オーナーってこんな人 店舗情報 フィッシングガイドの詳細(店主が同行します) ロッドの修理・改造・製造の詳細 フィッシングギア(釣具)の紹介 リンク
 

 


サービス : 改造・修理 CustomRod Guide
店舗情報 : Shop Access SiteMap
 


あなたは アクセスカウンタ 人目のお客様です。
 
 
DATE
 NEWS             
2/25 ロッド改造・ロッド修理情報
 三重県の方からの依頼でメガバス社F5-76XノーチラスのEVAセパレートグリップを、シェイプしたコルク製ワンピースグリップへと改造した物の写真を、BASSリメイクのページに載せました。 最近はセパレートグリップの市販ロッドが多い為に、以前と異なってワンピースグリップへの改造依頼が増えていると感じます。 今回も剥がし難い接着剤の問題がありましたが、それに加えてエンドキャップの構造の問題で分解作業に苦労しまし。 ⇒ ロッド改造・ロッド修理例の写真集

釣り場情報 (コイ)
 昨日の定休日の昼前に、2時間ほど店主が野府川カープ釣行してきました。 水温が低い為に魚は深みや暖かい排水のある場所で動かず群れになっており、先日の雨の影響もあってか水が白っぽく濁っているので魚を発見し難い状況でした。 前半戦は50pクラスの二ゴイ1尾のみで鯉はノーバイトだったが、後半戦になって70pクラスの鯉を2尾ヒットさせれた。 釣れた場所は浅くてやや流れの強いエリアなので、先日まで多用した1/32ozではなく1/16ozのコイラバにロッククロー2inをセットして使用しました。 早春のバス釣りでもドシャローで活性の高いナイスフィッシュが釣れるが、そんなエリアには厳しい条件をものともしない活性の高い個体しか居ないという事であり、絶対数は少なくとも居れば活性の高い釣りやすい魚であるという事ではバスも鯉も同じだと言えます。 どんな魚を釣っても勉強になるので、皆さんにはいつも狙っているのと異なる魚種を狙って釣りをする事にもチャレンジしてほしいですね。
2/20 ロッド改造・ロッド修理情報
 茨木県の方からの依頼でジャッカル社ネロのEVAセパレートグリップを、オリムピック社のヌーヴヴィゴーレ風のシェイプされたコルク製ワンピースグリップへと改造した物の写真を、BASSリメイクのページに載せました。 基本的には難しくない筈の作業なのですが、使われていた接着剤が中国などで製造されたロッドに使われているタイプで、これが非常に剥がし難いので困りました。 最近はこの接着剤が使われているロッドが多くなっているので、分解作業に苦労する事も多くなっています。 ⇒ ロッド改造・ロッド修理例の写真集

入鹿池釣果情
 愛知県犬山市の入鹿池にあるボート屋 「見晴茶屋」さん提供による釣果情報を更新しましたが、今回もバス情報は入っていません。 ワカサギの方は18日にボート屋さんの目の前のポイントで700尾・800尾台の釣果が出ている等、連日好調の様です。  ⇒ 入鹿池情報へ
2/19 商品情報
 へドンのクレージークローラーやアーボガストのジョインテッドジッターバグ等のルアーが若干入荷しました。 先日プラドコ系アメリカンルアーを色々と発注したのですが、輸入メーカーの国内在庫が少ないので入荷待ち商品ばかりで困りますね。 もっと困るのは価格で、プラドコ側の値上げ+円安・ドル高の影響でかなり価格が上がってきています。 昔は輸入ルアーの方が高いのが当然だったのですが、いつ頃からか国産ルアーが高級品で輸入ルアーの方が安物とされる風潮が生まれました。 現在は輸入ルアーの実力が再認識されてきたのですが、そのタイミングでの値上がりはチョットお客様に申し訳ないと思います。 メーカーの担当曰く 「今後は値上がりしても値下げする要素がないです」 とに事なので、値上がり前に仕入れた商品も在りますから、消耗が激しい機種のルアーは値上がり前に購入してストックしておくと良いでしょう。

店主の独り言
 昨日、名古屋のフィッシングイベントであるキープキャストを観に行ってきました。 運営側による新しい企画なのかイベントの趣旨が変化してきたのか、ルアーフィッシングショーと言うよりルアーメーカーによる展示即売会の様相であった。 買い物客が列をなして囲む様に並ぶブースでは中に入り難く、店主は大阪のフィッシングショーで観損なった分を観たかったのだが思う様に出来ませんでした。 ブースのスタッフが 「最後尾はこちら」 の看板を持って 「お一人様一回限りです」 と叫ぶ姿は、以前に大阪のフィッシングショーでの即売会用別会場で見た事があるが、メイン会場では初めての事であった。 特定のグッズを入手したい人には良いイベントかもしれませんが、店主は同行者と共に早々と退散してきてしまった。 今年は期待したメーカーが出店していなかったり、来年は出店を見合わせると担当が言っているメーカーもあったが、東京・大阪のフィッシングショーとは趣旨の異なるイベントとして捉える事にしましょう。 
2/14 釣り場情報 (バス)
 サイトネーム「クレヨンしんちゃん」が またも今朝早く午前3時台に岐阜県大垣市の野池へ釣行。 今回はシャロークランクのアスカ50で27pの小型バス1尾をヒット。 気温は1℃と人間にはチョット辛い条件だが、水温は9℃でバスが捕食活動する最低ラインの6℃は越えている様だ。 今朝、店主が所用で5時頃に外出した際には雪がチラついて水溜まりに薄氷が張る気象条件だった。 店主は気温マイナス27℃でダイヤモンドダストが起こる条件のダム湖でイワナ釣りをした経験等があるのだが、それでも 「冬の真っ暗な夜明け前に何を好き好んで・・・、よくやりますねぇ!」 と感心したくなる。 「クレヨンしんちゃん」からは今回も写真を頂いたのでフォトギャラリーのページに掲載しました。 ⇒ フォトギャラリーへ
2/13 入鹿池釣果情
 愛知県犬山市の入鹿池にあるボート屋 「見晴茶屋」さん提供による釣果情報を更新しましたが、残念ながら今回もバス情報は入っていません。 ワカサギの方は冷え込みがピークとなった為に深いエリアが良くなり、灯台周辺をメインにボート桟橋付近でも釣れる様になっています。 タナが深いと仕掛けの送り込みに時間がかかるので数釣りには効率が悪くなりますが、ポイントがボート屋さんから近くなるので移動は楽になります。 遠いポイントだとトイレに困る事(特に女性や子供)がありますが、ボート屋さんの目の前がポイントならば安心です。 十分な寒さ対策をしておけばファミリーで楽しめますね。
2/11 釣り場情報 (バス)
 今朝早くと言うべきか昨晩の深夜と言うべきか、午前2〜3時台にサイトネーム「クレヨンしんちゃん」が岐阜県大垣市の野池へ釣行。 23p・25pと小型ながらシャロークランクのアスカ60で2尾のバスをヒット。 大雪警報が出ている冷え込んが夜という状況なのですが、寒さに弱い小型バスがシャロークランクにヒットするとは少々驚きですね。 ただ雪の降る前や降り始めはバスの活性が上がり易いとは昔から言われます。 何故かは久しぶりにワンポイントアドバイスに書いておきます。  「クレヨンしんちゃん」から頂いたバスの写真はフォトギャラリーのページに掲載しておきます。 ⇒ フォトギャラリーへ

ワンポイントアドバイス
 「雪降りにバスが良く釣れる」と題してワンポイントアドバスのVol.54を書きました。 興味ある方は一度読んでみてください。 ⇒ ワンポイントアドバイスへ

商品情報
 欠品していたコイラバUの1/16ozを巻き上げ、減っていた他のサイズもロッド作業が一段落したので巻いて補充しました。 今回はワームキーパーを従来のワイヤータイプではなく、スレッドをコブ状に巻き上げて接着剤で固めたタイプにしました。 ワームがズレた時やカラーチェンジで取り外す際にワイヤータイプだとワームが裂けてしまう事が多いのですが、コブ状のワームキーパーはホールド力は劣るもののワームが裂け難いです。 2年間テストして実用的に問題を感じないので今回から採用する事にしました。
 最近買い付けた商品も少しずつ入荷しています。 特に変わった物は入荷していませんが、珍しい物としては今は販売されていないゲーリーの4inグラブと5inスーパーグラブの20本パックが少し入っています。 ゲーリーの20本パックは値段が高いのですが10本パックと比較するとかなりお得です。 今は使う人が少ないみたいですが、一世を風靡したルアーやワームの実力は侮れません。
2/9 お知らせ
 昨日からホームページの表示に関してチョット問題が起きてしまいました。 インターネットエクスプローラーを使って御覧になっている方には問題ないのですが、グーグルを使って当ホームページを見ると以前と字体が変わってしまったのです。 文字の大きさや行間等も少し変った事で、全体的に文字配列のバランスが少し狂ってしまったのです。 グーグルをお使いになって当ホームページをご覧になられているお客さまには少し変な画面とお感じになられる部分があるかもしれませんが、文字自体は読みやすい文字ですし、まだ詳しい原因と対策が判明しませんので御容赦ください。 
2/5 入鹿池釣果情
 愛知県犬山市の入鹿池にあるボート屋 「見晴茶屋」さん提供による釣果情報を更新しました。 残念ながら今回もバス情報が入っていませんが、2月はバスが最も釣り難い時期なのでやむを得ませんね。 対してワカサギの方は好調で、毎日ではないにせよ400尾・500尾・600尾台の釣果情報が入っています。
2/1 釣り場情報 (バス・コイ)
 28日の土曜日に安井さんが琵琶湖へナイターの陸っパリ釣行。 最初は北湖西岸を攻めたが不調の為、南湖へ移動して東岸の木ノ浜ヘ移動しての1投目で49p・2065gで体高のあるグッドサイズのバスをヒット。 ルアーはファットラボのネコソギD.SRとの事です。
 本日の定休日も昼前後3時間ほどに店主が野府川カープ釣行してきました。 気温は低いのですが前日までが暖かかったので水温が高い様で、魚の活性は高めであった。 バイトしても食い込まない事や、アタリをまるで感じないバイトもあるので苦労はしま、したがコイラバR1/32oz+ロッククロー2inを用いて80cm・7.3kgを頭に70cmクラスを合わせて3尾の鯉と、オマケに60cmクラスの二ゴイ1尾をヒットさせれました。
 安井さんから頂いたバス写真と、店主が釣った80p台の鯉の鯉の写真はフォトギャラリーのページに掲載してあります。 ⇒ フォトギャラリーへ
1/30 入鹿池釣果情
 愛知県犬山市の入鹿池にあるボート屋 「見晴茶屋」さん提供による釣果情報を更新しました。 残念ながら今回はバス情報が入っていません。  ワカサギの方は29日に700尾オーバーの方がお二人と、600尾オーバーお一人おられるの情報が入っています。
1/26 ロッド改造・ロッド修理情報
 岐阜県の方からの依頼でメガバスのベイトタイプのパックロッドHYUGA66-6MLロッドをコルクグリップのスピニングへと改造した物の写真を、BASSリメイクのページに載せました。 スピニングロッドをベイトロッドに改造して欲しいと言う依頼は多いのですが、その逆の依頼はやや珍しいです。 十数年前にミディアムクラスのベイト用ブランクで作ったスピニングロッドと丈夫なラインを用いてカバー攻めるパワーフィネスと言う釣り方が流行った頃は多かったのですが、最近は少ないですね。 ⇒ ロッド改造・ロッド修理例の写真集
1/25 釣り場情報 (ナマズ)
 定休日である本日の午前中に2時間ほどに店主が野府川釣行してきました。 朝の最低気温が氷点下まで下がっているので岸辺の水溜まりには薄氷が張っており、日陰の霜は気温が上がる10時過ぎでも解けていなかった。 然程の水深がある釣り場ではないが濁りがある上に深みのボトムに張り付いているので、好調の先週とは真逆の状態でバイト云々以前にサイトで全く鯉を見つける事ができない。 前半戦の1時間で約1q釣り歩いたが僅か5〜6尾にアプローチできただけで、当然の様にノーバイト。 後半戦の午前11時過ぎにやっと鯉が動き始めたが喰い気はまるでない。 そんな状況の中、浅場の枯れウィードの際に頭を突っ込んでモソモソ動いているナマズを発見。 この時期にしてはアクティブな感じだったのでコイラバ1/32oz+ロッククロー2inで狙ってみると、コツンと明確なアタリで今年の初ナマズ60pクラスがヒットした。 冬場でも温排水が流入する深みのあるエリア等であればナマズを狙う事は可能ですが、水深1m未満の冷たい河川においてサイトで釣れるのは珍しいと思います。 釣れたナマズの写真はフォトギャラリーのページに掲載してあります。 ⇒ フォトギャラリーへ
1/22 入鹿池釣果情
 愛知県犬山市の入鹿池にあるボート屋 「見晴茶屋」さん提供による釣果情報を更新しました。 バス情報は1件だけですが、メタルバイブレーションで40pアップが釣れています。  ワカサギの方は本日22日に600尾オーバーの方がお二人おられるの情報が入っています。
1/18 釣り場情報 (コイ)
 本日の定休日の昼前後3時間ほどに店主が野府川カープ釣行してきました。 大寒波による雪がまだ所々に残っており、雪解け水による水温低下で厳しい状況が予想されました。 ところが開始して10分足らずで70p・5.2kgがヒットしたのを皮切りに7尾ヒットさせ、60pクラスから最大75cm・6.7kgまでをコイラバR1/32oz+ロッククロー2inを用いて5尾ゲット。 どうやら朝から風もなく良く晴れて気温が上がったので、水温も早めに上がったからの様です。 最初にヒットした70pの鯉の写真を雪の上で撮ってフォトギャラリーのページに掲載しておきました。 ⇒ フォトギャラリーへ
1/16 入鹿池釣果情
 愛知県犬山市の入鹿池にあるボート屋 「見晴茶屋」さん提供による釣果情報を更新しました。 さすがにバス情報は2件だけですが、50pアップの情報が入っています。  ワカサギの方は今回も300尾・400尾の情報が入っていますが、平均的サイズ・数はに前回の情報と変わりありません。  ⇒ 入鹿池情報へ
1/15 ロッド改造・ロッド修理情報
 兵庫県の方からの依頼でシマノのスコーピオンXTのEVAグリップをコルクグリップへと改造したものと、東京都の方からの依頼でトップが折れた位置にトップガイドを取り付ける修理してあるダイワのハートランドZ疾風七弐をワンピースから2ピースロッドへと改造したものの写真を、BASSリメイクのページに載せました。 興味にある方はご覧ください。 ⇒ ロッド改造・ロッド修理例の写真集
1/11 釣り場情報 (コイ)
 本日の定休日の午後から3時間ほど、店主が今年初の野府川カープ釣行してきました。 この冬一番の寒波が来ており、朝から冷たい雨がパラつくという釣りには辛い状況で、おまけに数日前に痛めた腰の具合が良くないので少々苦労しました。 水温低下の上に白っぽい濁りが入っているので、喰いが渋い上に喰い気のありそうな鯉を見つけ難い状況でした。 1時間ほどはノーバイトでしたが、中盤戦に入って今年初の70cm・7.3kgの腹ポテ鯉をヒット。 今回使用したルアーはコイラバRの1/32ozとロッククロー2inで、その後は65cmクラスと70cmクラスを1尾ずつヒットさせて3尾の釣果となりました。 店主が釣った今年初の鯉の写真はフォトギャラリーのページに掲載してあります。 ⇒ フォトギャラリーへ

入鹿池釣果情
 愛知県犬山市の入鹿池にあるボート屋 「見晴茶屋」さん提供による釣果情報を更新しました。 バス情報はビックサイズではないですが2件入っています。  ワカサギは300尾・400尾の情報が再び入る様になり、サイズ・数ともに良くなっている様です。
1/7 釣り場情報 (バス)
 1月4日に愛知県の安井さんが琵琶湖の北湖西岸で今年初の陸っパリ釣行し、50p・2115gのバスをヒット。 ビックベイトの中層引きにヒットしたそうです。 写真を頂いたのでフォトギャラリーのページに載せました。 ⇒ フォトギャラリーへ
1/4 御挨拶
 昨日から本年の営業を開始し、今年1番目の仕事は昨日の開店と同時に来られた方が持ち込まれたロッド2本の修理改造でした。 「翌日使いたい」(つまり本日)という事なので、ガイド3ヶ所の修理・割れたコルクグリップの修理、リヤグリップとバットキャップの改造を夕方までに済ませてお渡ししました。 大急ぎで作業したので写真を撮り忘れましたが、今年も早くて丁寧なロッド作業を心掛けますので、どうぞよろしくお願い致します。

入鹿池釣果情
 愛知県犬山市の入鹿池にあるボート屋 「見晴茶屋」さん提供による釣果情報を更新しました。 年末の情報ですが、まだバス情報が2件入っています。  ワカサギの釣れているポイントはまだボート屋から遠いエリアで、サイズ・数ともに少々伸び悩み状態の様です。

釣り場情報 (バス・管理釣り場トラウト)
 年末に<あだ名>クレヨンシンちゃんが五三川へ釣行し、スピナーベイト等で41pと33pのバスをヒット。 バイト数は少ないそうですが、それでも結構釣れている様子です。 頂いた写真はフォトギャラリーのページに載せてあります。 ⇒ フォトギャラリーへ
 店主は2日に昔からの常連客数人と毎年恒例の管理釣り場マス釣り釣行してきました。 今年は例年利用していた魚の里杉島やひょうたん湖ではなく、初めて美濃フィッシングエリアを利用しました。 ポンドの面積に対して釣り人が多かったので少々釣り難くい上に魚の活性もイマイチで、店主は半日で7尾ヒットさせて5尾ランディングしたのみだった。 同行お客様の釣果もイマイチなので昼過ぎには切り上げ、帰り道中の長良川の河原でお客様が準備した焼き肉を焼いて楽しんでから帰りました。
カープフィッシングについて
 当店の店主はルアーフィッシングの底辺を広める為に、バス・トラウト・雷魚等の従来からのルアー対象魚以外の淡水魚を狙う事に力を注いでおり、その一つがコイです。 鯉釣りと言うと餌釣りのイメージが強いのですが、ルアーで十分狙える対象魚です。 ボイリー等の人工餌を使うヨーロッパスタイルの鯉釣りや、食パンで餌付けしてコ式なる仕掛けで狙うのも一種のルアー釣りとも言えますが、狭い意味でのルアーフィッシングとは言えないと思います。 当方ではプラグやワーム・ジグで狙うという釣り方でルアー対象魚を広めたいと思い、コイのルアー釣りをルアー・カープフィッシングと称し、当サイトにページを作りました。 興味のある方は御覧下さい。
⇒ ルアー・カープフィッシングへ
  
店主の前立腺癌治療記
 釣りには関係無いのですが、店主は健康診断からの精密検査で前立腺癌の告知をされ、2015年に小線原療法という放射線治療を受けました。 医師からは間違いなく根治すると言われておりますが、前立腺癌は将来的に日本人男子の癌の発症率1位になると言われておりますので読者の皆様にも関係してくる事があるかもしれません。 早期発見と正しい治療を行えば治療による後遺症も心配せずに根治可能ですが、逆に治療法を間違えると失禁などの後遺症の心配や再発の可能性も高くなるので、治療法の選択は重要です。 そこで店主が経験した前立腺癌治療を記したページを作成しました。 もし気になる方が居られるならば、一度御覧ください。
⇒ 店主の前立腺癌治療記へ
  
 

ご挨拶
             

当店は、1990年に愛知県一宮市(旧・尾西市内)にオープンしたルアー専門の釣具店です。                               
ルアー・フィッシング歴40年以上のオーナーはトップウォーター大好きの元JBプロで、トラウト・シーバスの釣りやアウトドアの経験も豊富。
御要望によりフィッシングレクチャーガイドの他、キャスティングレッスンや講習会も実施致します。                         
      遠方の方も名古屋近郊におこしの際は、ぜひお立ち寄り下さい。                                                   

商品を売るだけの釣具屋ではなく、ロッド・リールの修理・改造はむろん、カスタム・ロッドの製作までOKのルアー・プロショップです。    

※ サイトの内容に関するお問い合わせはTel/Faxかメールでどうぞ。                                               
Eメールでお問い合わせの場合は、メールがウィルスに感染していると自動削除されていまう場合があります。                 
また、返答で送ったメールが「迷子」になり届かない例もあるので、1〜2週間経過しても返答がない場合はTel等で確認して下さい。    

NEWS の バックナンバー

NEWSスペシャル

HOME

copyright : bassstop
creator : aj design

BASS STOP 〒494−0001 愛知県一宮市開明字杁西郭39−2  
tel/fax 0586-45-8128 mail bassstop@orihime.ne.jp

 
MENU
店舗情報
ロッド改造・修理
カスタムロッド
レクチャーガイド
コラム