オーナーってこんな人 店舗情報 フィッシングガイドの詳細(店主が同行します) ロッドの修理・改造・製造の詳細 フィッシングギア(釣具)の紹介 リンク
 

 


サービス : 改造・修理 CustomRod Guide
店舗情報 : Shop Access SiteMap
 


あなたは アクセスカウンタ 人目のお客様です。
 
 
DATE
 NEWS             
4/24 釣り場情報 (バス・コイ)
 先週末の22日に熊澤さんが琵琶湖南湖にてレンタルボートで友人と釣行。 柳ヶ崎沖と志那沖でジグヘッドとダウンショット主体で攻め、朝は友人の1投目にヒットした49pのバスを皮切りに40cmアップをポロポロとヒットし、推定60pアップもヒットしたが残念な事にバレてしまった。 しかし、後半戦は53p・51pの他に40pアップが多数釣れるという好釣果だったそうです。 まだウィードが少なくポイントが絞り難く、回遊のタイミングがカギになった様です。 熊澤さんから頂いた写真はフォトギャラリーのページに掲載してあります。 ⇒ フォトギャラリーへ
 今朝、店主が開店前の野府川釣行し、毎度のコイラバ+ロッククローで60〜80cmクラスの鯉を7尾ヒット。 まだ産卵のハタキは始まっておらず、大型の鯉はお腹がパンパンに膨れてハイウェイトである。 その為にデカい鯉のファイトは重量感が在れどパワフルさに欠ける場合も多く、60cm台の方がガンガン走るので楽しめる感じでした。
4/23 カスタムロッド情報
 岐阜県の方からの依頼でMHX社のSJ902-MHXを用いたスピニングタイプのカスタムロッドを作成しました。 カスタムロッド工房のページに写真を載せましたので、興味のある方は御覧ください。 ⇒ カスタムロッド完成例写真集へ
 MHX社のブランクはまだ認知度が低い様ですが、世界初のカーボンロッドを世に出したラミグラス社の設計者であったトッド・ヴィヴィアン氏がラミグラスを辞して立ち上げてブランドです。 現在カスタムロッド用ブランクで非常に人気が高まっているノースフォークコンポジットの社長でGルーミス社の元社長のゲーリー・ルーミス氏も、元はラミグラスの社員です。 店主には日本式に言う兄弟弟子的な関係にも思えるメーカーですね。

入鹿池釣果情
 愛知県犬山市の入鹿池にあるボート屋 「見晴茶屋」さん提供による釣果情報を更新しました。 今回は50アップのバス情報が何件もあり、3〜4尾の複数釣果の情報も入っているという非常に良い感じです。  ⇒ 入鹿池情報へ
4/21 釣り場情報 (コイ・ナマズ・バス)
 今朝の開店前に店主が野府川へ1時間半ほどカープフィッシングしてきました。 冬季は水温の上がる昼頃にならないと釣れないので定休日のみの釣行だったが、これからは営業日でも開店前ならカープフィッシングが可能となる。 釣果の方は毎度のコイラバ+ロッククローで鯉を6尾ヒットさせて内70p台を4尾ゲットしたが、サイズの良い80pオーバーの2尾は水中のゴミにラインが絡んでバレてしまった。 ナマズは2尾発見して1尾がバイトしてきたが、フッキングには至らなかった。
 今年は未だに産卵のハタキ行動を全く見ていないので、水中の春の訪れが遅い様だ。 春が早い年だと入学式の頃には店の近所の桜が完全に散っているにだが、今年は4月中旬になっても一部の桜の木には花びらが残っている。 釣りの季節感は暦ではなく自然の草花で判断すると良い。 実は昨日の朝7〜8時頃に店主が五三川にバスのポイントチェックに行ったのですが、水面に小魚のモジリ一つなくノーバイトでした。 ヘラ師に話を聞くと先週あたりからやっと乗っ込みのヘラが釣れ出したの事ですし、大江川方面在住のお客さまからもバスの動きが遅れているとの話を聞いています。 しかし数日前から夏日になるほど気温が上がっているので、今週末から来週位に魚が爆発的に釣れ出すのではないかと店主は予想しているのですが・・・。
4/19 釣り場情報 (バス・コイ・ナマズ)
 今日の定休日に店主が朝にバス釣り、午後に鯉&ナマズ釣りのダブルヘッダーしてきました。 朝のバス釣りは7時半頃から岐阜県養老の野池でスタートしたのですが、前日の雨と田植え準備の影響で濁りが酷く、しかも白波が立つほどの爆風が吹き始める悪条件。 野池は3ヶ所回ってノーバイトでしたが、ポイントチェックに入った五三川でスピナーベイトに40pクラスのバスがヒット。 来週の大潮に合わせてスポーニングベッドを作りにシャローに入ったばかりの雄バスの様でした。
 午後は近所の野府川で鯉とナマズ狙いですが、こちらも濁りと強風で釣り難い状況でした。 ただ魚の活性は高く、鯉の方は70〜80cmクラスを中心に5尾ヒットし、最大は85p・9.2sでした。 ナマズは発見し難いのですが何とか50pクラスを1尾ヒット。 ルアーは毎度のコイラバ+ロックロー2inです。 釣り上げたバスと本日最大の鯉の写真はフォトギャラリーのページに掲載しておきました。 ⇒ フォトギャラリーへ
4/18 ロッド改造・ロッド修理情報
 以前にもワンピースロッドを2ピース化された東京都の方からの依頼で、ダイワのハートランド白疾風をワン&ハーフの2ピース化するロッド改造をしました。 この依頼者の方は公共交通機関で移動なさる為に長いワンピースロッドでは持ち運べないので、万一の事がっても構わないとの「ノークレーム確約書」を書いてくださった上での御依頼でした。
 2ピース化は技術的には可能なのですが、ブランクの材質・肉厚等の特性によって問題が発生する可能性が無いとは言いきれないので、基本的にはお勧めはしておりません。 ですので以前は改造例で紹介する事を控えてきたのですが、それでもロッドの2ピース化改造の問い合わせは多いので、最近はあえて紹介する様にしています。 興味のある方は、BASSリメイクのページにロッド改造・ロッド修理例として写真を載せてあるのでご覧ください。 ⇒ ロッド改造・ロッド修理例の写真集
4/17 釣り場情報 (バス・ナマズ)
 今朝、一宮市の佐藤さんが仕事前の2時間ほど五三川へ釣行し、仕事へ行く時間が近づいた終了間際に45cmオーバーのバス1尾とナマズを1尾ヒットさせたそうです。 相変わらずナマズはなかなかヒットしないがバイト数は多い様です。  佐藤さんから釣り上げたプリスポーンバスの写真を頂いたのでフォトギャラリーのページに掲載しました。 ⇒ フォトギャラリーへ

入鹿池釣果情
 愛知県犬山市の入鹿池にあるボート屋 「見晴茶屋」さん提供による14・15・16日の釣果情報を更新しました。 今回は50アップのバス情報が無いのですが、連日40アップの情報が多く入ってきています。 ポイントは今井川・五条川・郷川の各河口や教会前・レイクサイド裏というスポーニングエリアとなる砂礫地で、大潮の直後という事もあるのでスポーニングベッド絡みの雄バスがヒットしている様に思われますね。  ⇒ 入鹿池情報へ
4/15 ロッド改造・ロッド修理情報
 新潟県の方からの依頼で、シマノ社ポイズンアドレナ172Mのセパレートタイプのグリップを、ワンピースのシェイプしたコルクグリップにすると同時に延長するロッド改造をお請けしました。 ポイズンアドレナ独自のカーボン製リヤグリップに組み込んであるノーマルのバットキャップを再利用して取り付けて欲しいとの要望があったのですが、意外にもこれが大変な仕事になってしまいました。 写真はBASSリメイクのページに載せてあるので興味のある方はご覧ください。 ⇒ ロッド改造・ロッド修理例の写真集

釣り場情報 (ナマズ)
 一宮市の佐藤さんが昨日夕方に五三川へ2j時間ほど釣行。 残念ながらバスはノーバイトだったがナマズの活性が高く何度もバイトがあり、スピナーベイトのシャローロールで50〜60cmクラスを3尾ヒット。 狙いのバスは釣れなかったが、それなりに楽しめたそうです。 佐藤さんから頂いた写真はフォトギャラリーのページに掲載してあります。 ⇒ フォトギャラリーへ
4/12 釣り場情報 (コイ・ナマズ)
 今日の定休日に店主が朝の2時間ほど野府川釣行。 鯉は明らかに冬のエリアから産卵に向く上流部へと移動しており、田植え準備で水路に導水されるタイミングでハタキが始まると思われます。 産卵を意識して喰わせ難くなっている鯉ですが、ヒットするとウェイトもパワーもあって非常に面白い。 今日は60〜80pクラスを5尾ヒットさせたが、1尾はフック折れでバラシてしまった。 ナマズの方は前日の雨の濁りで発見し辛く、ワンバイトのみでした。 使用したルアーは毎度のコイラバU+ロッククロー2inです。
 ちなみに午後はバス狙いで岐阜県養老方面まで行ったのですが、田植え準備の田起こしと昨日の雨の影響で水は茶々濁りとなり、雨の翌日の晴天・強風とまたもや悪条件となり、わずか1時間で退散してきました。 毎週定休日は条件が悪いパターンにはまっていますが、そろそろ好条件に釣行したい店主でした。
4/11 釣り場情報 (バス・ナマズ)
 一宮市の佐藤さんが昨日夕方に五三川へ釣行し、スピナーベイトのシャローロールで40pクラスのバスと55pクラスのナマズを1尾ずつヒット。 そろそろシーズンインという事での釣行でしたが、キッチリと結果を出された様です。 佐藤さんから頂いた写真はフォトギャラリーのページに掲載してあります。 ⇒ フォトギャラリーへ
4/9 カスタムロッド情報
 愛知県の方からの依頼でノースフォークコンポジットのSWB808-1(IM)を用いたビックベイト用ロッドを作成しました。 比較的シンプルなデザインの仕上げですがカスタムロッド工房のページに写真を載せましたので、興味のある方は御覧ください。 ⇒ カスタムロッド完成例写真集へ

入鹿池釣果情
 愛知県犬山市の入鹿池にあるボート屋 「見晴茶屋」さん提供による釣果情報を更新しましたが、今回も連日の様にバス情報が入ってきています。 やはり今井川・五条川・なかや荘ワンドなどスポーニングエリア付近でのヒット情報です。 ワカサギ釣りの方は今回情報が入っていません。

釣り場情報 (バス)
 岐阜県の一瀬さんが4月6日に琵琶湖へ陸っパリ釣行し、近江八幡方面にて48cmを頭に40UPのバス3尾をヒット。 ネコリグとキャロライナリグでの釣果だそうです。
4/6 釣り場情報 (コイ・ナマズ)
 昨日の定休日に店主が午前から昼前の2時間ほど野府川釣行。 鯉は数多くが浅場にいるが、産卵のハタキ間近かの為かペアや小規模の群れでウロウロしており喰い気が低く、何とか65pクラスの鯉をコイラバU+ロッククロー2inで2尾ヒッしたのみでした。 ナマズの方は活性が上がり始めている様子で、釣れたのは60pクラス1尾だったが5バイトあった。 ルアーの着水と同時に反応するナマズもいたので、そろそろトップウォータールアーにも反応し始めるかもしれない。 鯉とナマズがこの状態になると、バスもそろそろスポーニングでシャローに上がり始める時期です。 山も雪が少なくなって歩きやすくなり、イワナ・アマゴ・ヤマメもサビが取れてコンディションの良い魚が釣れ出します。 いよいよ本格的な釣りシーズンの開幕ですね。 今回は釣り上げたナマズの写真をフォトギャラリーのページに掲載しました。 ⇒ フォトギャラリーへ
4/3 入鹿池釣果情
 愛知県犬山市の入鹿池にあるボート屋 「見晴茶屋」さん提供による釣果情報を更新しましたが、今回も良いバス情報が入ってきています。 単発ですが連日の様に50cmUPが釣れています。 今井川方面などスポーニングエリア付近での情報が多いので、いよいよシーズンインですね。 ワカサギ釣りは情報が減っていますが、まだ400尾台の釣果もあります。
3/31 ロッド改造・ロッド修理情報
 1週間前にもロッド改造の依頼をしてくださった埼玉県の方から、depsのTGC-70HR/GPフェルデランスをワン&ハーフの2ピースに改造した上で重量バランスを取り直して欲しいとの依頼と、同時にGPシリーズのハザードマシター・バーディック・ブッシュバイパー・ボアクストリクターの4本も重量バランスを取りなしてほしいとの依頼を請けました。 フェルデランスはグリップ着脱式に改造できないかという相談でしたが、それは無理な為に2ピース改造としては強度的に問題が少ないワン&ハーフ式の2ピースに改造したものです。 お請けする限りは自信をもって改造するのですが、お客様のロッドを切断するので、万一にも改造に失敗したり折れたりしても構わないとの条件付きでのみお請けしています。 興味のある方はご覧ください。 ⇒ ロッド改造・ロッド修理例の写真集
 重量バランスを取り直した4本は写真では判らないので載せてありません。 ハザードマシターはワンピースタイプだったのでグリップエンドを分解し、ウェイトを入れてから集積コルク製バットキャップを作り直しましたが、他の3本はグリップ着脱式だったのでグリップ上側からウェイトを入れました。
3/26 入鹿池釣果情
 愛知県犬山市の入鹿池にあるボート屋 「見晴茶屋」さん提供による釣果情報を更新しましたが、良いバス情報が入ってきています。 単発ですが、今井川と五条川の河口で40pUP・50cmUPが連日の様に釣れています。 ワカサギは釣り人そのものが減ってきているので情報も減っていますが、まだ400尾台・500尾台に釣果もあります。  ⇒ 入鹿池情報へ
3/22 ロッド改造・ロッド修理情報
 埼玉県の方からの依頼で、折れたdepsのスペックルレーサー/GPのグリップパーツを利用して、同じdepsのバレットショットのグリップをGP風にするロッド改造と、同じ方からの依頼でdepsヒュージカスタムH2S-75RFのEVA製バットキャップを同じヒュージカスタムH2N-64Rの様な集積コルク+EVAのラウンド型に改造した物の写真をBASSリメイクのページに掲載しました。 興味のある方はご覧ください。 ⇒ ロッド改造・ロッド修理例の写真集
3/20 入鹿池釣果情
 愛知県犬山市の入鹿池にあるボート屋 「見晴茶屋」さん提供による釣果情報を更新しました。 久しぶりにバス情報は入っており、今井川河口にて43pがヒットしています。 ワカサギが産卵準備で河口・砂礫地へと動き始める時期になるなので、産卵を控えた越冬バスも動き始めたのだと思われます。 ワカサギの方は平均釣果数が減り始めていますが、それでもまだ19日に桟橋前で600尾オーバーという釣果が出ています。
3/15 釣り場情報 (コイ・ナマズ)
 本日の定休日も先週の様に店主が午前から昼過ぎまでの2時間ほど野府川釣行。 今日は雨がパラつき風が強かったので、サイトフィッシング・軽量ラバージグ使用という条件では釣り難い日でした。 かなりの数の鯉が浅場にウロつき出していましたが、喰い気はまだイマイチ。 それでも70〜75pクラスの鯉をコイラバU+ロッククロー2inで3尾ヒット。 その中の1尾は72pの中型サイズにもかかわらず8.7kgというヘビーウェイト見事なプリスポーンカープだったので、写真をフォトギャラリーのページに掲載しました。 ⇒ フォトギャラリーへ
 実は今回も野府川釣行後にダブルヘッダーで岐阜県養老方面へバス狙い釣行しましたが、今回もノーバイトで玉砕でした。 午前中にかなり雨が降った様で水温低下+晴れ、さらに時折体がフラつく程の強風という最悪条件。 たまには好条件で釣りがしたいです。
3/12 入鹿池釣果情
 愛知県犬山市の入鹿池にあるボート屋 「見晴茶屋」さん提供による釣果情報を更新しましたが、今回もバス情報は入っていません、ワカサギの方は本日に900尾オーバーという釣果が出ています。  ⇒ 入鹿池情報へ
3/10 ロッド改造・ロッド修理情報
 岐阜県の方からの依頼で、破損したガイド交換のロッド1本と、ティップが折れたロッドの折れた部分にトップガイドを付けて欲しいというの依頼内容の修理ロッド2本の写真をBASSリメイクのページに載せました。 当店では簡単な内容で手が空いておれば1時間以内で修理してしまう事も多いので、同様な修理依頼は写真を取る事もなく即修理・即引き渡してしまう事が多い為に、依頼件数の割には写真が掲載してありませんでした。 今回は3本まとめてだったので1日お預かりし、写真も撮ったので掲載しました。 ⇒ ロッド改造・ロッド修理例の写真集
3/9 釣り場情報 (コイ・ナマズ)
 昨日の定休日に店主が午前から昼過ぎまでの3時間ほど野府川釣行。 冬に逆戻りして前日午後と当日の午前中に雪が舞う天候で、状況的には厳しさが感じられた。 前半戦はノーバイトだったが、晴れて強い陽射しが差し始めると魚の活性が上がり出し、50〜75pクラスの鯉4尾と50pクラスのナマズ1尾をヒットさせれた。 ルアーはコイラバU+ロッククロー2inで、最初は1/16ozで釣ったが、風が強くなってからは3/32ozにチェンジ。 アタリもはっきり判る様になってきているので、やはり春が近いと感じました。 最初に釣り上げた60pクラスの鯉とナマズの写真をフォトギャラリーのページに掲載しましたが、鯉の方は卵で腹がパンパンになっているプリスポーンカープです。 ⇒ フォトギャラリーへ
 実は野府川釣行後の午後2時過ぎからダブルヘッダーで岐阜県養老方面へバス狙いの釣行をしましたが、こちらはノーバイトで玉砕しました。 試しに浅い野池ばかり3ヶ所ほど回ったのですが、温排水の流入もない浅い野池は冷え込みで水温が低下していました。 風下側では水温が5〜6度台、風裏側で日当たりの良いエリアでも7〜9度台で、水面に生命感無しの状態。 風は冷たかったが陽射しは強く、枯れた田んぼの中でヌートリアの一家が日向ぼっこして走り回っていた。 もうじき桜の花のつぼみが膨らんでくれば、バスもシャローに上がり活性も上がるでしょう。
3/6 釣り場情報 (バス)
 サイトネーム「クレヨンしんちゃん」が またも今朝早くの午前2時に岐阜県大垣市の野池へ釣行し、シャロークランクで小型サイズだが27pのバス1尾をヒット。 気温は9℃・水温は12℃だったとの事であり、水温11℃が明確に喰い気が高くなるラインなので今後が期待される。 なお、13℃以上でないとバスの卵が孵化しないので雌バスはまだ産卵しません。 ですが13℃になれば産卵の可能性が出てくるので、スポーニングベッドを作り始める雄バスが少しずつだが出現します。 春は確実に近づいていますね。 「クレヨンしんちゃん」からは今回も写真を頂いたのでフォトギャラリーのページに掲載しました。 ⇒ フォトギャラリーへ

入鹿池釣果情
 愛知県犬山市の入鹿池にあるボート屋 「見晴茶屋」さん提供による釣果情報を更新しましたが、今回もバス情報は入っていません。 ワカサギの方は200尾台が連日の竿頭ですが、1日に取水塔ポイントで400尾台・4日にボート桟橋前で500尾台という釣果が出ています。
カープフィッシングについて
 当店の店主はルアーフィッシングの底辺を広める為に、バス・トラウト・雷魚等の従来からのルアー対象魚以外の淡水魚を狙う事に力を注いでおり、その一つがコイです。 鯉釣りと言うと餌釣りのイメージが強いのですが、ルアーで十分狙える対象魚です。 ボイリー等の人工餌を使うヨーロッパスタイルの鯉釣りや、食パンで餌付けしてコ式なる仕掛けで狙うのも一種のルアー釣りとも言えますが、狭い意味でのルアーフィッシングとは言えないと思います。 当方ではプラグやワーム・ジグで狙うという釣り方でルアー対象魚を広めたいと思い、コイのルアー釣りをルアー・カープフィッシングと称し、当サイトにページを作りました。 興味のある方は御覧下さい。
⇒ ルアー・カープフィッシングへ
  
店主の前立腺癌治療記
 釣りには関係無いのですが、店主は健康診断からの精密検査で前立腺癌の告知をされ、2015年に小線原療法という放射線治療を受けました。 医師からは間違いなく根治すると言われておりますが、前立腺癌は将来的に日本人男子の癌の発症率1位になると言われておりますので読者の皆様にも関係してくる事があるかもしれません。 早期発見と正しい治療を行えば治療による後遺症も心配せずに根治可能ですが、逆に治療法を間違えると失禁などの後遺症の心配や再発の可能性も高くなるので、治療法の選択は重要です。 そこで店主が経験した前立腺癌治療を記したページを作成しました。 もし気になる方が居られるならば、一度御覧ください。
⇒ 店主の前立腺癌治療記へ
  
 

ご挨拶
             

当店は、1990年に愛知県一宮市(旧・尾西市内)にオープンしたルアー専門の釣具店です。                               
ルアー・フィッシング歴40年以上のオーナーはトップウォーター大好きの元JBプロで、トラウト・シーバスの釣りやアウトドアの経験も豊富。
御要望によりフィッシングレクチャーガイドの他、キャスティングレッスンや講習会も実施致します。                         
      遠方の方も名古屋近郊におこしの際は、ぜひお立ち寄り下さい。                                                   

商品を売るだけの釣具屋ではなく、ロッド・リールの修理・改造はむろん、カスタム・ロッドの製作までOKのルアー・プロショップです。    

※ サイトの内容に関するお問い合わせはTel/Faxかメールでどうぞ。                                               
Eメールでお問い合わせの場合は、メールがウィルスに感染していると自動削除されていまう場合があります。                 
また、返答で送ったメールが「迷子」になり届かない例もあるので、1〜2週間経過しても返答がない場合はTel等で確認して下さい。    

NEWS の バックナンバー

NEWSスペシャル

HOME

copyright : bassstop
creator : aj design

BASS STOP 〒494−0001 愛知県一宮市開明字杁西郭39−2  
tel/fax 0586-45-8128 mail bassstop@orihime.ne.jp

 
MENU
店舗情報
ロッド改造・修理
カスタムロッド
レクチャーガイド
コラム