オーナーってこんな人 店舗情報 フィッシングガイドの詳細(店主が同行します) ロッドの修理・改造・製造の詳細 フィッシングギア(釣具)の紹介 リンク
 

 


サービス : 改造・修理 CustomRod Guide
店舗情報 : Shop Access SiteMap
 


あなたは アクセスカウンタ 人目のお客様です。
 
 
DATE
 NEWS                
11/13 ロッドの改造・修理情報
 愛知県内の方からの依頼で、サクラのトラウトロッドのガイドをダイワのAGガイドに交換したロッドの改造例の写真をBASSリメイクのページに載せました。 ガイド交換の仕事は特に珍しくもなく多いので普段は写真を載せることがないのですが、この依頼者の方から連続で4本頼まれたAGガイドへの交換は非常にスレッドが巻き難くコーティングもし辛いので、今回依頼を請けたロッドのガイド交換状態の写真を載せる事にしました。 興味のある方はどうぞご覧ください。  ⇒ ロッド改造・ロッド修理例写真集へ

レクチャーガイド情報
 昨日の定休日に大阪からお越しになられたゲストの田中さんを、店主が野府川にてルアーカープフィッシングのレクチャーガイドしてきました。 前日夕方からの雨も明け方には止んだのですが。水温低下と濁りが入り北西の風も強くて結構釣り辛い条件でした。 ゲストの体調の関係で短時間に広範囲を歩くことができなったので、6時間くらいかけて1qの範囲を1往復する事になって更に厳しくなりました。 それでも店主が2尾を釣って見せて、ゲストも63cm・4.7sの鯉をコイラバ+ロッククロー2inでヒットさせました。 決して良くはない条件だったので、ゲストの方が釣ってくださるとホッとするのはバスボートに乗って琵琶湖で20年間ガイドをしていた頃と変わりませんね。 ゲストの釣った鯉の写真はガイドフォトのページに載せておきました。 ⇒ ガイドフォトへ
12/11 釣り場情報 (コイ・ナマズ・バス)
 店主が昨日・本日と開店前に野府川釣行して、冷え込みによる影響を確認してきました。 昨日の朝は寒くて魚の反応も悪く、40分の釣行でで鯉の1バイトあったがルアーが口からスッポ抜けてノーフィッシュ。 今朝は1時間の釣行で鯉が4バイトあり、1尾目は昨日と同じでスッポ抜けたが残る65p・75p・80pクラスの3尾はガッチリとヒットしました。 ルアーは毎度のロッククロー2inをセットしたコイラバU1/16ozです。 ナマズは1尾見つけて何度かアプローチを掛けたのですが、ガン無視状態でヒットせず。 日差しがあったので午後から水温が上がれば可能性はありそうと言ったところでした。
 サイトネーム「クレヨンしんちゃん」が犬山市の野池にてバイブレーションプラグで釣ったバスの写真を昨日送ってくれました。 犬山市はバス駆除のモデル市になっていたので入鹿池以外の野池などは壊滅状態とも言われているのですが、頑張って生きているバスもいる様ですね。

店主の独り言
 日本のバスは一時的な繁殖状態が過剰に進んだ際に生態系に合う以上に増え、食害問題で害魚扱いされました。 ですが本来バスは食物連鎖の頂点の魚なので、動物のライオンやトラと同じように元々個体数が多くならない魚なのです。 だから、広大なアメリカの湖ではバスを見つけるのが困難な為にフィッシングガイドという職業が成り立っているのです。 小さな野池などでは生息に十分なキャパシティがないので放っておいても絶滅する事も珍しくなく、現在の日本では生態系に馴染んだ生息数になっていると考えられます。 なのに生態系保全を叫びながら生物の生態をろくに研究せずに、他の生物にも多大な影響を与える電気ショッカーや池干しで駆除を進めたり、環境変化で器が変わっているのに中身の生物だけは昔のままにしようとするのは無理があり過ぎと思っています。 外来生物に対する感情論での駆除運動には少々疑問を感じますね。 外来種である北米産のニジマスを更に人工改良して○○サーモンとか名を付けた地域の名産品としたものが養殖場等から逃げ出したり、大量のニジマスを漁業共同組合が釣り大会等で川に放流しても問題視しないという現実をどう見れば良いのでしょうか?
12/10 入鹿池釣果情報
 愛知県犬山市の入鹿池にあるボート屋 「見晴茶屋」さん提供による釣果情報を更新しました。 バス情報は3件あり、いずれもサイズは40pアップです。 今回も釣れているのは入鹿池ではワカサギの釣れるエリアですね。 ワカサギ情報は店主が先日釣って情報を提供した今井エリアに集中しており、700尾台の釣果情報も入っています。 ⇒ 入鹿池情報へ
12/6 釣場情報 (番外編 ワカサギ)
 昨日の定休日に店主が息子と二人で犬山市の入鹿池へ今シーズン初のワカサギ釣行してきました。 店主がバスプロでNBC愛知チャプターの事務局長をやっていた頃からお世話になっている「見晴茶屋」さんでボートを予約して借りました。 通称「土管ワンド」や「稲荷山」方面が良いと最近の情報を教えて頂いたのだが、店主自身に実績のある今井方面へ向いました。 午前7時過ぎに周りに誰一人いないポイントへ到着し、魚探表示の水深7.8mで釣りを始めると直ぐに息子の竿に初物のワカサギがヒット。 狐針2号の7本仕掛けに赤虫のエサで、リールは最近流行の電動ではなく10p単位でタナを探るのに便利なカウンター付きの手動タイプを用い、店主が2本息子が1本の竿を出して底のタナを中心に時折中層の魚探反応に合わせて4m前後のタナも狙いました。 午前10時位までに200尾を超えましたがた風が強くなって釣り辛くなり、午後2時半を過ぎて二人で352尾釣り上げたところで終了としました。 ワカサギのサイズは1年魚の5〜6pクラスと2年魚の7〜9pクラスが半々位で、時折ヒネと呼ばれる10pクラスも混じります。 まだ暖かいのでブルーギルも釣れてきましたが、真冬並みに冷え込む今週末からはどうなるのか? とりあえずザルに上げたワカサギを息子に持たせて写真を撮ったのでフォトギャラリーのページに載せておきます。 ⇒ フォトギャラリーへ
12/3 入鹿池釣果情報
 愛知県犬山市の入鹿池にあるボート屋 「見晴茶屋」さん提供による釣果情報を更新しました。 バス情報は3件あり、回遊性の強いバスの多い入鹿池ではワカサギの釣れるエリアと重なりますね。 ワカサギ情報は竿頭が600尾台の釣果情報が入っています。
11/29 店主の独り言
 先日、高知県の方からの依頼でガイドの修理をしたのですが、そのお礼のメールが届きました。 修理自体は店主にとっては難しいものではなくて費用は2千円もかかりませんが、問題は7ft半を超えるワンピースロッドの送料でした。 一昨日に 「ロッドの送料に関して」 の記事を書いたのは、そのロッドの送料問題が今後お客様の負担にならないようにする為です。 今回は店主が提案した方法でロッドを送って頂き、当店の愛知県とお客様の高知県での往復送料は運送会社の営業所止めで4千数百円で収まり、お客様には予想以上に安く済んだと喜んでもらえた様です。 何かのテレビコマーシャルではないけれど、「まずはご相談を」 ですね。 
11/28 釣り場情報 (コイ・ナマズ)
 本日定休日の店主はロッドのガイド交換の仕事が2本あったので、昼前の2時間だけ野府川釣行してきました。 減水し透明度があり、深みのあるエリア以外は丸見え状態なので通常は魚の警戒心が高まって釣りにくい事が多いのですが、ここ数日気温が高かった影響なのか活性あって良く釣れました。 鯉は6尾ヒットさせましたががフック折れなどで2尾をバラし、60〜85pクラスを4尾ゲットしました。 ナマズは3尾発見してアプローチをかけ、50pクラス1尾をヒットさせました。 ルアーは毎度のロッククロー2inをセットしたコイラバUですが、浅くて流れも緩いためにナチラルドリフトさせ難いエリアもあり、いつも使う1/16ozだけでなく1/32ozも多用しました。 手軽に大物が釣れる釣りなので、全国の方にルアーカープフィッシングを覚えて欲しいと思っています。
11/27 ロッドの送料に関して
 当店へロッド修理・ロッド改造を依頼してくださるお客様の悩みの一つが運送方法と送料でしょう。 最近は宅配業者がロッドの様な長尺物を扱わなくなったり、扱ってくれても非常に高額になってしまうのでロッド改造・ロッド修理を諦めてしまったりする方も多いようです。 今日は、「送料の負担を抑える為に近所のショップに頼んだら酷い状態で戻ってきた。」 というお客様が、送料よりは安くつくからと車で長距離を走って来店なされました。 その様なお客様の負担や悩みを減らせればと思い、送料に関して少し詳しくBASSリメイクのページに書いたので遠方のお客様は参考にして頂きたいと思います。 ⇒ ロッドの送料に関して
11/26 入鹿池釣果情報
 愛知県犬山市の入鹿池にあるボート屋 「見晴茶屋」さん提供による釣果情報を更新しました。 バス情報は2件だけですが、21日に5尾釣り上げた方が居られます。 ワカサギ情報は竿頭が400尾台の釣果情報が入り始めました。
11/21 釣り場情報 (バス)
 18日に山下さんが琵琶湖でウェーディング釣行し、北湖東岸の流入河川にて53p・2430gのバスをヒット。 ルアーはデビジョンのクラッシュ9で、ロッドはグリップにトラブルがあって先日当店にて修理改造したデビジョンのパルスだそうです。 ビックベイトで釣りたくて1年間ビックベイト縛りで頑張ってもなかなか結果が出なかったが、やっと良い結果が出たと喜びの報告を受けました。 当店で改造したりカスタムで制作したロッドは直後に記録更新などの良い結果報告を聞く事が多いのですが、気に入って満足して頂けるるロッドだと釣りに集中できるから良い結果が出るのだと思い、今回のような報告はロッドビルダー冥利に尽きますね。 山下さんから頂いた写真はフォトギャラリーのページに載せてあります。 ⇒ フォトギャラリーへ
11/19 釣り場情報 (コイ・ナマズ)
 本日の開店前に店主が約1ヶ月ぶりに野府川釣行してきました。 使っていたパソコンのハードディスクが壊れてきたので、急いで買ってきたパソコンにデータを移し替える作業などで忙しかったからです。 とりあえず1時間ほどだけ行きましたが、水は完全に冬場と同じ位まで減水しており、透明度があるので鯉を発見することは容易でした。 ただ、越冬に適した深みのある下流部へと移動する鯉は食い気がなく、バイトしてくる個体は少ないです。 バイトらしきものは5〜6回あったが食い込まず、フッキングさせても即バレてしまい、開店時間が近づいて釣りを終了する直前にやっと60pクラスの鯉がヒット。 サイズは大きくないがよくファイトしてくれて楽しめました。 ナマズは枯れウィードの隙間で2尾見つけ、60pオーバーと思える1尾はルアーを無視しましたが、もう1尾の55pクラスは一発でヒットしました。 使用したルアーは鯉もナマズも毎度のロッククロー2inをセットしたコイラバUの1/16ozです。 久しぶりだったので鯉とナマズ写真はフォトギャラリーのページに載せておきました。 ⇒ フォトギャラリーへ
11/18 入鹿池釣果情報
 愛知県犬山市の入鹿池にあるボート屋 「見晴茶屋」さん提供による釣果情報を更新しました。 気温が高かった為か、本日バスが何本か釣れていますね。 ワカサギ情報は竿頭が200尾台の日が増えている様で、そろそろシーズン本番へ入り始めたと思えます。
11/14 カスタムロッド情報
 三重県の方からの依頼で、グリップのないブランク部のみのデビジョンのロッドに新たなグリップを作ってカスタムロッドに仕上げました。 半改造とも言えるるカスタムロッドですが、写真をカスタムロッド工房のページに載せましたので興味のある方はご覧ください。 ⇒カスタムロッド完成例写真集へ
11/12 入鹿池釣果情報
 愛知県犬山市の入鹿池にあるボート屋の 「見晴茶屋」さん提供による釣果情報を更新しました。 バス情報数は少なめですが前回の情報と同じで複数尾ヒット情報がほとんどであり、11日に30〜50pのバスを6尾ヒットさせたという報告も入っており、まだまだグッドサイズが釣れていますね。 今回はワカサギ情報が増えてきており、11日には276尾の釣果報告も入っています。
11/6 お知らせ
 当方から遠方のお客様へロッドを送る際の運賃に関してのお知らせです。 今まではサイズ・距離によって佐川急便と西濃運輸を当店と約束の内容で使い分けて、かなり安く千円台〜二千円台で送っておりました。 ですが、昨今の運輸業界の人手不足や燃料費の高騰によって運賃値上げが進んでおります。 特にヤマト運輸や西濃運輸では送れないサイズの長尺物を扱ってくれた西濃運輸が、自宅までの個別配達をすると5千円以上の送料がかかる事になってしまいました。 ですが、当方からお客様の御自宅へ直接送るのではなく、御自宅近くの営業所止めにして受け取りに行って頂く場合は今まで通り程度の運賃で送れます。 受け取りに行く手間が掛かるのでお客さまには御迷惑をお掛けしますが、何卒ご理解願いたく存じあげます。 お客様が当方へ送る際のご相談があればご連絡ください。
11/5 入鹿池釣果情報
 愛知県犬山市の入鹿池にあるボート屋 「見晴茶屋」さん提供による釣果情報を更新しました。 情報件数は多くないのですが殆どが複数尾のヒット情報で、2日には34〜50pのバスを6尾ヒットさせたとの報告があります。 秋は魚が広範囲にバラけ易いのですが、水温低下で冬っぽくなって条件の良いスポットに集まりだしたかもしれませんね。 今回はワカサギ情報も2件入っています。 数は135尾と150尾とまだ多くはありませんが、今後は釣果数の増加が期待できるでしょう。

釣り場情報 (コイ・ナマズ)
 お客様からの釣果情報が何も入っておらず寂しいので、本日の開店前に店主がけ野府川へ1時間行ってきました。 まだ鯉の数は多いですが下流部へと移動する意識が高く、一ヶ所で捕食・採食活動を積極的にしている個体が少ない。 水温低下もあるので群れて日向ぼっこしているか、小集団で下流へと少しずつ泳いで行っているので喰い気が悪い。 何とか4バイトあったがヒットは45〜50pクラスの小ぶりの鯉が2尾でした。 ナマズは3尾に見つけたがウィードに隠れながら下流へと移動しており、コイラバ+ロッククローで攻めるもウィードに阻害されて何ともなりませんでした。
11/1 ロッドの改造・修理情報
 鹿児島県の方からの依頼でTENRYUのジギングロッドのリールシートをT-DPS-LD20からPLS-LD18へと変更すると同時にグリップをセパレートタイプへと改造したロッドと、岐阜県の方からの 「どうしても」 という強い要望でダイワの2ピースのトラウトロッドを4ピースのパックロッドに改造したロッドの写真をBASSリメイクのページに写真を載せました。 興味のある方はご覧ください。  ⇒ ロッド改造・ロッド修理例写真集へ
カープフィッシングについて
 当店の店主はルアーフィッシングの底辺を広める為に、バス・トラウト・雷魚等の従来からのルアー対象魚以外の淡水魚を狙う事に力を注いでおり、その一つがコイです。 鯉釣りと言うと餌釣りのイメージが強いのですが、ルアーで十分狙える対象魚です。 ボイリー等の人工餌を使うヨーロッパスタイルの鯉釣りや、食パンで餌付けしてコ式なる仕掛けで狙うのも一種のルアー釣りとも言えますが、狭い意味でのルアーフィッシングとは言えないと思います。 当方ではプラグやワーム・ジグで狙うという釣り方でルアー対象魚を広めたいと思い、コイのルアー釣りをルアー・カープフィッシングと称し、当サイトにページを作りました。 興味のある方は御覧下さい。
⇒ ルアー・カープフィッシングへ
  
店主の前立腺癌治療記
 釣りには関係無い事なのですが、店主は健康診断からの精密検査で前立腺癌の告知をされ、2015年に小線原療法という放射線治療を受けました。 医師からは間違いなく根治すると言われておりますが、前立腺癌は将来的に日本人男子の癌の発症率1位になると言われておりますので読者の皆様にも関係してくる事があるかもしれません。 早期発見と正しい治療を行えば治療による後遺症も心配せずに根治可能ですが、逆に治療法を間違えると失禁などの後遺症の心配や再発の可能性も高くなるので、治療法の選択は重要です。 そこで店主が経験した前立腺癌治療を記したページを作成しました。 もしチョット気になる方が居られるならば、一度御覧ください。
⇒ 店主の前立腺癌治療記へ
  
 

                       ご挨拶
             

 ※ 当店は、1990年に愛知県一宮市 (旧・尾西市内) にオープンしたルアー専門の釣具店です。
 ルアー・フィッシング歴40年以上のオーナーはトップウォーター大好きの元JBプロで、トラウト・シーバスの釣りやアウトドアの経験も豊富。
 御要望によりフィッシングレクチャーガイドの他、キャスティングレッスンや講習会も実施致します。
 遠方の方も名古屋近郊におこしの際は、ぜひお立ち寄り下さい。 

 商品を売るだけの釣具屋ではなく、ロッド・リールの修理・改造はむろん、カスタム・ロッドの製作までOKのルアー・プロショップです。

 ※ サイトの内容に関するお問い合わせはTel/Faxかメールでどうぞ。
 Eメールでお問い合わせの場合は、メールがウィルスに感染していると自動削除されていまう場合があります。
 また、返答で送ったメールが「迷子」になり届かない例もあるので、1〜2週間経過しても返答がない場合はTel等で確認して下さい。

                        
NEWS の バックナンバー

                    NEWSスペシャル

HOME

copyright : bassstop
creator : aj design

BASS STOP 〒494−0001 愛知県一宮市開明字杁西郭39−2  
tel/fax 0586-45-8128 mail bassstop@orihime.ne.jp

 
MENU
店舗情報
改造・修理
カスタムロッド
レクチャー
コラム