オーナーってこんな人 店舗情報 フィッシングガイドの詳細(店主が同行します) ロッドの修理・改造・製造の詳細 フィッシングギア(釣具)の紹介 リンク
 

 


サービス : 改造・修理 CustomRod Guide
店舗情報 : Shop Access SiteMap
 


あなたは アクセスカウンタ 人目のお客様です。
 
 
DATE
 NEWS                
6/19 釣場情報(コイ・ナマズ)
 本日の定休日に店主が野府川釣行。 ロッドの仕事が残っているので昼前後の1時間半だけでしたが、60〜80pクラスの鯉をコイラバU+ロッククロ-2inで6尾ヒット。 久しぶりにサイトが可能な状態で、釣れてくるのも良くファイトする魚ばかりで楽しめました。 ここ1週間で10本以上のロッド改造・修理・カスタムの作業をこなしていたので、疲れだけでなくストレスが溜まっていましたが発散できました。 近くに釣り場があるのは幸せですね。
6/17 入鹿池釣果情報
 愛知県犬山市の入鹿池にあるボート屋さん「見晴茶屋」提供による釣果情報を更新しました。 特大サイズの情報は無いのですが40pUPがコンスタントに釣れている様です。 ⇒ 入鹿池情報へ
6/10 入鹿池釣果情報
 愛知県犬山市の入鹿池にあるボート屋さん「見晴茶屋」提供による釣果情報を更新しました。 50cmUPの情報は1件だけでしたが、40pオーバーのバス情報が多く入っており、釣れたポイントも多岐にわたっています。

お詫び
 お客様からの釣り場情報や送られてきた写真が何枚もあるのですが、ロッドの作業と問い合わせが何件も重なってしまって忙しくて紹介できてません。 数日中にアップしますので御容赦願います。
6/9 釣場情報 (ナマズ・コイ・ニゴイ)
 7日に店主と仲の良く野府川でパンや吸い込み仕掛けで鯉を釣られている岩田さんが、自作で木で作ったルアーでナマズをヒット (写真を時々投稿されている岩田さんとは別の方ですので、サイト上の御名前がいるかもしれませんね)。 次の日も改良した自作ルアーで鯉とニゴイをヒットさせ、多種の釣りを楽しいでおられる様です。 露l地土は初心者や子供用の物を使っているとの事で、近所で安上がりに楽しむという釣りの原点を見た様な気がしますね。 岩田さんからは写真を何枚か頂いているので、ナマズの写真をフォトギャラリーのページに載せておきました。 ⇒ フォトギャラリーへ

 昨日の昼過ぎに鯉のルアーフィッシングに挑戦してみたいとお考えのお客様が御来店になったので、チョットだけ女房に留守番を頼んで店主が野府川へ短時間レクチャーに行ってきました。 濁りが強くてサイトフィッシングが不可能で、コイラバの表層スイミングでワンバイトありましたが鯉のヒットには至らず。 ナマズは水路の落ち込み付近に多くいるので、やはりコイラバの表層スイミングで7〜8バイトありました。 フッキングしたのは3〜4尾ありましたが即バレしてゲットしたのは1尾のみ。 でも、お客様に楽しさはお伝えできたようです。
6/3 入鹿池釣果情報
 愛知県犬山市の入鹿池にあるボート屋さん「見晴茶屋」提供による釣果情報を更新しました。 スポーニングも終了した様で、グッドサイズのバスは水通しの良い明治村の品川灯台付近などで釣れてます。 これはベイトフィッシュを追い回すほどスポーニングから体力が回復しきっていないバスが、回遊系のベイトフィッシュが通過したり一時的に立ち止まる事でエサを取り易い水通しの良いポイントに集中するからですね。 ⇒ 入鹿池情報へ
6/1 釣場情報 (バス)
 本日、岐阜県の西脇さんが五三川へ早朝の陸っパリ釣行し、クローワームのテキサスリグでバスを3尾ヒット。 クローワームは先日紹介した片爪仕様にして、早速結果を出したそうです。
 同じく本日、岐阜県の岩田さんが午後からカヤックに乗って大江川釣行し、ザラゴッサでバスを1尾ヒット。 トップウォーターで攻めたがポッパー・ス一シャーには反応が無く、バラしたがライディングペッパーで40pクラスがヒットしてきており、今日はペンシルベイトデーだったとの事です。
 西脇さんと岩田さんから写真を頂いているので、フォトギャラリーのページに載せてあります。 ⇒ フォトギャラリーへ
5/30 釣場情報 (バス・ナマズ・コイ)
 岐阜県の岩田さんが28日の昼頃に大江川でカヤックに乗って釣行し、トップウォーターフィッシング。 午後1時頃に、動きは気に入っていたが結果が出ていなかったエバーグリーンのシャワーブローズで39cmのバスがヒット。 水温は24℃だったが雨が降って寒く感じる状況で、ストームのスィンフィンをトップ的に使用してバイトがあったがヒットには至らず、午後3時には終了したとの事。 岩田さんからは写真を頂いたので、フォトギャラリーのページに載せてあります。 ⇒ フォトギャラリーへ

 昨日の定休日の昼頃に、店主が2時間ほど野府川釣行。 前々日の雨と田植え準備の影響で濁りが強く、毎度のコイラバを用いてのサイトフィッシングが困難な為に鯉は70pクラスが1尾のみ。 ナマズは産卵の為に昇る水路の落ち込みに集まってきているが、食い気がイマイチでバイト数が少ないうえに喰い込みも浅くバレ易い。 4尾ヒットさせて2尾バラしましたが、釣り上げたナマズは腹ボテ体形の55pクラスと60pクラスでした。
5/27 入鹿池釣果情報
 愛知県犬山市の入鹿池にあるボート屋さん「見晴茶屋」提供による釣果情報を更新しました。 バズベイトで52pのバスが釣れるという夏っぽい情報も入っています。

店主の独り言
 昨日の開店間に買い物に出かけた帰り、野府川をのぞいたら二人の釣り人がいたので声をかけてみた。 パンを餌にして鯉を釣る所謂パン鯉釣法の方々でしたが、濁りが強かったのが悪影響したのか釣れていなかった。 話しをして驚いたのは、当サイトを時々見てくださっているとの事でした。 ルアー釣りの方だけでなくエサ釣りの方々にも多少なりとも情報提供で役立っていたことが判り、チョット嬉しかったです。
 夜は閉店後に話題になっていた映画の「空母いぶき」を観に行った。 色々と批判が出ていたのは承知していたが、これほど原作の漫画を読んでいる人の期待を潰してくれる映画も久しぶりである。 釣りを楽しむ為のバス釣り大会に参加したら、実はバス駆除の目的の大会だったと同じ位の期待外れであった。  チョット前に観た「ハンターキラー」という潜水艦映画とは比較にならない、残念である。
5/25 釣場情報 (バス)
 岐阜県の西脇さんが、今朝の午前4時の早朝から五三川へ陸ッパり釣行。 今年の2回目の釣行だったそうですが、スピナーベイトで44p、クランクベイトで39pと35pの計3尾のバスをヒット。 水温は4時の段階で18℃でしたが、2時間後の6時には20℃まで上昇したとの事です。 釣り人が非常に多く、他府県ナンバーの車も多かったので驚いたそうです。 西脇さんからは釣り上げたバスの写真を送って頂いているので、フォトギャラリーのページに載せておきました。 ⇒ フォトギャラリーへ
5/22 釣場情報(コイ・ナマズ)
 本日の定休日の昼前の2時間程ほど店主が野府川釣行。 ナマズがジャンプして水路を昇ろうとしている姿を目撃したので、ナマズの産卵も近い様です。 ただ産卵時期は食性でのルアーへの反応が悪く、ワンバイトあったがバラシてしまった。 ちなみに4日前の開店前の釣行では2バイトで1尾ヒットでした。 鯉のハタキは未だに見れないが、産卵を終えたと思われる個体も釣れてくるので何時ハタいたのか今年は全く分からない。 ただ鯉の食い気は高く9バイトで8尾ヒットし、サイズは65〜80pクラスでどの個体もメチャクチャ良く引きました。 ルアーは毎度のコイラバ1/16ozでトレーラーもロッククロー2inですが、ロッククローは前回の釣行で片側の爪が千切れてしまった片爪状態の物で、あえてそれを用いて全ての魚を釣り上げました。

ワンポイントアドバイス「Vol.56」
 今回のワンポイントアドバイスは上記で釣場情報で書いた、クロー型ワームの片爪仕様に関してです。 エサ釣りでのバスフィッシングの本から得たテクニックを応用したものですが、バスでも鯉でもクローワームを使う場合に利用できる事なので興味のある方は是非お読みください。 ⇒ ワンポイントアドバイスへ
5/20 入鹿池釣果情報
 愛知県犬山市の入鹿池にあるボート屋さん「見晴茶屋」提供による釣果情報を更新しました。 釣れているポイントはスポーニングエリア周辺ですが、アフタースポーニングの雄バスが付き易い水通しの良いエリアでも釣れ始めているので、スポーニングも終盤に入り始めたと思われます。
5/15 釣場情報(コイ・ナマズ)
 今日の定休日も店主は色々と用事があるので昼前の3時間程だけ野府川釣行。 今年はまだ鯉のハタキをい目撃しておらず、例年よりもかなり遅れていると思えます。 近所の農作業をされている方も、気温が低かったので稲の苗田作りを昨年より2週間位遅らせた言っていたので、水温の上昇も遅かった可能性がありますね。 逆にナマズは、このところの急激な気温上昇が影響しているのか水量の多い水路の流れ込みに早くも集まりだしているので不思議です。 釣果の方は鯉が8尾とナマズが1尾で、ルアーは毎度のコイラバ+ロッククロー。 ラストに釣った70pクラスの鯉はリールのドラグを滑らせて一気にラインを引き出して走り、魚を追って岸を歩いて対応したがランディングしたのはヒットした地点から100mも離れおり、嬉しい腕の痛みを感じさせてくれました。
5/14 釣場情報 (バス)
 昨日、岐阜県の岩田さんが大江川へカヤックで釣行し40,5cmのバスをヒット。 ルアーは古いへドンのプロウラー5/8ozだそうです。非常に人気のあったルアーではないので30年以上バス歴があるベテランでも覚えていない人が多いと思いますが、使ったことはなくとも見覚え位はあるでしょう。 岩田さんから釣り上げたバスの写真を送って頂いているのでフォトギャラリーのページに載せてあります。 ⇒ フォトギャラリーへ
5/13 入鹿池釣果情報
 愛知県犬山市の入鹿池にあるボート屋さん「見晴茶屋」提供による釣果情報を更新しました。 40cm台バスののヒット情報が多く入っており最大サイズは54p。 12日に40〜49pのバスを9尾ヒットさせた方の情報も入っています。
5/11 釣場情報(バス)
 他県へ単身赴任中の浅野さんが週末に自宅の愛知県へ帰ってきて、昨日と本日に大江川水系と五三川水系へ出かけて爆釣。釣り人が少ないエリアを探して広範囲に攻め、昨日はマメバスから40pクラスまでをネコリグ・ラバジ・テキサスで18尾、本日は8尾でラバジ・テキサス主体でしたがクランクでの45pが最大サイズだったそうです。
5/10 商品情報
 2月にスミスへ発注したプラドコ系アメリカンルアーの一部が入荷しました。 今回は当店で在庫切れしていたカラーのラトリンログやジッターバグの他に、ブーヤーのフロッグである「トードランナー」が入荷しています。 「トードランナー」はフラッタリングによる波動・波・音を出す軟質樹脂製のテールが装着されており、スカムフロッグ社のサンダートートやレーベルのバズンフロッグの様に、国産ルアーにはない使ってみたくなるルアーですね。 なお、「トードランナー」を直訳すると「走るヒキガエル」ですかね?面白いです。
5/8 釣場情報(ナマズ・コイ)
 本日は定休日でしたが、店主は色々と用事があったので午後2時過ぎから3時間だけ野府川釣行。 中流部から下へと歩いてみたが、今まで枯れていた1本の水路に水を通したため、に冬場に溜まった泥が一気に流れ込んで下流部は泥濁り状態だった。 それでも濁りの薄いエリアを探してサイトで鯉を狙っていくとコイラバ+ロッククローで7尾ヒットし、2尾はバラしたが50〜75pクラスを5尾ゲット。 ナマズは鯉狙いでコイラバをスイミングさせているときに55p・60pクラスの2尾がヒットしたので、夜はトップで日中はスピナーベイトやシャロークランク等で攻めても楽しめそうです。
5/5 入鹿池釣果情報
 愛知県犬山市の入鹿池にあるボート屋さん「見晴茶屋」提供による釣果情報を更新しました。 バスは相変わらず好調でゴールデンウィーク中も連日40pUPが釣れており、最大は56pの情報が入っています。

釣場情報(ナマズ・コイ)
 昨日の開店前に店主が野府川釣行。 相変わらずのコイラバ+ロッククローを用いてサイトで鯉を狙っていく釣りスタイルですが1時間で65pクラスと78p・8.6kgの鯉をヒット。 寒冷期と異なりファイトが強烈なので2尾だけでも腕が痛くなってくる程です。 ナマズは鯉を狙ってキャストしたルアーを横取りして60pクラスがヒット。 こちらも良いファイトが楽しめました。
5/2 釣場情報(ナマズ・コイ)
 店主が本日開店前に令和初の釣行で野府川へと出かけました。 田植え準備のために水路へ水が引かれ始めたので水量が増していましたが、まだ冬期に溜まった泥が混じる為か濁りもありました。 やや釣り難さはありましたが鯉の産卵であるハタキは始まっておらず、毎度のコイラバ+ロッククローで食い気のありそうな個体を狙っていったところ1時間で60〜75pクラスの鯉を4尾ヒットさせれました。 ナマズは例年だと居付いている可能性が高いポイントを数ヶ所攻めてみたところ、コイラバのスイミングに60pクラスのナマズがヒット。 鯉もナマズも産卵前でデップリしている為にランディングネットに入れて持ち上げるとズッシリと重量感があり、いずれもファイトが強烈で非常に楽しめました。 なおナマズの産卵はまだ先ですが、鯉のハタキは今週末の大潮時でないかと思えます。
 
カープフィッシングについて
 当店の店主はルアーフィッシングの底辺を広める為に、バス・トラウト・雷魚等の従来からのルアー対象魚以外の淡水魚を狙う事に力を注いでおり、その一つがコイです。 鯉釣りと言うと餌釣りのイメージが強いのですが、ルアーで十分狙える対象魚です。 ボイリー等の人工餌を使うヨーロッパスタイルの鯉釣りや、食パンで餌付けしてコ式なる仕掛けで狙うのも一種のルアー釣りとも言えますが、狭い意味でのルアーフィッシングとは言えないと思います。 当方ではプラグやワーム・ジグで狙うという釣り方でルアー対象魚を広めたいと思い、コイのルアー釣りをルアー・カープフィッシングと称して当サイトにページを作りました。 スモールラバージグを用いる釣り方ですが興味のある方は御覧下さい。
⇒ ルアー・カープフィッシングへ
  
店主の前立腺癌治療記
 釣りには関係無い事なのですが、店主は健康診断からの精密検査で前立腺癌の告知をされ、2015年に小線原療法という放射線治療を受けました。 医師からは間違いなく根治すると言われておりますが、前立腺癌は将来的に日本人男子の癌の発症率1位になると言われておりますので読者の皆様にも関係してくる事があるかもしれません。 早期発見と正しい治療を行えば治療による後遺症も心配せずに根治可能ですが、逆に治療法を間違えると失禁などの後遺症の心配や再発の可能性も高くなるので、治療法の選択は重要です。 そこで店主が経験した前立腺癌治療を記したページを作成しました。 もしチョット気になる方が居られるならば、一度御覧ください。
⇒ 店主の前立腺癌治療記へ
  
 

                       ご挨拶
             

 ※ 当店は、1990年に愛知県一宮市 (旧・尾西市内) にオープンしたルアー専門の釣具店です。
 ルアー・フィッシング歴45年以上のオーナーはトップウォーター大好きの元JBプロで、トラウト・シーバスの釣りやアウトドアの経験も豊富。
 御要望によりフィッシングレクチャーガイドの他、キャスティングレッスンや講習会も実施致します。
 遠方の方も名古屋近郊におこしの際は、ぜひお立ち寄り下さい。 

 商品を売るだけの釣具屋ではなく、ロッド・リールの修理・改造はむろん、カスタム・ロッドの製作までOKのルアー・プロショップです。

 ※ サイトの内容に関するお問い合わせはTel/Faxかメールでどうぞ。
 Eメールでお問い合わせの場合は、メールがウィルスに感染していると自動削除されていまう場合があります。
 また、返答で送ったメールが「迷子」になり届かない例もあるので、1〜2週間経過しても返答がない場合はTel等で確認して下さい。

                        
NEWS の バックナンバー

                    NEWSスペシャル

HOME

copyright : bassstop
creator : aj design

BASS STOP 〒494−0001 愛知県一宮市開明字杁西郭39−2  
tel/fax 0586-45-8128 mail bassstop@orihime.ne.jp

 
MENU
店舗情報
改造・修理
カスタムロッド
レクチャー
コラム