オーナーってこんな人 店舗情報 フィッシングガイドの詳細(店主が同行します) ロッドの修理・改造・製造の詳細 フィッシングギア(釣具)の紹介 リンク
 

 


サービス : 改造・修理 CustomRod Guide
店舗情報 : Shop Access SiteMap
 


あなたは アクセスカウンタ 人目のお客様です。
 
 
DATE
 NEWS             
6/26 入鹿池釣果情
 愛知県犬山市の入鹿池にあるボート屋 「見晴茶屋」さん提供による釣果情報を更新しました。 今回は天候が悪かったためか情報が少な目です。 それでもビックベイトで50pUPが釣れている情報もあります。  ⇒ 入鹿池情報へ

釣り場情報 (ナマズ)
 店主が昨夜、ロッド作業が終わった午後11時過ぎから40分程だけナイターで野府川へナマズ狙いに行ってきました。 ジッターバグのみで通して4バイト、1フィッシュの結果でした。 雨の影響でやや水量が多くて流れが強い為か流心でのバイトは無く、全て流れが弱めなエリアの護岸ギリギリでバイトがありました。
6/22 釣り場情報 (バス)
 岐阜県の岩田さんが本日もフローターで大江川へ釣行。 今回もディープクランクを用いてDB3マグナムで1尾ヒットさせたがバラシ、その後トップのダブルス一シャーで42cmをヒット。 オールド系のタックルで楽しんでおられる様で、頂いた写真はフォトギャラリーのページに掲載しておきました。 ⇒ フォトギャラリーへ
6/21 釣り場情報 (バス・ナマズ)
 昨日、岐阜県の岩田さんがフローターで大江川へ釣行し、往年の名ルアーのマグワートで45p・ニップアイディディで23cmのバスと51pのナマズをヒット。 岩田さんからは写真を頂いたているで、フォトギャラリーのページに掲載しました。 ⇒ フォトギャラリーへ
 昨夜、店主が久々にナイターで野府川へナマズ狙いに行ってきました。 1時間半の釣行でスピナーベイトで1バイト、ジッターバグで4バイトあり、ジッターバグの方で3尾ヒットしましたが1尾バラシて55cmクラスと40pクラスの2尾をゲット。 バイト数の割にはヒット数が少ないナマズとしてはまあまあの確率でした。 今回は派手にバフッと水音を出すバイトが無く、全て急にロッドに重みがかかる静かなバイトだったので活性が低い様にも感じましたが、ファイトの方は非常に良かったです。
6/18 入鹿池釣果情
 愛知県犬山市の入鹿池にあるボート屋 「見晴茶屋」さん提供による釣果情報を更新しました。 今回も連日グッドサイズのバスが釣れている様です。 ポイント的には色々なエリアにバラけてきている様に思えますね。  ⇒ 入鹿池情報へ
6/16 釣り場情報 (バス)
 昨日、熊澤さんがレンタルボート琵琶湖南湖へ釣行。 朝イチは柳ヶ崎沖にてジグヘッドで45pクラスを数尾ヒットしたが、風が強くなってからは何ヶ所かポイントを変えてルアーも色々チェンジしてもアタリが皆無…。 苦労した結果浜大津沖で52pを、ラストに自衛隊沖にて今シーズン最大の55.5cmのバスをやはりジグヘッドリグでヒットさせることができたそうです。 熊澤さんからは55.5pのバスの写真を頂いたているで、フォトギャラリーのページに掲載しました。 ⇒ フォトギャラリーへ
6/12 釣り場情報 (バス・ナマズ)
 昨日、岐阜県の西脇さんが五三川へ釣行し、38pのバス1尾と30p台のナマズ2尾をヒット。 ヒットルアーは、バスがスピナーベイトでナマズがバイブレーショプラグだそうです。 天候も穏やかな上に日曜日だったので、夜明け前からの釣行でしたが釣り人の数が多かったとの事でした。 西脇さんから釣ったバスの写真を頂いたので、フォトギャラリーのページに掲載しておきました。 ⇒ フォトギャラリーへ

入鹿池釣果情
 愛知県犬山市の入鹿池にあるボート屋 「見晴茶屋」さん提供による釣果情報を更新しました。 連日40pアップ・50pアップのバスが釣れており、好調の様です。 店主がNBC愛知チャプターの事務局長をしていた15年位前の入鹿池では、250人以上の選手が出場したトーナメントで全員ノーフィッシュになったり、25pの1尾で優勝と言う事も起きていました。 出場選手には当時のJBマスターズプロの1桁ゼッケンやワールドプロ(現在のJBトップ50)の選手も混じっていたのですから、それを考えると本当に良く釣れるフィールドになりましたね。  ⇒ 入鹿池情報へ
6/10 釣り場情報 (雷魚・ナマズ・コイ)
 昨日、またまた佐藤さんが五三川方面へ釣行。 田植えの影響で濁りが強く、色々なルアーを試しても残念ながらバス・ナマズは無反応でノーフィッシュ。 ルアーをスーパースプークにチェンジしたところグッドサイズの雷魚1尾をヒット。 その後もスーパースプークにのみ反応して何度か激しいバイトがあったそうなので、雷魚も産卵シーズンに入った様に思えます。 雷魚はウィード等を利用して鳥の巣の様なスポーニングベッドを作って雄雌が共同で卵や稚魚を守り、その時期はベッドの上をルアーが通ると排除する為に激しく攻撃します。 佐藤さんから今回も雷魚の写真を頂いているので、フォトギャラリーのページに掲載しておきました。 ⇒ フォトギャラリーへ
 店主の方は昨日の朝に野府川釣行し、濁りが強く釣り難い中で鯉を2尾ヒットしたが2尾ともバラシ。 食い込みが浅いバラシは止むを得ないが、1尾はファイト中のフック折れだったので悔しい。 ナマズは今まさに産卵時期で水路を伝って上流部や田んぼに向かっているので本流に居る個体数が極めて少なく姿を見ないしバイトも無かった。 来週には産卵を終えたナマズを多く見かける様になると思います。
6/7 釣り場情報 (バス・雷魚)
 昨日、佐藤さんが五三川方面へ釣行してバス4尾と雷魚1尾をヒット。 最初ペンシルベイトとポッパーで攻めたのですが雷魚が1尾ヒットしたのみだったので、スピナーベイトにルアーチェンジしたところバスが4尾ヒットしたそうです。 佐藤さんから今回もバスと雷魚の写真を頂いているので、フォトギャラリーのページに掲載しました。 ⇒ フォトギャラリーへ
6/4 入鹿池釣果情
 愛知県犬山市の入鹿池にあるボート屋 「見晴茶屋」さん提供による釣果情報を更新しました。 相変わらずスポーニングエリアでのヒットが多い様ですが、アフタースポーニングの雄バスが付き易いベイトが回遊する水通しの良いポイントでも釣れ始めています。 どちらを狙っても結果が期待できそうです。  ⇒ 入鹿池情報へ
6/2 釣り場情報 (バス・コイ)
 5月31日の午前中に佐藤さんが五三川方面へ釣行し、バス2尾と雷魚2尾をヒット。 ルアーはポッパーのマイケルビック・ペンシルベイトのスーパースプークJr・スピナーベイトのシャローロールとの事で、トップ系への反応が良くなっている様です。 佐藤さんから頂いたバスと雷魚の写真はフォトギャラリーのページに掲載してあります。 ⇒ フォトギャラリーへ
5/31 釣り場情報 (ナマズ・コイ)
 定休日の本日夕方に店主が息子と2人で2時間半ほど野府川釣行してきました。 田植えの濁りの為に鯉は狙い難くかったですが、ナマズは良く釣れました。 ナマズは産卵の為に水路周辺に集まって来ているので、良いポイントを見つけると1か所で何尾もヒットしてきました。 今は鯉の滝昇りならぬナマズの水路昇りが見れる時期で、今日も水路の落ち込みでナマズが水路を昇るためにジャンプする姿を何度も見ました。 釣果は店主が75pクラスの鯉1尾と45〜60cmクラスのナマズ3尾、息子が75cmクラスと50pクラスの鯉2尾と45〜60cmクラスのナマズ4尾をヒットさせ、久しぶりに息子に負けました。 水量がややが多く風も強めだったので、ルアーはコイラバの3/32ozにロッククロー2inをセットしました。 フォトギャラリーのページに息子が釣った鯉の写真を掲載しておきました。 ⇒ フォトギャラリーへ
5/28 入鹿池釣果情
 愛知県犬山市の入鹿池にあるボート屋 「見晴茶屋」さん提供による釣果情報を更新しました。 今回は5尾・8尾という複数のバスがヒットしたという情報も入っており、バスの活性が上がっている様子です。

釣り場情報 (コイ・ナマズ)
 店主が今朝の開店前にに息子と野府川釣行してきました。 濁りがやや強くてサイトで魚を見付け難く、釣果の方は店主が鯉1尾・息子が二ゴイ1尾と少々寂しい結果でした。 ナマズはまだ群れたり水路に上り始めてはおらず、周辺にバラけている様子だった。 野府川周辺の農家は兼業農家が多い為に土・日曜日に田植えをを行う事が多く、その為に土曜の昼前から月曜日にかけて濁りが入り易くなります。 逆に専業農家が多い地域だと平日に作業をして土日はお休みされる事も多いので状況が変わり、この様な地域特性を知っておくと釣行前の作戦を立てるのに便利です。
5/26 釣り場情報 (ナマズ・雷魚)
 昨夕、佐藤さんが連日の五三川方面へ釣行し、一昨日トップでバスをヒットさせた野池に行きオリザラで60pクラスの雷魚1尾をヒット。 その後ポッパー系ルアーにチェンジして攻めるも、バイトはあればバスのヒットは無し。 暗くなる前に本流近くの水路へ移動し、お得意のスピナーベイトでグッドサイズのナマズ2尾をヒットさせて終了したそうです。 佐藤さんからナマズの写真を頂いたのでフォトギャラリーのページに掲載しておきました。 ⇒ フォトギャラリーへ

ロッド改造・ロッド修理情報
 グリップをセパレートからワンピースに変更し、バット部のエンブレムを剥がしてから新たなネームシールを貼り付ける改造をしました。 エンブレムシールの貼り換えは非常に手間な作業ですし、コーティング剤の硬化速度が速くなる夏場だと広範囲にコーティングを滑らかに施すのが難しくなります。 この為に凹凸が出来てしまったコーティングを研磨処理して対応しました。 写真はBASSリメイクのページに載せてあるので、興味のある方は御覧ください。  ⇒ ロッド改造・ロッド修理例の写真集
5/25 釣り場情報 (バス)
 昨日、佐藤さんが五三川方面へ釣行し、野池にてトップでバスをヒット。 五三川本流などをスピナーベイト・バズベイト・シャロークランクで攻めてみたが反応が無いので野池に移動し、トップウォーターのスパースプークにチェンジしたところ5バイトあり1尾をヒットしたそうです。 伺ったお話の内容からでは、アフターの回復バスがヒットし始めた様に感じました。 佐藤さんは最近ナマズばかり釣ってるので、釣りをなさる奥様から 「外道を釣ったの?」 と言われてしまったそうです。 佐藤さんから頂いた写真はフォトギャラリーのページに掲載してあります。 ⇒ フォトギャラリーへ
5/23 ロッド改造・ロッド修理情報
 先日サイトに載せた改造ロッドの中にACSリールシートが組み込まれたツララのロッドをPTSリールシートに変更した物を載せましたが、今回は逆のPTSリールシートのツララをACSリールシートに変更するという改造例があったので、その写真をBASSリメイクのページに載せました。 興味のある方は御覧ください。  ⇒ ロッド改造・ロッド修理例の写真集
5/21 入鹿池釣果情
 愛知県犬山市の入鹿池にあるボート屋 「見晴茶屋」さん提供による釣果情報を更新しました。 今回も50pUPのバスが連日照れているバス情報が入っています。 ヒットエリアは全てスポーニングエリアと言われる所ですね。

カスタムロッド情報 / ロッド改造・ロッド修理情報
 ゴールデンウィーク以降に作業したロッドの中から、カスタムロッド1本と改造ロッド4本の写真をカスタムロッド工房のページとBASSリメイクのページに載せましたので、興味のある方は御覧ください。 ⇒ カスタムロッド完成例写真集へ  ⇒ ロッド改造・ロッド修理例の写真集
 今回の改造ロッドには依頼者の方が十分に満足できないと言われたものも参考として載せてあります。 コルクグリップの切削加工・シェイプの仕上がりなのですが、これには悩まされる事が多いです・・・
5/19 釣り場情報 (コイ・ナマズ)
 ロッドの仕事が重なって入った為に釣りになかなか行けない店主が、17日の定休日に息子と野府川釣行してきました。 鯉の産卵は一段落した様子でハタキもあまり見かけないが、産卵疲れの為か喰いもイマイチだった。 バイトがあってもアタリが感じられなかったりフッキングが浅くバレる事も多く、店主愛用ルアーはコイラバ+ロッククローだが、アワセるとクローの爪だけ切れて無くなっている事も多い。 釣果の方は店主が鯉2尾・息子が二ゴイ2尾で、ナマズはバラシのみだった。 これから田植えが本格化する頃には鯉も産卵から回復して活性が上がり、ナマズも産卵で水路周りに大挙して来るので楽しみな季節になってきます。 鯉の滝登りならぬ「ナマズの水路登り」が起るのもこの頃なので、またユックリ観察してみたいものです。
5/15 入鹿池釣果情
 愛知県犬山市の入鹿池にあるボート屋 「見晴茶屋」さん提供による釣果情報を更新しました。 40pUP・50pUPのバス情報が連日入っています。
5/8 釣り場情報 (バス・コイ・ナマズ)
 昨日の早朝に岐阜県の西脇さんが五三川へ釣行し、下流部にて40pのバスをサターンワームのテキサスリグでヒット。 6時くらいになると人が増えて、釣り場はかなり賑わっていた様です。 西脇さんから送って頂いた写真はフォトギャラリーのページに掲載してあります。 ⇒ フォトギャラリーへ
 店主は5日・6日と開店前の1〜2時間だけ息子と野府川釣行しましたが、鯉は本格的に産卵のハタキに入ったので非常に釣り難く、ナマズも濁りで見つけ難かったです。 店主は何とか5日に鯉・ナマズ1尾づつ、6日に鯉1尾を釣り上げましたが、息子はリベンジ失敗。 毎度のコイラバ+ロッククローにバイトする個体は居るのだが食いが浅いです。 ジックリ粘ればかなりの確率で釣れるのだが、ハタキが一段落するまでは短時間勝負だとチョット難しいと感じました。
5/7 入鹿池釣果情
 愛知県犬山市の入鹿池にあるボート屋 「見晴茶屋」さん提供による釣果情報を更新しました。 今回は50アップのバス情報は1件ですが、連日40UPが釣れています。  ⇒ 入鹿池情報へ
5/4 釣り場情報 (バス・コイ)
 5月4日に店主の愛弟子の織田さんが、大学の釣りクラブの合宿先の合川ダムにて43cmと38pのバスをダウンショットリグで釣りあげたと写真を送ってくれました。 最近は学校が忙しいので店主と一緒に釣りに行っていませんが、腕を少しずつ上げてきている様子です。 送って頂いた写真はフォトギャラリーのページに掲載しました。 ⇒ フォトギャラリーへ
 今日の店主は久しぶりに息子と開店前に1時間半ほど野府川釣行。 相変わらず濁りがあるので鯉を見付け辛く狙い難いが、何とか65〜75cmクラスを3尾ヒット。 息子は2年ぶりのカープフィッシングだったので最初は全く調子が出ず、開店間際で切り上げる直前に1尾ヒットしたが痛恨のバラシ。 という事で、明日は息子とリベンジ釣行になりそうです。
5/3 釣り場情報 (バス)
 4月30日に岐阜県各務原市の伊藤さんがボートで琵琶湖南湖へ釣行し、浜大津沖にてクローワームのライトテキサスリグで60pのバスをヒット。 今年はスポーニングが遅れ様で、やっとデカいバスが釣れ始めているとの事でした。 伊藤さんからは写真を頂いているので、フォトギャラリーのページに掲載してあります。 ⇒ フォトギャラリーへ
5/2 釣り場情報 (コイ)
 昨日に引き続き、今朝も開店前に店主が野府川へ2時間ほどカープフィッシングしてきました。 そろそろナイターでナマズ狙いで釣りする人が増えた為か、鯉は朝から警戒心が強そうに感じた。 濁りが強く鯉を見つけ難いのでヒットは3尾のみで、しかもフック折れで1尾バラシたのでランディングしたのは2尾であったが、釣り上げた1尾はブリブリのプリスポーンカープでした。 サイズが89pでウェイトは何と10.8kgもあり、ランディングネットを持ち上げた際にはネットが破れるのではないかと思えた。 ルアーは毎度のコイラバ+ロッククロー2inで、水量があるのでコイラバのウェイトを3/32ozにし、濁りがあるのでロッククローのカラーはナチュラルさと視認性を兼ね備えたアボガドチャートを使用しました。 この鯉の写真はフォトギャラリーのページに掲載してあります。 ⇒ フォトギャラリーへ
 なお、何時も写真に写っている店主の使うランディングネットは、シーバス用のフレームで縦77p・横幅65pのサイズです。
5/1 釣り場情報 (コイ・ナマズ)
 今朝の開店前に店主が野府川へ1時間だけカープフィッシングしてきました。 まだ本格的ではありませんが、やっと鯉が産卵のハタキを始めた模様ですし、浅場ではやはり産卵のヘラブナがボール状になって群れていました。 田植え準備で水路に水を引き始めたので水量が増えてきているのですが、同時に冬の間に溜まった水路の汚れが一緒に流れ込んでくるので濁りがあます。 その為に喰い気のある鯉を見つけ難く、本日ヒットしたの70pクラス1尾のみでした。 ナマズはまだ水路の落ち込みなどには集まっていませんでしたが、鯉狙いでキャストしたコイラバ+ロッククローが着水すると同時にバイトがあり、ヒットには至らなかったが活性は高まっていると思われます。
カープフィッシングについて
 当店の店主はルアーフィッシングの底辺を広める為に、バス・トラウト・雷魚等の従来からのルアー対象魚以外の淡水魚を狙う事に力を注いでおり、その一つがコイです。 鯉釣りと言うと餌釣りのイメージが強いのですが、ルアーで十分狙える対象魚です。 ボイリー等の人工餌を使うヨーロッパスタイルの鯉釣りや、食パンで餌付けしてコ式なる仕掛けで狙うのも一種のルアー釣りとも言えますが、狭い意味でのルアーフィッシングとは言えないと思います。 当方ではプラグやワーム・ジグで狙うという釣り方でルアー対象魚を広めたいと思い、コイのルアー釣りをルアー・カープフィッシングと称し、当サイトにページを作りました。 興味のある方は御覧下さい。
⇒ ルアー・カープフィッシングへ
  
店主の前立腺癌治療記
 釣りには関係無いのですが、店主は健康診断からの精密検査で前立腺癌の告知をされ、2015年に小線原療法という放射線治療を受けました。 医師からは間違いなく根治すると言われておりますが、前立腺癌は将来的に日本人男子の癌の発症率1位になると言われておりますので読者の皆様にも関係してくる事があるかもしれません。 早期発見と正しい治療を行えば治療による後遺症も心配せずに根治可能ですが、逆に治療法を間違えると失禁などの後遺症の心配や再発の可能性も高くなるので、治療法の選択は重要です。 そこで店主が経験した前立腺癌治療を記したページを作成しました。 もし気になる方が居られるならば、一度御覧ください。
⇒ 店主の前立腺癌治療記へ
  
 

ご挨拶
             

当店は、1990年に愛知県一宮市(旧・尾西市内)にオープンしたルアー専門の釣具店です。                               
ルアー・フィッシング歴40年以上のオーナーはトップウォーター大好きの元JBプロで、トラウト・シーバスの釣りやアウトドアの経験も豊富。
御要望によりフィッシングレクチャーガイドの他、キャスティングレッスンや講習会も実施致します。                         
      遠方の方も名古屋近郊におこしの際は、ぜひお立ち寄り下さい。                                                   

商品を売るだけの釣具屋ではなく、ロッド・リールの修理・改造はむろん、カスタム・ロッドの製作までOKのルアー・プロショップです。    

※ サイトの内容に関するお問い合わせはTel/Faxかメールでどうぞ。                                               
Eメールでお問い合わせの場合は、メールがウィルスに感染していると自動削除されていまう場合があります。                 
また、返答で送ったメールが「迷子」になり届かない例もあるので、1〜2週間経過しても返答がない場合はTel等で確認して下さい。    

NEWS の バックナンバー

NEWSスペシャル

HOME

copyright : bassstop
creator : aj design

BASS STOP 〒494−0001 愛知県一宮市開明字杁西郭39−2  
tel/fax 0586-45-8128 mail bassstop@orihime.ne.jp

 
MENU
店舗情報
ロッド改造・修理
カスタムロッド
レクチャーガイド
コラム