オーナーってこんな人 店舗情報 フィッシングガイドの詳細(店主が同行します) ロッドの修理・改造・製造の詳細 フィッシングギア(釣具)の紹介 リンク
 

 


サービス : 改造・修理 CustomRod Guide
店舗情報 : Shop Access SiteMap
 


あなたは アクセスカウンタ 人目のお客様です。
 
 
DATE
 NEWS             
10/20 釣り場情報 (番外編・ワカサギ)
 18日の定休日に店主が息子と二人で今シーズン初のワカサギ釣りに入鹿池へ行ってきました。 毎度お世話になっているレンタルボート屋の見晴茶屋さんへ朝6時過ぎ位に到着し前日の情報を聞くが、前日は雨で釣り人が居らず釣果情報が殆ど無かった。 数日前までは「なかや荘ワンド沖」が好調との事で行ってみたところ、他ののボートも集中していたが殆ど釣れていない。 岸寄り・沖目とポイントを変えて攻めてみたが、1時間ほどでワカサギは数尾でブルーギルの方が多く釣れているる。
 そこで自分の経験と勘に従って「今井川河口」へと移動したところ、6.5〜7m位のボトムで2歳魚のワカサギがボツボツと釣れる。 魚探には中層にワカサギ群れの反応があるのだが、小さな4〜5pの当歳魚の為に殆ど針掛りしない。 昼過ぎに「明治村教会前」をチェックしに行ったが1時間攻めても反応がイマイチなので再び「今井川河口」へ戻り3時半まで釣りをして終了し、釣果は115尾であった。 ボート屋戻ると、前日の雨の影響の為でかなかや荘方面は極めて貧果であり、店主達がその日一番の釣果との事で、今シーズンに「今井川河口」でまともに釣ってきた初めての人だとも言われました。
 釣果数としてはイマイチなのだが、長年の経験は伊達ではなかったみたいですね。 (^^)v

店主の独り言
 上記のワカサギ釣りの時に、今井川河口でアンカーを降している店主のボートの周りで1匹のミシシッピーアカミミガメが頭をだしてウロウロと泳いでいた。 幼体ならミドリガメと呼ぶが、成体をミシシッピーアカミミガメと呼ぶのは長くで言い難く、短くアカミミガメと呼ぶのも舌が回り難く言い辛い。 その為に店主の女房は変略してアカピッピと呼んでおり、最近は店主も息子もミシシッピーアカミミガメを見るとアカピッピと呼ぶようになってしまった。
 さてそのアカピッピであるが、ボートのそばを離れようとしないので、息子が唐揚げにして食べるつもりでキープしてあった小型のブルーギルを投げ入れてみると、着水音に反応して泳いできてパクリ! 食べた後もボートの近くを離れないので、またブルーギルを投げ入れるとこれまたパクリと食べ、面白いので続けていると1時間位で5〜8cm位のブルーギルを8尾食べたのである。 このアカピッピちゃんはワカサギ釣りのボートの周りにいると、外道で釣れたブルーギルをシメてから池に投げ込む釣り人が居り、楽に獲物を得る事が出来ると学習していたと思える。
 投げたブルーギルを貰おうと上空でトンビがグルグルと回って飛んで待っているという経験は何度もあるが、亀は初めてである。 なにしろ最初の頃は10m以上離れて泳いでいたのに、何尾もブルーギルを貰ってからはボートから1m程の距離まで近づいて人間をジッと見つめているので、間違いなく餌を貰おうと待っていたと思います。 在来種のカメを駆逐する上に長生きで生態系を狂わせるとして最近ではバスよりも問題視されている亀であり、店主も好きではない種の亀なのですが、この日のアカピッピちゃんは可愛く見えてしまった。
10/15 入鹿池釣果情
 愛知県犬山市の入鹿池にあるボート屋 「見晴茶屋」さん提供による釣果情報を更新しました。  バス情報の数は少ないのですが少ないのですが50cmUPや複数尾の良い釣果報告です。 ワカサギ情報は多くなり、500尾オーバーの情報も入っています。  ⇒ 入鹿池情報へ
10/13 釣り場情報 (雷魚)
 昨日、佐藤さんが五三川方面へ釣行し、グッドサイズの雷魚を2尾ヒット。 この夏にナマズ・バス・雷魚を釣りまくった為に愛用スピナーベイト (ノリーズのシャローロール) のワイヤーが全て折れてダメになり、当店で補充した直後の釣行でした。 ナマズやバスのバイトは何回もあった様ですがフッキングには至らず、ヒットした雷魚は2尾とも良型でしたが購入したばかりのスピナーベイトがグニャグニャに曲げられてしまったとの事です。 佐藤さんからは写真を送って頂いているのでフォとギャラリーのページに載せておきました。 ⇒ フォトギャラリーへ

ロッド改造・ロッド修理情報
 ティップ部で折れたロッドをソリッドティップへ修理改造した物の写真をBASSリメイクのページに載せました。 ソリッドティップへの改造依頼は時折あるのですが、問題が多い作業なので通常はお断りする事が多いです。 今回は「ダメ元」を御承知の上での修理依頼であり、直接御来店になられたので十分に説明して御納得の上での依頼でしたので掲載する事にしました。 興味のある方は御覧ください。  ⇒ ロッド改造・ロッド修理の写真集へ
10/11 カスタムロッド情報 ・ロッド改造&ロッド修理情報
 福岡県の方からの依頼で作製したフィネス用ベイトのカスタムロッドと、岡山県の方からの依頼でdepsのロッドのエンドキャップを集積コルク製に改造した物の写真を、カスタムロッド工房のページとBASSリメイクのページにそれぞれ載せました。 興味のある方は御覧ください。 ⇒ カスタムロッド完成例写真集へ ⇒ ロッド改造・ロッド修理の写真集へ

釣り場情報 (コイ・ナマズ)
 本日の定休日、店主が午後から3時間ほど野府川釣行してきました。 結果は鯉を6尾ヒットさせ2尾ラインブレイクされたが4尾ゲットし、ナマズは2尾ヒットさせた内の1尾をバラシたがもう1尾はゲットしました。 最大サイズは鯉が85p・7.7kgで、ナマズは60pクラスでした。 鯉のブレイクは2尾ともウィードに絡まれたのが原因で、ナマズのバラシも藻化けです。 夏の終わりにウィードが繁茂し、稲刈りシーズンで減水したので一面ウィードジャングルになっている場所が多い。 水温が下がって魚が下流域へ移動を始めているが、まだまだ活性が高く元気なのでヒット後ウィードに突っ込む個体が多くなかなか大変である。 大変な分だけ楽しかったですが、コイラバ+ロッククローを連続ロストしたのはチョット悔しいです。 久しぶりに鯉の写真を撮ったのでフォトギャラリーのページに載せておきました。 ⇒ フォトギャラリーへ
10/9 入鹿池釣果情
 愛知県犬山市の入鹿池にあるボート屋 「見晴茶屋」さん提供による釣果情報を更新しました。  57cmというグッドサイズの情報も入っています。 いよいよワカサギ情報が入りだし、300尾オーバーの情報も入っています。

釣り場情報 (バス)
 8日に山下さんが五三川へ釣行し、イヴォーグ2.0で48.5cmのバスをヒット。 当店へdepsロッドのフェルデランスの重量バランス調整を依頼され、そのロッドを受け取った日にそのロッドで釣り上げたそうで、大変お喜びになって写真と共にメールで報告してくださいました。 頂いた写真はフォトギャラリーのページに載せてあります。 ⇒ フォトギャラリーへ
10/5 お知らせ
 木曽川漁業協同組合から今年も一宮市北方町大日の木曽川河川敷にてマス釣り場(川釣り体験場)をオープンする連絡があり、今年は10月29日からのオープンです。 今年は使用済み入漁券を何枚か集めると1日券や半日券に交換できるサービスがあるそうです。 ただ、同じ日付の券は無効なので、釣りに行った際に他の人の使用済み件を貰って券を集めるのはNGです。 最近は管理釣り場ブームも一段落したので、今後の管理釣り場はサービス向上が重要になりそうですね!
10/2 フォトギャラリー
 このところ御無沙汰気味だった常連の窪田さんから、9月に琵琶湖にウェーディング釣行した際に釣ったグッドサイズのバスの写真を送って頂きました。 サイズは60p弱の59p位で、ルアーはスコーンみたいです。 昨年に当店で作成したカスタムロッドでの釣果で、家庭都合でかなか釣りに行けなかったが良いサイズが出たとの嬉しい報告でした。 ⇒ フォトギャラリーへ

釣り場情報
 昨日の午後8時過ぎに、サイトネーム「クレヨンしんちゃん」が滋賀県方面へ出かけた際に琵琶湖長浜に寄ってチョットだけのバス釣りしたところ、ハートテールの3投目に54pのバスがヒット。 秋らしく、ワームもベイトフィッシュ的な横移動のタイプが良いみたいですね。 写真を頂いているのでフォトギャラリーのページに掲載しました。 ⇒ フォトギャラリーへ

入鹿池釣果情
 愛知県犬山市の入鹿池にあるボート屋 「見晴茶屋」さん提供による釣果情報を更新しました。  サイズ的には30〜40cmクラスが主体ですが数が釣れており、お一人で6尾ヒットの情報も入っています。
9/28 釣り場情報 (コイ・ナマズ)
 店主が昨日の定休日に1時間ほど野府川釣行してきました。 やっと稲刈り準備が始まった様で野府川が減水し始め、まだ水量の多い水路もあったがボ川底の魚の確認が非常にし易くなってきていた。 減水直後は魚の警戒心が高まるので釣り難さもあるのだが、70pクラスの鯉と55pクラスのナマズをコイラバ+ロッククローで1尾ずつヒットさせました。 水量は少なかったのですが風が強かったので3/32ozを使用したのですが、沈みが早い分だけウィードに絡みやすく難儀な面もありました。 風さえなければ1/32ozを使いたいところですね。

店主の独り言
 私がバスプロだった頃に、当店サポートのメンバー3人が琵琶湖でのプロ戦の際に一ヶ所に集注した事がありました (店主の私はそこに混じっていません)。 初日は1/16ozジグヘッドでのフォーリングで全員好成績を収めていましたが、2日目は強風で1/16ozではキャスト困難な状況になってしました。 2人は1/8ozにウェイトアップしたのですが、釣果は芳しくありません。 ところが1人は2日目のプレッシャーを考慮して、よりキャスト困難なのを承知の上で1/32ozまでウェイトを下げ、結果的に2日目も好成績を残して賞金を貰える順位に付けたのです。 その当店メンバーのバスプロはJBマスターズプロのカテゴリーでシングルゼッケンを2度付けており、トップ50カテゴリー (当時はワールドプロと言っていた) に昇進しても何の不思議もない腕の持ち主と言える存在でしたが、この様な事が並の腕とトップクラスの腕の差なのだと思います。 キャストし難いウェイトに落とすという話しを書いていたら昔の事を思い出したので、皆さんの釣りの参考になればと思って書きました。
9/26 釣り場情報
 山下さんから9月23日に五三川で釣ったバスの写真を頂きました。 当店で先日バランス調整したdepsのブッシュバイパーを用い、チャターベイトにデスアダー6inをセットして広範囲を探って40pをヒットさせたそうです。 そろそろ秋らしく横移動のルアーに反応が良くなっていると思われ、ベイトの多いエリアを発見できれば更に好釣果が期待できそうですね。 山下さんから頂いた写真はフォトギャラリーのページに掲載させて頂きました。 ⇒ フォトギャラリーへ
9/25 釣り場情報 (コイ)
 店主が今朝の開店前に1時間ほど野府川釣行してきました。 このところの雨の影響で少し増水気味な上に濁りと繁茂したウィードの為に魚の姿を見付け難く、夏場の好スポットにも魚の姿を殆ど見られなかった。 下流に向かって泳ぐナマズを見かけたので、冬に備えて浅い上流部から深いエリアがある下流部へと魚が移動している様で、本格的な秋シーズンになってきたと思えます。 稲刈りが始まって水路の水が無くなってくると野府川も減水し、それに伴ってウィードも枯れだすので魚を見付けるのが楽になりますが、今日は毎度のコイラバ+ロッククローで積極的に捕食・採食活動をしている鯉を何とか見つけて65pクラスのるを1尾釣り上げたのみでした。 例年なら今頃から減水するのですが、雨が多かった夏の影響で今年は稲刈りが少し遅れているのかもしれませんね。

カスタムロッド情報
 岐阜県の方からの依頼で、ノースフォークコンポジットのブランクを用いてシンプルながらもカッコ良いデザインのカスタムロッドを作製しました。 カスタムロッド工房のページ写真を載せてありますので、興味のある方は御覧ください。 ⇒ カスタムロッド完成例写真集へ
9/19 釣り場情報 (バス)
 サイトネーム 「クレヨンしんちゃん」 が16日夜から17日にかけて大江川・五三川へ釣行し、51pを頭に6尾のバスをヒット。 ルアーはスピナーベイトとノーシンカーワーム等みたいです。 写真をメールで送って頂いているのでフォトギャラリーのページに載せてあります。 ⇒ フォトギャラリーへ 
9/17 ロッド改造・ロッド修理情報
 千葉県の方からの依頼で旧型スコーピオンのスピニングロッドのグリップ・ガイドを完全に作り直したロッド改造例と、三重県の方からの依頼でエギロッドのグリップ短縮をタンク間で短期間で仕上げたロッド改造例の写真をBASSリメイクのページに載せました。 興味のある方は御覧ください。 ⇒ ロッド改造・ロッド修理の写真集へ

入鹿池釣果情
 愛知県犬山市の入鹿池にあるボート屋 「見晴茶屋」さん提供による釣果情報を更新しました。  今回は50cmUPのバスを2尾ヒットさせた情報も入っています。
9/13 釣り場情報 (コイ)
 本日の定休日に店主が野府川釣行してきました。 定休日ですが所用とロッド作業があったので、その合間に2時間ほど出かけましたが、チョット苦労しました。 やや増水気味で流れがあり、濁りと繁茂したウィードの為に魚の姿を見付けるのが困難な上に、何故か通常なら居るポイントに鯉もナマズも姿が見られず悩みました。 それでも僅かに姿を確認できた水路の流れ込みを毎度のコイラバ+ロッククローで攻めて、何とか65pクラスと75pクラスの鯉の2尾をゲット出来ました。
9/12 カスタムロッド情報
 愛知県内の方からの依頼で、持ち込みのノースフォークコンポジットのブランクを用いたカスタムロッドを同時に3本作製しました。 カスタムロッド工房のページ写真を載せてありますので、興味のある方は御覧ください。 ⇒ カスタムロッド完成例写真集へ
9/10 釣り場情報 (コイ)
 店主が昨日、お盆前から行っていなったカープフィッシングに野府川釣行してきました。 ポイントに入って5投目で70pクラスの鯉1尾を毎度のコイラバ+ロッククローでヒットしましたが、その後の1時間はノーバイトで終了。 野府川は8月後半から10月前半が最もウィードの多い時期で、鯉もナマズもウィードの下に潜り込むので魚を見付け難く、少々攻め辛いです。 今後しばらくの間はウィードの少ないエリアを主体に攻めた方が良さそうです。

店主の独り言
 上記のカープフィッシングは本当に1ヶ月ぶりの釣りでした。 店主は以前からお盆中の殺生事は避けているので釣りも控えていたからです。 8月末にはペットのハムスターが死んでしまって喪に服し、その後に新しく飼い始めたペットの慣れぬ世話でバタバタして釣りに行きそびれていました。 新たなペットはリチャードソンジリスで、樹上生活するリスではなく穴を掘って地上生活するプレーリードックやマーモット等の仲間です。 警戒心が強くて人馴れし難い個体も多いと言われるのですがウチの子はベタ慣れで、結構賢いので当店の看板ジリスになる様に育てたいと思っています。 写真を1枚フォトギャラリーのページに載せておきますでお見知りおきを。 ⇒ フォトギャラリーへ

入鹿池釣果情
 愛知県犬山市の入鹿池にあるボート屋 「見晴茶屋」さん提供による釣果情報を更新しました。  今回は50cmUPのバス情報も2件入っており、全体的にワカサギの回遊エリアでバスがヒットしている様に思えます。
9/3 入鹿池釣果情
 愛知県犬山市の入鹿池にあるボート屋 「見晴茶屋」さん提供による釣果情報を更新しました。  ビックサイズの情報はありませんが30p台が多く報告されており、秋っぽい感じを受けます。
カープフィッシングについて
 当店の店主はルアーフィッシングの底辺を広める為に、バス・トラウト・雷魚等の従来からのルアー対象魚以外の淡水魚を狙う事に力を注いでおり、その一つがコイです。 鯉釣りと言うと餌釣りのイメージが強いのですが、ルアーで十分狙える対象魚です。 ボイリー等の人工餌を使うヨーロッパスタイルの鯉釣りや、食パンで餌付けしてコ式なる仕掛けで狙うのも一種のルアー釣りとも言えますが、狭い意味でのルアーフィッシングとは言えないと思います。 当方ではプラグやワーム・ジグで狙うという釣り方でルアー対象魚を広めたいと思い、コイのルアー釣りをルアー・カープフィッシングと称し、当サイトにページを作りました。 興味のある方は御覧下さい。
⇒ ルアー・カープフィッシングへ
  
店主の前立腺癌治療記
 釣りには関係無いのですが、店主は健康診断からの精密検査で前立腺癌の告知をされ、2015年に小線原療法という放射線治療を受けました。 医師からは間違いなく根治すると言われておりますが、前立腺癌は将来的に日本人男子の癌の発症率1位になると言われておりますので読者の皆様にも関係してくる事があるかもしれません。 早期発見と正しい治療を行えば治療による後遺症も心配せずに根治可能ですが、逆に治療法を間違えると失禁などの後遺症の心配や再発の可能性も高くなるので、治療法の選択は重要です。 そこで店主が経験した前立腺癌治療を記したページを作成しました。 もし気になる方が居られるならば、一度御覧ください。
⇒ 店主の前立腺癌治療記へ
  
 

ご挨拶
             

当店は、1990年に愛知県一宮市(旧・尾西市内)にオープンしたルアー専門の釣具店です。                               
ルアー・フィッシング歴40年以上のオーナーはトップウォーター大好きの元JBプロで、トラウト・シーバスの釣りやアウトドアの経験も豊富。
御要望によりフィッシングレクチャーガイドの他、キャスティングレッスンや講習会も実施致します。                         
      遠方の方も名古屋近郊におこしの際は、ぜひお立ち寄り下さい。                                                   

商品を売るだけの釣具屋ではなく、ロッド・リールの修理・改造はむろん、カスタム・ロッドの製作までOKのルアー・プロショップです。    

※ サイトの内容に関するお問い合わせはTel/Faxかメールでどうぞ。                                               
Eメールでお問い合わせの場合は、メールがウィルスに感染していると自動削除されていまう場合があります。                 
また、返答で送ったメールが「迷子」になり届かない例もあるので、1〜2週間経過しても返答がない場合はTel等で確認して下さい。    

NEWS の バックナンバー

NEWSスペシャル

HOME

copyright : bassstop
creator : aj design

BASS STOP 〒494−0001 愛知県一宮市開明字杁西郭39−2  
tel/fax 0586-45-8128 mail bassstop@orihime.ne.jp

 
MENU
店舗情報
ロッド改造・修理
カスタムロッド
レクチャーガイド
コラム