オーナーってこんな人 店舗情報 フィッシングガイドの詳細(店主が同行します) ロッドの修理・改造・製造の詳細 フィッシングギア(釣具)の紹介 リンク

フォト・ギャラリー


フォト・ギャラリー










このページはお客様から送られてきた写真等を載せています。


2019年11月24日にサイトネーム「クレヨンしんちゃん」が入鹿池へ陸っパリ釣行し、午前2時に45.5pのグッドプロポーションのバスをヒット。 予想より水温が高かったので、今井川河口にてハートテールの中層スイミングで喰わせたそうです。
 

 

2019年10月27日に岐阜県の岩田さんがカヤック釣行し、名ルアーのマグナムトピドゥデ37pのバスをヒット。
 

2019年10月2日に岐阜県の岩田さんが大江川でカヤック釣行。 オ得意のシャワーブローズ・ショーティで47pのバスをヒット。
 



2019年11月3日に岐阜県の岩田さんが大江川でカヤック釣行。 得意のシャワーブローズ・ショーティで55pのバスをヒット。
 

2019年11月8日に岐阜県の大江川にて開催されたサンライン2019バス祭りの上位入賞者の方々。 最初は参加50名で閉め切る予定だったが、応募が多かった為に65名の選手で行われた。
 

サンライン2019バス祭りに来場したイヨケンこと伊豫部プロと店主の弟子の織田さん。 店主がバスプロ活動していた20数年前は、二十歳位だった伊豫部プロ。と言う事は今何歳?
 

庄司潤プロと元JBプロでもあるサンライン社の中島氏。 中島氏はJBプロ当時にテスター・プロ担当でもあったので、店主はもとより多くの超有名プロも大変世話になっていた。
 

働く船長こと杉戸プロ。 奥様も元JBプロで、出場したプロ戦で奥さんの方が上位入賞する事もあった。 琵琶湖オープンに奥様お子さんも一緒に参加するバス釣り一家の主である。
 

最近は釣り好きオジサンの様相なので知らない若い人もいるが、日本のバストーナメント界をけん引し続けてきた御大の下野プロ。 店主より1歳年上で、琵琶湖のレジェンドである。
 

2019年10月20日に岐阜県の岩田さんがまたまた午前・午後とダブルヘッダーで大江川でカヤック釣行。 午前は1バイトのみでノーフィッシュだった、がp、午後は得意のシャワーブローズ・ショーティで44pのバスをヒット。
 

2019年10月16日の定休日に店主が野府川釣行し、昼前の1時間半で鯉を2尾ヒット。 1尾は89p・9.5sのグッドサイズで、ルアーはもちろんコイラバU(1/16oz)+ロッククロー2inです。
 

2019年10月8日に岐阜県の岩田さんが午前・午後とダブルヘッダーで大江川でカヤック釣行。 午前はシャワーブローズ・ショーティで32p、午後は手作りペンシルで44pのバスをヒット。
 

2019年9月22日に岐阜県の岩田さんが大江川でカヤック釣行。 シャワーブローズ・ショーティで58pのバスをヒット。 他にもヒットに至らなかったがトップに好反応があったそうです。
 

2019年9月22日にサイトネーム「クレヨンしんちゃん」が岐阜県の養老の津屋川で41p、大江川で37pのバスを得意のジグヘッドリグでヒット。 安定的に釣っている様です。
 

 

2019年9月16日にサイトネーム「クレヨンしんちゃん」が養老方面へ釣行し、今回は43pを頭に3尾のバスをヒット。 連休中で釣り人が多にもかかわらず安定の釣果ですね。
 

2019年9月15日にサイトネーム「クレヨンしんちゃん」が犬山市の野池へ釣行。 駆除の影響で釣れない池が多いのですが、何とか2尾をヒット。 写真のバスは38pだそうです。
 

2019年9月8日にサイトネーム「クレヨンしんちゃん」が、またまた岐阜県の養老方面へ釣行し、五三川水系で40p前後のバスを頭に3尾ヒットさせたそうです。
 

2019年9月1日に御馴染みのサイトネーム「クレヨンしんちゃん」が岐阜県の養老方面へ釣行。 46pを頭に3尾のバスをヒットさせ、相変わらず好調の様です。
 

2019年9月1日に岐阜県の岩田さんが、2ヶ月ぶりに大江川でカヤック釣行。 サイズは29p」とやや小ぶりでしたが、トップで押し切りスーパースプークJrにヒット。
 

2019年8月28日にルアーフィッシングを始めて1年目の西村さんを、店主が野府川でカープフィッシングガイド。 雨と濁りで厳しい状況だったが、西村さんは67p・5.1lkgを頭に5尾ヒットさせ、十分に楽しんで頂けました。
 

2019年8月24日にサイトネーム「クレヨンしんちゃん」が岐阜県の養老方面でナイター釣行。 得意のジグヘッドリグで51cmを頭に4尾ヒットさせ、同行者も2尾ヒットとの事でした。
 

2019年8月14日にサイトネーム「クレヨンしんちゃん」が岐阜県の養老方面へ釣行。 台風10号の影響での雨の中、35〜40pクラスのバスをジグヘッドリグで5尾ヒット。
 

左の写真と同じ「クレヨンしんちゃん」が釣り上げたバスです。 どのバスもプロポーションの良いバスで、嵐の前には魚が良く釣れるというのは事実の様ですね!
 

2019年7月2日夜に一宮市の岩田さんがハンドメイドのルアーで釣り上げたナマズ。 右の写真も同日・野府川で釣り上げたナマズとの事のですが、比較してみてください。
 

同じ野府川のナマズなのに体色が明らかに異なります。 最近、別種とされてタニガワナマズと命名された新種なのか? 平野部の川だが流れが結構あるのでヒョッとしたら・・・。
 

2019年7月22日夜に一宮市の岩田さんがハンドメイドのルアーで50pクラスのナマズを2尾ヒット。 木目のあるシンプルデザインのウッドルアーで、見ていると初心に戻りたくなりますね。
 

2019年7月21日の早朝に岐阜県の岩田さんが根尾川支流へ釣行し、キャタピーソフトで68pのナマズをヒット。 普通のナマズだと超大物サイズで、なかなかお目にかかれませんね。
 

2019年7月14日にサイトネーム「クレヨンしんちゃん」が岐阜県の養老方面へ釣行。 五三川や旧十三ヶ村川等を巡って40アップ2尾を含むバスを3尾雷魚1尾をヒット。 相変わらず釣り人の数は多いそうです。
 

左の写真と同じ「クレヨンしんちゃん」が釣り上げたもう1尾の40pアップのバスの写真です。 この日はスピナーベイトとワームのスティックベイト等を使用したとの事です。
 

2019年7月11日に岐阜県の岩田さんが雨の中でナマズ狙いで野府川釣行。 増水で水が護岸の中断近くまで上がり、少々釣り難い状況で3時間で僅かに5バイト。 それでも1尾はゲットしたそうです。
 

2019年7月10日の定休日に店主が野府川で大爆釣。 4時間の釣行で何と鯉を16尾とナマズ・ニゴイを1尾ずつヒットし、しかも鯉の最大サイズは91cm・9.2s。 トレーラーのロッククローは3個使ったが、全て1個のコイラバで釣りました。
 

2019年7月6日の開店前に店主が野府川へ釣行。 田植え後の梅雨で水が濁ってサイトフィッシングが難しかったが、何とかコイラバで2尾の鯉をヒット。 久々に85p・9.1sの良型を釣り上げ、パワフルなファイトを楽しめました!
 

2019年7月2日に岐阜県の岩田さんが、またまた大江川で連続のカヤック釣行し、2日目は33pのバスが、ハトリーズクラシックのヘミーパングの着水直後にヒット。
 

2019年7月1日に岐阜県の岩田さんが、大江川でカヤック釣行し、この日はシャワーブローズ・ショーティに43pのバスがヒット。
 

2019年6月29日に仙石さんが琵琶湖南湖の赤野井でフローター釣行。 ミノーにのも反応があり、43〜48pのバスをヒット。
  

2019年6月24日に岐阜県の岩田さんが、大江川で2日連続のカヤック釣行。 この日はペンシルベイトのスーパースプークJrに48pのバスがヒット。
 

2019年6月23日に岐阜県の岩田さんが大江川でカヤック釣行し、42pのバスをチャガースプークでヒット。 トップウォーターが好調です。
 

2019年6月22日に岐阜県の岩田さんが、根尾川支流でナマズ釣り。 今年のナマズ狙いは不調だったそうですが、マスキージッターバグで63pの良型ナマズをヒット。
 

2019年6月29日に、岐阜県の西脇さんが早朝の五三川へ釣行。 スピナーベイトで40p、バイブレーションで30p・35pのバスをヒット。 月3〜4回の釣行で毎回ボウズは無いそうです。
 

2019年6月9日に岩田さんが、最近ハマっている手作りのルアーでコイをヒット。 魚を良く観察して研究なさる方で、つくづく釣りは道具や技術以前に魚を知る事だと思い知らされます。
 

2019年6月10日左の写真と同じ岩田さんが手作りルアーでヒットさせたナマズ。 コンスタントにヒットさせており、ルアーが殆ど未経験に近い餌釣り師とは思えませんね。。
 


2019年5月30日にサイトネームSさんが中禅寺湖へ釣行し、良型のブラウントラウトを何尾もをヒットさせ、その写真を送ってくださいました。
 


左の写真と同じSさんの中禅寺湖での釣果。 本命のレイクトラウトが今年は釣れないとボヤいていましたが、こんな綺麗な水で釣れるんだから、魚種に贅沢言ってはダメですよネ!
 

2019年6月7日に店主と仲の良い野府川でパンや吸い込み仕掛けで鯉を釣る岩田さんが、手作りのルアーでナマズをヒット。 数日後には更に改良した物で鯉やニゴイもヒット。 入門用のロッドなどを使ってとの事で、釣りの原点を感じますね。
 

2019年6月1日に、岐阜県の西脇さんが早朝の五三川へ釣行。 クローワームのテキサスリグで写真のバスを頭に3尾ヒット。 なお、クローワームは当サイトで先日紹介した片爪仕様で、早速実践されて結果を出されたそうです。
 

2019年6月1日に岐阜県の岩田さんが、大江川でカヤック釣行しザラゴッサでヒットさせたバスで、サイズは32pでしたが楽しめたそうです。 この日はぽっぱー・ス一シャーには無反応で、バラシはしたがライディングペッパーに40pクラスをヒットをさせているペンシルベイトデーだったそうです。
 

2019年5月28日に岐阜県の岩田さんが、大江川でカヤックnに乗って釣行。 水温は24℃あったが雨で寒く感じるなか、万壽橋付近で39pのバスをヒット。 気に入っているのに入魂ができていなかったエバーグリンのシャワーブローズで念願のヒットとの事。
 

2019年5月25日に、岐阜県の西脇さんが午前4時の早朝から五三川へ釣行。 他府県ナンバーの車も多く驚くほどの釣り人の数でしたが、3尾のバスをヒット。 写真はスピナーベイトで釣り上げた本日最大の44pだそうです。
 

左の写真と同じ西脇さんが同日にクランクベイトで釣り上げた39p。 水温は午前4時で18度、午前6時で20度だそうです。 2枚の写真のバスは腹は凹んでいるがヒレが綺麗なので、45日まrの大潮時に産卵した雌バスだと思えます。
 

2019年5月13日に岐阜県の岩田さんが、大江川にてカヤックに乗って釣行し、万壽橋付近で今年初となる40,5pのバスをヒット。ルアーは。古いへドンのプロウラー5/8ozで、今の若い釣り人では知らない人の方が多いルアーでしょう。
 

2019年3月31日に岐阜県の岩田さんが、大垣市の水門川にて初のコイラバを用いてカープフィッシングをし、今年の初物となる87pのグッドなサイズの鯉をヒット。 トレーラーはロッククロー2inのソルト用カサゴ職人だそうです。
 

2019年3月20日に店主が釣り上げた、今年の2尾目となるナマズ。 サイズは55pクラスで、コイラバ+ロックローに2度バイトしてきてヒットしました。 ナマズが釣れ出す時期は、気の早い雄バスがスポーニングベッドを作りだす時期でもあります。
 

2019年3月16日に店主が釣り上げた腹がボッてり出たプリスポーンのカープです。 サイズは70pクラスですがウェイトはズッシリ重い8Kg。 この日もコイラバU+ロッククローを用い1時間で4尾の釣果。 春です!
 

2019年3月10日、この年の初ナマズを野府川にて釣り上げました。 開店前のカープルアーフィッシングを終了する直前にコイラバ+ロッククローのスイミングにヒット。 4尾見つけたナマズの内で釣れたのはこの1尾のみでしたが、春を感じました。
 

2019年3月1日に当店の看板リスであるリチャードソンジリスの「リッちゃん」が2歳の誕生日を迎えました。 誕生日祝いのケーキはジリスには×の食べ物なので、イチゴだけ貰いました。(ケーキ本体は店主家族の人間が頂いております)
 

2019年2月13日に店主が息子と野府川釣行。 息子は1年半ぶりのカープフィッシングだったが80p・8.1sの良型の鯉をコイラバ3/32oz+ロッククロー2inで全て釣り上げました。 店主の方は3尾で数では勝りましたがサイズで負けました。
 

2019年1月23日に店主が野府川へ出かけ、3時間で10尾の鯉を釣り上げる爆釣。 サイズは50〜75pクラス中心で、最大は写真の81p・8.3sの良型。 ルアーロストは1度も無く、1個のコイラバ1/16oz+ロッククロー2inで全て釣り上げました。
 

2019年1月16日に店主が釣り上げた本年初の野府川のカープです。 サイズは58pと小ぶりでしたが見事にデップリした体型でした。 今回は70pクラスまで4尾ヒットさせましたが、今年もコイラバ+ロッククローが活躍ししてくれそうです。
 

2019年1月2日に店主が古株の常連さん数名と岐阜県板取にある管理釣り場の「魚の里杉島」で初釣り。 ポイントで釣果に極端な差が出たがそこそこ楽しめました。 写真は店主の息子が釣ったレインボー。
 

2018年12月26日に店主が本年最後になるだろう野府川への釣行。 釣果は75pクラスの鯉2尾で、ラストに釣れたのは写真の77p6.1.1sと然程の大物ではないが綺麗な魚体でした。 今年も1年コイラバ1/16oz+ロッククローが活躍しました。
 

2018年12月10日にサイトネーム「クレヨンしんちゃん」が犬山市の野池で釣ったバスの写真を送ってくれました。 駆除のモデル市になっているので入鹿池以外は壊滅状態と思っていたのですが、頑張って生きているバスはいる様です。
 

2018年12月5日の定休日に店主が息子と2人で入鹿池へワカサギ釣行してきました。 他の釣り人が誰もいない今井方面へ向かい、店主が2本・息子が1本の竿を出して朝から午後2時半過ぎまでで352尾の釣果。 この時期としてはまずまずでした。
 
 
2018年11月18日に山下さんが琵琶湖でウェーディング釣行し、、とある流入河川にて53p・2430gのグッドサイズのバスをヒット。ルアーはデビジョンのクラッシュ9でロッドは先日当店においてグリップを修理改造したデビジョンのパルスだそうです。
 

2018年11月19日の開店前に店主が1時間ほど野府川釣行し、60pクラスの鯉と55pクラスのナマズを1尾ずつヒット。 バイト数も少なくて喰ってもフッキングしない鯉ばかりでしたが、ラストでコイラバの1/16oz+ロッククローにヒット。
 

左の写真の鯉と同じ日に釣りあげた55pクラスのナマズです。 1時間の釣行で枯れウィードの隙間で2尾見つけ、1尾はルアーに無反応でしたが、このナマズはコイラバ+ロッククローのスイミングに1発でヒットしました。
 
   

copyright : bass stop creator : aj design

BASS STOP 〒494−0001 愛知県一宮市開明字杁西郭39−2  
tel/fax 0586-45-8128 mail bassstop@orihime.ne.jp
MENU
店舗情報
改造・修理
カスタムロッド
レクチャー
コラム