オーナーってこんな人 店舗情報 フィッシングガイドの詳細(店主が同行します) ロッドの修理・改造・製造の詳細 フィッシングギア(釣具)の紹介 リンク
 

 


サービス : 改造・修理 CustomRod Guide
店舗情報 : Shop Access SiteMap
 


あなたは アクセスカウンタ 人目のお客様です。
 
 
DATE
 NEWS                
1/24 入鹿池釣果情報 (バス ・ ワカサギ)
 愛知県犬山市の入鹿池にあるボート屋「見晴茶屋」さん提供による釣果情報を更新しました。 バス情報は2件あり、19日に46cm、20日に55cmが釣れています。 ワカサギは300〜700尾台が通称「火の用心」沖で釣れており、ボート屋さんに近い場所なのでポイントまでの移動が楽になっています。 ⇒ 入鹿池情報へ
1/17 入鹿池釣果情報 (バス ・ ワカサギ)
 愛知県犬山市の入鹿池にあるボート屋「見晴茶屋」さん提供による釣果情報を更新しました。 バス情報は3件あり、12日に45〜56cmを5尾、15日に51cm、16日に57cmが釣れています。 ワカサギは200〜400尾台が釣れており、全て明治村の品川灯台付近です。
1/14 ロッドの改造・ロッドの修理情報と、カスタムロッド情報
 栃木県の方からの依頼でダイワのハートランド白疾風の修理改造をした物と、柳龍のグリップを作り直した改造例の写真をBASSリメイクのページに載せました。 ⇒ ロッド改造・ロッド修理例の写真集へ パーツのみのカスタム製造販売はお断りしていたのですが、試験的に特注のエンドキャップのみを作成販売したので参考としてカスタムロッド工房のページに載せてみました。 ⇒ カスタムロッド完成例写真集へ

店主の独り言
 各県が国からの緊急事態宣言の指定を受けようとしてますね・・・。 先日TouTubeで高橋洋一さんのチャンネルを見ていたのですが、コロナ対策用の補正予算が通ったから各県が時短する飲食店への協力金として国からの援助を貰う為に緊急事態の指定を要請、国も予算があるから要請を受け入れていると言うような内容だったと記憶している。 予算が底をつけば国からの補助が無くなってしまうので、その前にと我も々々と各県が緊急事態宣言の指定を受けようとしているのではないかと思えてしまうのだが、これは下衆の勘繰りか? 感染率や死亡率もインフルエンザより低いから感染症分類を2類から5類に落とせば医療崩壊など起こり得ないという話もあるのだが、実際どうなのか詳細で明確な情報をニュースで流して欲しいものだ。 自分の周りで緊急性を感じないだけなのかもしれないが、マスコミのニュースやワイドショーが過剰に危険性・緊急性を煽っている様に感ずるので、自治体がそれに踊らされている様にも思えるのだが・・・。
 どちらにせよ緊急事態宣言が出ると再び県を跨いでの移動自粛にもなりかねないので、釣りに行くのにも影響が出るので困りますね。 混雑した釣り公園・管理釣り場・乗り合い船等でもない限り、屋外の釣り場で中共コロナウィルスに感染する確率は殆ど無いと店主は考えているので、弁当持参で近隣の湖沼・河川・沿岸等にて釣りをするのは何ら問題ないと思っている。 生息域が限られる魚種を狙う場合は無理があるが、単に釣りを楽しむだけなら店主の様に近所の小河川で鯉などを狙えば十分でしょう。 バス釣りしかしてない方でも良いキャスト練習と大物とのファイトのトレーニングになって良いですよ!
1/13 釣場情報 (カープ)
 定休日の本日、店主が午後から野府川でルアーカープフィッシングをしてきました。 今日も前回と同じく55〜70pクラスの鯉を5尾の釣果でした。 低水温下では喰い込みが悪くアタリがハッキリ出ないので、魚の動きを見てバイトしたと思えたら聞きアワセをし、重さを感じてかららフッキングをしないと釣れない。 あまり走らないのでファイトはイマイチだが、越冬のためにデップリとした魚体は重くロッドを支える腕が痛くなります。 今回もルアーはコイラバU1/16oz+ロッククロー2inで、ロスト無しで5尾を釣り上げたのですが、ラストのヒットでラインブレイクして終了しました。
1/12 店主の独り言
 環境問題・地球温暖化が叫ばれ、欧州だけでなく日本でも自動車を完全に電動にする動きがあるが、私は疑問に思えてならない。 ここ数日の寒波の影響で電力不足となり、各電力会社や行政は家庭での節電を要求している。 その様な状況下で大雪によって何百・何千台もの車が立ち往生となって救助要請が出され、自衛隊までもが出動するニュースが流れている。 雪に閉じ込められている間はエンジンをかけてエアコン・ヒーターを作動させれば暖をとれる。 万一ガス欠になってもガソリン・軽油を携行缶で運んでもらえれば凍える事はない。 だが、これが全て電気自動車だったらどうなるのか? 電気は携行缶では運べない。 電源車を用意しても雪で立ち往生している現場には容易く行く事は不可能だし、到達しても充電できる台数は限られた上に時間が掛かる。 近くの電柱から電気を取ろうにも電圧が違ったりするし、また大雪の中でどうやって配線するのか? とりあえず人だけでも救助する事になっても、一晩で1m積もる雪の中を一般人が歩けるのか? 屈強な自衛隊員が負ぶっても人数に限りがあるし時間もかかり、悪天候の中ではヘリコプターも飛べない。 最悪の場合はバッテリーが上がった電気自動車内に閉じ込められた多くの人が凍死する可能性もある。 その様な悲劇が回避されても、動けなくなって道路を封鎖している電気自動車を移動させなければ通行できなくて物流・経済へのダメージは大きいし、移動させれてもそれだけ多くの自動車を充電するスペースはあるのか? それも電力不足が起きている中で・・・。 状況は異なるが同じような問題はインフラが整備されていない発展途上国や災害時に復旧が遅れ易い地域でも起こる。 つまり完全なる電気自動車化と言う発想は、十分にインフラが整備された環境下で悠々暮らしている金持ちの考え方と思える。 原発・火力・低周波問題のある風力発電・土地の荒廃を招く大規模太陽光発電などは遠く離れた地方に設置させ、自分たちは周囲に排気ガスのない綺麗な環境で生活したいという我欲が見え隠れする様に感じるのは私だけだろうか?
1/10 入鹿池釣果情報 (バス ・ ワカサギ)
 愛知県犬山市の入鹿池にあるボート屋「見晴茶屋」さん提供による釣果情報を更新しました。 バス情報は1件のみですが、3日に取水塔裏で40pが釣れています。 ワカサギは300尾台の情報が多く、5日には400尾超えの情報が1件あります。
1/3 入鹿池釣果情報 (バス ・ ワカサギ)
 愛知県犬山市の入鹿池にあるボート屋「見晴茶屋」さん提供による釣果情報を更新しました。 バス情報は2件あり、年末の23日に50〜53pが4尾ヒットという爆釣情報が入っています。 ワカサギは200〜400尾台の情報が多いですが、1月3日には600尾の情報があります。

釣場情報 (カープ)
 昨日、店主が野府川で初釣りをしてきました。 例年は常連客さん達と管理釣り場のマス釣りに出かけるのですが、今年はコロナ(中共ウィルスによる武漢肺炎)予防の為に中止したので、一人で野府川釣行となりました。 正月寒波の影響で水温が下がり、企業が休みの為に工場からの温排水流入は無い上に小雨もパラつく天候なので水温が上昇する要素ゼロという悪条件でした。 それでも少しでも水温が上がる可能性がある午後2時過ぎに出かけたところ、僅か10分で65pクラスの初物カープがコイラバU1/16oz+ロッククロー2inにヒット。 その後2時間で1km区間を1往復し、トータルで55〜70pの鯉5尾の釣果でした。 昨年悪化させた腕の腱鞘炎が酷くなると困るので、もう少し釣りたい気持ちを抑えて納竿しましたが、十分に楽しめ良い初釣りでした。 釣り歩くスタイルでの釣行は、集・近・閉(シュウ・キン・ペイ)という3密状態にならないので良いですね! 今年の初物カープの写真はフォトギャラリーのページに載せておりました。 ⇒ フォトギャラリーへ
1/1 謹賀新年
 元日・2日は休業し、3日から営業致します。 但し5日までは午後7時に閉店させて頂きます。
12/29 フォトギャラリー
 2月にカスタムロッドを当店で作られた沖縄県の方が、そのロッドで釣り上げたGTの写真を送ってくださり、今年1年良い魚に出会えたと嬉しい報告が添えられていました。 それにしても陸っパリでGTが釣れるなんて沖縄とは凄い所なんですね! 岐阜県の岩田さんからは、5か月ぶりの野府川釣行で2日連続鯉を釣り上げて写真を送ってくださいました。 お二人からお送り頂いた写真をフォトギャラリーのページに載せしたので、どうぞご覧ください。 ⇒ フォトギャラリーへ
12/23 釣場情報 (コイ・ナマズ)
 本日の定休日に、店主が野府川へ釣行してきました。 釣果は60〜70pクラスの鯉を3尾と、50pクラスのニゴイ1尾でした。 このところ冷え込んだので釣場の状況確認の為に久々に釣行し、水温の上がる午後1時位から2q区間を往復してきました。 前半の往路は鯉の反応が極めて悪く、ナマズはコイラバを見ると逃げて行ってしまい、釣れたのはニゴイのみ。 陽が傾きだした3時過ぎからの復路は、水温が上がり切っているので魚の反応が明らかに異なり、毎度のコイラバ+ロッククロー2inに鯉が5尾ヒット。 だが、この時期は喰い込みが浅いので2尾バラシてしまった。 今年最後の釣行となりそうだが、冬期は水温上昇のタイミングと、確実に喰わせてからフッキングさせるタイミングの重要さを再認識させられる日でした。
12/20 店主の独り言
 9月に入った頃から今月の前半までは仕事が極めて暇で大赤字状態だったが、年末が近づいてから急に忙しくなった。 お客様方にもバイオリズムがある為なのか、メールによる問い合わせが異常な程に集中している。 しかも難しい内容の要望が多いので工法を考えてパーツを選択し、それを説明して見積もり計算をする事に時間を取られてしまう。 肝心の作業が遅れたり、お問い合わせへの返信が遅れる事もあり、ここ1〜2週間位は毎晩寝るのが午前2時を過ぎているので老体には堪えますワ。 もう少し平均的に仕事が入ってくれると有難いのですが、世の中なかなか自分の都合よく回らなものだと感ずる今日この頃です。

入鹿池釣果情報 (バス ・ ワカサギ)
 愛知県犬山市の入鹿池にあるボート屋「見晴茶屋」さん提供による釣果情報を更新しました。 バス情報は2件あり、19日には50pが釣れています。 ワカサギは連日200〜400尾台の情報が入っており、サイズが小さい6p位の当歳魚も釣れ出しています。
12/13 入鹿池釣果情報 (バス ・ ワカサギ)
 愛知県犬山市の入鹿池にあるボート屋「見晴茶屋」さん提供による釣果情報を更新しました。 バス情報は3件あり、10日には53pが釣れています。 ワカサギは連日200〜300尾台の情報が入っており、釣果が安定し始めている様です。
12/7 入鹿池釣果情報 (バス ・ ワカサギ)
 愛知県犬山市の入鹿池にあるボート屋「見晴茶屋」さん提供による釣果情報を更新しました。 バス情報は3件で、5日には30〜40p台を4尾ヒットしたという情報が入っています。 ワカサギは4日・5日だけですが300〜500尾台の情報が入っています。 実は店主が2日に行ったのですが、この時は100尾しか釣れませんでしたので、まだ日によって釣果にムラがある様ですね。
    
カープフィッシングについて
 当店の店主はルアーフィッシングを多くに人に広める為に、バス・トラウト・雷魚等の従来からのルアー対象魚以外の淡水魚を狙う事に力を注いでおり、その一つがコイです。 鯉釣りと言うと餌釣りのイメージが強いのですが、ルアーで十分狙える対象魚です。 食パンで餌付けしてコ式なる仕掛けで狙うのも一種のルアー釣りとも言えるのですが、狭い意味でのルアーフィッシングとは言えないと思います。 当方ではプラグやワーム・ジグで狙うという釣り方でルアー対象魚を広めたいと思い、コイのルアー釣りをルアー・カープフィッシングと称して当サイトにページを作りました。 スモールラバージグを用いる釣り方ですが興味のある方は御覧下さい。
⇒ ルアー・カープフィッシングへ
  
店主の前立腺癌治療記
 釣りには関係無い事なのですが、店主は健康診断からの精密検査で前立腺癌である告知をされ、2015年に小線原療法という放射線治療を受けました。 医師からは間違いなく根治すると言われておりますが、前立腺癌は将来的に日本人男子の癌の発症率1位になると言われておりますので、読者の皆様にも関係してくる事があるかもしれません。 早期発見と正しい治療を行えば治療による後遺症も心配せずに根治可能ですが、逆に治療法を間違えると失禁などの後遺症の心配や再発の可能性も高くなるので、最初の治療法の選択は非常に重要です。 そこで店主が経験した前立腺癌治療を記したページを作成しました。 もしチョット気になる方が居られるならば、一度御覧ください。
⇒ 店主の前立腺癌治療記へ
  
 

                       ご挨拶
               

 ※ 当店は、1990年に愛知県一宮市 (旧・尾西市内) にオープンしたルアー・プロショップです。
 日本全国の方からの御依頼でカスタムロッドの制作・ロッドの改造・ロッドの修理・リールのメンテナンスをお請けしています。
 ルアー・フィッシング歴47年以上のオーナーはトップウォーター大好きの元JBプロで、トラウト・シーバスの釣りやアウトドアの経験も豊富。
 遠方の方も名古屋近郊におこしの際は、ぜひお立ち寄り下さい。 

 御要望によりフィッシングレクチャーガイドの他、キャスティングレッスンや講習会も実施致します。

 ※ サイトの内容に関するお問い合わせはTel/Faxかメールでどうぞ。
 Eメールでお問い合わせの場合は、メールがウィルスに感染していると自動削除されていまう場合があります。
 また、返答で送ったメールが「迷子」になり届かない例もあるので、1〜2週間経過しても返答がない場合はTel等で確認して下さい。

                        
NEWS の バックナンバー

                    NEWSスペシャル
 

   

HOME

copyright : bassstop
creator : aj design

BASS STOP 〒494−0001 愛知県一宮市開明字杁西郭39−2  
tel/fax 0586-45-8128 mail bassstop@orihime.ne.jp

 
MENU
店舗情報
改造・修理
カスタムロッド
レクチャー
コラム