャラリーのページに掲載しておきます。

ワンポイントアドバイス
 「雪降りにバスが良く釣れる」と題してワンポイントアドバスのVol.54を書きました。 興味ある方は一度読んでみてください。

商品情報
 欠品していたコイラバUの1/16ozを巻き上げ、減っていた他のサイズもロッド作業が一段落したので巻いて補充しました。 今回はワームキーパーを従来のワイヤータイプではなく、スレッドをコブ状に巻き上げて接着剤で固めたタイプにしました。 ワームがズレた時やカラーチェンジで取り外す際にワイヤータイプだとワームが裂けてしまう事が多いのですが、コブ状のワームキーパーはホールド力は劣るもののワームが裂け難いです。 2年間テストして実用的に問題を感じないので今回から採用する事にしました。
 最近買い付けた商品も少しずつ入荷しています。 特に変わった物は入荷していませんが、珍しい物としては今は販売されていないゲーリーの4inグラブと5inスーパーグラブの20本パックが少し入っています。 ゲーリーの20本パックは値段が高いのですが10本パックと比較するとかなりお得です。 今は使う人が少ないみたいですが、一世を風靡したルアーやワームの実力は侮れません。

2/9 お知らせ
 昨日からホームページの表示に関してチョット問題が起きてしまいました。 インターネットエクスプローラーを使って御覧になっている方には問題ないのですが、グーグルを使って当ホームページを見ると以前と字体が変わってしまったのです。 文字の大きさや行間等も少し変った事で、全体的に文字配列のバランスが少し狂ってしまったのです。 グーグルをお使いになって当ホームページをご覧になられているお客さまには少し変な画面とお感じになられる部分があるかもしれませんが、文字自体は読みやすい文字ですし、まだ詳しい原因と対策が判明しませんので御容赦ください。

2/5 入鹿池釣果情
 愛知県犬山市の入鹿池にあるボート屋 「見晴茶屋」さん提供による釣果情報を更新しました。 残念ながら今回もバス情報が入っていませんが、2月はバスが最も釣り難い時期なのでやむを得ませんね。 対してワカサギの方は好調で、毎日ではないにせよ400尾・500尾・600尾台の釣果情報が入っています。

2/1 釣り場情報 (バス・コイ)
 28日の土曜日に安井さんが琵琶湖へナイターの陸っパリ釣行。 最初は北湖西岸を攻めたが不調の為、南湖へ移動して東岸の木ノ浜ヘ移動しての1投目で49p・2065gで体高のあるグッドサイズのバスをヒット。 ルアーはファットラボのネコソギD.SRとの事です。
 本日の定休日も昼前後3時間ほどに店主が野府川カープ釣行してきました。 気温は低いのですが前日までが暖かかったので水温が高い様で、魚の活性は高めであった。 バイトしても食い込まない事や、アタリをまるで感じないバイトもあるので苦労はしま、したがコイラバR1/32oz+ロッククロー2inを用いて80cm・7.3kgを頭に70cmクラスを合わせて3尾の鯉と、オマケに60cmクラスの二ゴイ1尾をヒットさせれました。
 安井さんから頂いたバス写真と、店主が釣った80p台の鯉の鯉の写真はフォトギャラリーのページに掲載してあります。


17年1月

1/30 入鹿池釣果情
 愛知県犬山市の入鹿池にあるボート屋 「見晴茶屋」さん提供による釣果情報を更新しました。 残念ながら今回はバス情報が入っていません。  ワカサギの方は29日に700尾オーバーの方がお二人と、600尾オーバーお一人おられるの情報が入っています。

1/26 ロッド改造・ロッド修理情報
 岐阜県の方からの依頼でメガバスのベイトタイプのパックロッドHYUGA66-6MLロッドをコルクグリップのスピニングへと改造した物の写真を、BASSリメイクのページに載せました。 スピニングロッドをベイトロッドに改造して欲しいと言う依頼は多いのですが、その逆の依頼はやや珍しいです。 十数年前にミディアムクラスのベイト用ブランクで作ったスピニングロッドと丈夫なラインを用いてカバー攻めるパワーフィネスと言う釣り方が流行った頃は多かったのですが、最近は少ないですね。

1/25 釣り場情報 (ナマズ)
 定休日である本日の午前中に2時間ほどに店主が野府川釣行してきました。 朝の最低気温が氷点下まで下がっているので岸辺の水溜まりには薄氷が張っており、日陰の霜は気温が上がる10時過ぎでも解けていなかった。 然程の水深がある釣り場ではないが濁りがある上に深みのボトムに張り付いているので、好調の先週とは真逆の状態でバイト云々以前にサイトで全く鯉を見つける事ができない。 前半戦の1時間で約1q釣り歩いたが僅か5〜6尾にアプローチできただけで、当然の様にノーバイト。 後半戦の午前11時過ぎにやっと鯉が動き始めたが喰い気はまるでない。 そんな状況の中、浅場の枯れウィードの際に頭を突っ込んでモソモソ動いているナマズを発見。 この時期にしてはアクティブな感じだったのでコイラバ1/32oz+ロッククロー2inで狙ってみると、コツンと明確なアタリで今年の初ナマズ60pクラスがヒットした。 冬場でも温排水が流入する深みのあるエリア等であればナマズを狙う事は可能ですが、水深1m未満の冷たい河川においてサイトで釣れるのは珍しいと思います。 釣れたナマズの写真はフォトギャラリーのページに掲載してあります。

1/22 入鹿池釣果情
 愛知県犬山市の入鹿池にあるボート屋 「見晴茶屋」さん提供による釣果情報を更新しました。 バス情報は1件だけですが、メタルバイブレーションで40pアップが釣れています。  ワカサギの方は本日22日に600尾オーバーの方がお二人おられるの情報が入っています。

1/18 釣り場情報 (コイ)
 本日の定休日の昼前後3時間ほどに店主が野府川カープ釣行してきました。 大寒波による雪がまだ所々に残っており、雪解け水による水温低下で厳しい状況が予想されました。 ところが開始して10分足らずで70p・5.2kgがヒットしたのを皮切りに7尾ヒットさせ、60pクラスから最大75cm・6.7kgまでをコイラバR1/32oz+ロッククロー2inを用いて5尾ゲット。 どうやら朝から風もなく良く晴れて気温が上がったので、水温も早めに上がったからの様です。 最初にヒットした70pの鯉の写真を雪の上で撮ってフォトギャラリーのページに掲載しておきました。

1/16 入鹿池釣果情
 愛知県犬山市の入鹿池にあるボート屋 「見晴茶屋」さん提供による釣果情報を更新しました。 さすがにバス情報は2件だけですが、50pアップの情報が入っています。  ワカサギの方は今回も300尾・400尾の情報が入っていますが、平均的サイズ・数はに前回の情報と変わりありません。

1/15 ロッド改造・ロッド修理情報
 兵庫県の方からの依頼でシマノのスコーピオンXTのEVAグリップをコルクグリップへと改造したものと、東京都の方からの依頼でトップが折れた位置にトップガイドを取り付ける修理してあるダイワのハートランドZ疾風七弐をワンピースから2ピースロッドへと改造したものの写真を、BASSリメイクのページに載せました。 興味にある方はご覧ください。

1/11 釣り場情報 (コイ)
 本日の定休日の午後から3時間ほど、店主が今年初の野府川カープ釣行してきました。 この冬一番の寒波が来ており、朝から冷たい雨がパラつくという釣りには辛い状況で、おまけに数日前に痛めた腰の具合が良くないので少々苦労しました。 水温低下の上に白っぽい濁りが入っているので、喰いが渋い上に喰い気のありそうな鯉を見つけ難い状況でした。 1時間ほどはノーバイトでしたが、中盤戦に入って今年初の70cm・7.3kgの腹ポテ鯉をヒット。 今回使用したルアーはコイラバRの1/32ozとロッククロー2inで、その後は65cmクラスと70cmクラスを1尾ずつヒットさせて3尾の釣果となりました。 店主が釣った今年初の鯉の写真はフォトギャラリーのページに掲載してあります。

入鹿池釣果情
 愛知県犬山市の入鹿池にあるボート屋 「見晴茶屋」さん提供による釣果情報を更新しました。 バス情報はビックサイズではないですが2件入っています。  ワカサギは300尾・400尾の情報が再び入る様になり、サイズ・数ともに良くなっている様です。

1/7 釣り場情報 (バス)
 1月4日に愛知県の安井さんが琵琶湖の北湖西岸で今年初の陸っパリ釣行し、50p・2115gのバスをヒット。 ビックベイトの中層引きにヒットしたそうです。 写真を頂いたのでフォトギャラリーのページに載せました。

1/4 御挨拶
 昨日から本年の営業を開始し、今年1番目の仕事は昨日の開店と同時に来られた方が持ち込まれたロッド2本の修理改造でした。 「翌日使いたい」(つまり本日)という事なので、ガイド3ヶ所の修理・割れたコルクグリップの修理、リヤグリップとバットキャップの改造を夕方までに済ませてお渡ししました。 大急ぎで作業したので写真を撮り忘れましたが、今年も早くて丁寧なロッド作業を心掛けますので、どうぞよろしくお願い致します。

入鹿池釣果情
 愛知県犬山市の入鹿池にあるボート屋 「見晴茶屋」さん提供による釣果情報を更新しました。 年末の情報ですが、まだバス情報が2件入っています。  ワカサギの釣れているポイントはまだボート屋から遠いエリアで、サイズ・数ともに少々伸び悩み状態の様です。

釣り場情報 (バス・管理釣り場トラウト)
 年末に<あだ名>クレヨンシンちゃんが五三川へ釣行し、スピナーベイト等で41pと33pのバスをヒット。 バイト数は少ないそうですが、それでも結構釣れている様子です。 頂いた写真はフォトギャラリーのページに載せてあります。
 店主は2日に昔からの常連客数人と毎年恒例の管理釣り場マス釣り釣行してきました。 今年は例年利用していた魚の里杉島やひょうたん湖ではなく、初めて美濃フィッシングエリアを利用しました。 ポンドの面積に対して釣り人が多かったので少々釣り難くい上に魚の活性もイマイチで、店主は半日で7尾ヒットさせて5尾ランディングしたのみだった。 同行お客様の釣果もイマイチなので昼過ぎには切り上げ、帰り道中の長良川の河原でお客様が準備した焼き肉を焼いて楽しんでから帰りました。
 

copyright : bass stop creator : aj design

BASS STOP 〒494−0001 愛知県一宮市開明字杁西郭39−2  
tel/fax 0586-45-8128 mail bassstop@orihime.ne.jp
MENU
店舗情報
ロッド改造・修理
カスタムロッド
レクチャーガイド
コラム