オーナーってこんな人 店舗情報 フィッシングガイドの詳細(店主が同行します) ロッドの修理・改造・製造の詳細 フィッシングギア(釣具)の紹介 リンク

フォト・ギャラリー


フォト・ギャラリー










このページはお客様から送られてきた写真等を載せています。


2022年7月11日の開店前に、店主が毎度のコイラバ+ロッククローを用いて野府川で釣り上げた72pの鯉。 戻り梅雨の雨による増水・濁りはありましたが、鯉を3尾ヒットさせて1バラシ・2尾ゲット。 凄くパワフルで楽しめました。
 

左の写真と同じ日に店主がヒットさせた50pクラスのナマズです。 鯉を狙いながらの1時間の釣りでコイラバ+ロッククローのスイミングで4バイトあり、1尾をゲットしました。
 

2022年6月26日に尾関が野府川へ釣行。 最近バス釣りに琵琶湖へ行っても不調の為に憂さ晴らし。 釣行前に来店して購入なさったスピナーベイトに早速ヒットした様です。
 

左の写真と同じ尾関さんが野府川でヒットさせたニゴイで、ナマズ狙いのトップウォータープラグにヒット。 ニゴイは良くファイトするので、ルアー対象魚として再認識して頂き屋いですね。
 

2022年6月11日に店主が野府川で釣り上げた60pクラスのナマズ。 口の右横に写っている白い物はナマズが吐き出した半消化状態のカエル。 過去にザリガニ・ヘビを吐き出したナマズを釣った経験があるが、カエルは初めてでした。
 

2022年6月5日に店主が野府川で釣り上げたナマズ。 女房に店番を頼んで1時間ほど釣りをし、コイラバ+ロッククローのスイミングにヒット。 サイズは55pだったが、極めてパワフルなファイトで楽しめました。
 

2022年5月16日の深夜に、i岐阜県の岩田さんがナマズ狙いで野府川へ釣行。 マグナムトピィドゥで47p・50p、バスオレノに49pがヒット。 田植え時期が近いのでナマズが集まり始めている様です。
 

2022年5月15日に、通称アンタレス男さんが大江川へ釣行。 西大江川のメジャーなポイントにて、シャロークランクのタダ巻きに46pのバスがヒット。 琵琶湖北のバスの様なプロポーションの良い体型の個体です。
 

2022年5月4日にi岐阜県の岩田さんが野府川で釣り上げた、腹ボテで57pのナマズ。 ルアーは往年の名品であるニップアイディディ。 ナマズは田植え時期に産卵するので、今後こんな体型のナマズが良く釣れる様になりま。
 

2022年4月29日にi岐阜県の岩田さんが2年ぶりにを野府川釣行し、キャタピーで51pのナマズをヒット。 良いファイトだったそうです。
 

右上の写真と同じ岩田さんが同日に野府川で釣り上げた51pのナマズ。 こちらはジッターバグXL(マスキージッターバグ)にヒット。
 

2022年4月23日の開店前に店主が野府川で釣り上げたプyリスポーンカープ。 3日前は産卵後の鯉を釣ったが、この日は産卵前のデップリした69p・5.5sの鯉。 食いが渋かったので、コイラバを1/32ozに下げてロッククロー2inと組み合わせました。
 

2022年4月20日に店主が野府川で釣り上げた鯉。 産卵のjハタキは完全に終っていないが、この70pクラスは終った個体の様だ。 産卵前の個体より細いがパワフルで、ルアーにヒット後のファイトは素晴らしかったです。
 

2022年4月14日に店主が野府川で釣り上げたナマズ。 鯉を狙っても産卵のハタキが始まったので全く喰わなかっったが、その脇から飛び出したナマズがヒットしました。 今シーズンの初ナマズでサイズは55pでした。
 

2022年4月8日に店主が息子と2人で開店前に30分ほど野府川釣行。 息子は1年以上釣りをしていなかったが、バックラッシュも起こさずベイトリールで軽いコイラバをキャストしていた。 やはりカエルの子はカエルの様である。
 

2022年3月9日に店主が野府川で釣り上げた70cmクラスの鯉。 これが今年の初カープですが、2時間の釣行で5尾ヒットしました。 久々の釣行でしたが腕は落ちていませんでした。 なお、 ルアーは毎度のコイラバU+ロッククロー2inです。
 

2021年11月17日に店主が野府川で釣り上げたナマズ。 ネットの枠は縦70p・横60pのなので、このナマズのサイズは65pクラスでしょう。 ルアーはコイラバU1/16oz+ロッククロー2インチです。
 

右の写真と同じ日に野府川でヒットした2尾目のナマズ。 こmのナマズも60pオーバーのサイズで、しかも太い! 11月の中旬なのに、1尾はバラしたが2時間の釣行で3尾ヒットしました。
 

2021年11月17日に店主が野府川釣行した際に見かけたヌートリアの親子。 子供は全部で3匹おり、害獣扱いされている外来生物ではあるが、泳いだり毛繕いする姿はとても可愛かったです。
 

2021年10月15日に窪田さんから「先日釣れたバスです」と写真を頂きました。 この写真はクランクにヒットした55pアップ。 琵琶湖湖北で夕マズメ2時間で無限バイトがあったとの事。
 

右上の写真同じと窪田さんから頂いたもう1枚の写真です。 こちらはチャターベイトで釣り上げた50pアップ。 今年は釣行回数が少なかったそうですが、良いサイズが釣れてますね!
 

当店定休日の021年9月8日の午後にに店主が野府川釣行し、久々にさせた70pクラスの鯉。 ルアーは毎度のコイラバ+ロッククローだが、雨続きで濁りがとれないのでサイトフィッシングで攻めるには苦労しました。
  

2021年8月11日に、店主が野府川で釣り上げたナマズ。 夕方に鯉狙いで30分ほど釣行したがノーバイトで、日が暮れてからナマズ狙いで再出撃したらベビートーピィードの5投目に60pクラスがヒットしました。
  

2021年7月20日に、店主が野府川で釣り上げた60cmクラスのナマズです。 増水・濁りでしばらく釣りに行っていなかったが、梅雨も明けたので女房に店番を頼んで夕方30分ほどの釣行し、ベビートーピィードにヒットしてくれました。
  

2021年6月9日に、店主が野府川で釣り上げた47cmのバスです。 ナマズ狙いの外道だが、野府川では過去15年間で目撃例は数件あるものの、釣れた情報はゼロなので極めて珍しい出来事だ。 正直言って、釣った店主自身も信じれない位です。
  
 
2021年6月5日に豊田さん親子が野府川の上流域でナマズのナイターフィッシング。 喰い込みが悪かったが、親子共にノイージープラグでグッドサイズをヒット。
 

2021年5月22日に倉知さん琵琶湖の南湖へ陸っパリ釣行し、西岸でもナイターでヒットさせた47pのバス。 ルアーはバイブレーションのTN-70だそうです。
 

2021年5月21日に一宮市の岩田さんがナマズ狙いで野府川釣した際にヒットした尺ベラ。 この日はヘラブナが2尾ヒットし、1尾はバラしたものの、もう1尾は見事にゲット。
 

右上の写真の岩田さんがヒットさせた野府川のナマズト。 梅雨入りして雨による増水で水路周辺にナマズが集まりだした様子との事。 ただ、この時期に群がるナマズはルアーに興味を持たない個体が多いので、やはり釣り難かったそうです。
 
  
2021年5月13日に佐藤さんが五三川方面の野池へ釣行し、シャロークランクでグッドサイズのバスをヒット。 7日にもポッパーでバスと大型雷魚をヒットさせており、毎回好調の様です。
 

2021年4月4日の開店前に店主が野府川釣行し、今年初の雷魚の60pクラスをヒット。 野府川では稀にしか釣れないのですが、、緑がかった模様の綺麗な個体なので嬉しいです。
  

2021年4月29日に一宮市の岩田さんが今年の初ナマズを野府川釣でヒット。 まだナマズの数が少なく時期的に早い感じでしたが、このナマズは着水即ヒットしたそうです。
 

2021年4月2日に佐藤さんが五三川方面の野池へ釣行し、お得意のスピナーベイトでヒットさせたバス。 連日好調に釣れている様です。
 

2021年4月6日と8日に佐藤さんが連続で五三川方面の野池へ釣行し、毎度のスピナーベイトでヒットさせたバス。 50pUPを含めてグッドサイズが釣れています。
 

2021年3月31日に、店主が1ヵ月ぶりの野府川釣行し、毎度のコイラバ+ロッククロー2inで7尾の鯉うぃヒット。 最大サイズは写真の84cm・8.2kgで、ウェイトもパワーもあるので非常に楽しめました。
  

2021年3月11日に岐阜県の岩田さんが野府川で釣り上げた70pの鯉を。 フォール中にヒットしたとの事なので活性はかまり上がっている様だ。 ルアーはコイラバ1/8ozにカサゴ職人だそうです。
 

2021年2月24日に店主が久しぶりの野府川釣行し、毎度のコイラバ+ロッククロー2inで釣り上げた75p・6.2sの鯉。 典型的な外来種を人工改良した大和鯉ですね。
 

2021年2月21日に岐阜県の岩田さんが野府川釣行。 気温・水温が上がって魚の活性も上がった様で、81pを頭に鯉を3尾ヒット。 近場での数時間の釣りで大物が釣れるルアーカープフィッシングは皆さんに楽しんで頂きたいですね。
 

2021年2月14日に岐阜県の岩田さんが野府川で釣り上げた53pのニゴイ。 細い魚体のニゴイは低水温になると鯉より活性が下がるが、この日はコイラバでニゴイが2尾釣れたそうなので、このところの暖かさで水温も上昇している様だ。
 

左の写真の岩田さんが同じ日に野府川にてコイラバで釣り上げた75pの鯉。 冬場であっても温排水が入り込むような小河川や用水であれば、近所でルアーフィッシングによる大物釣りが楽しめます。
 

2021年2月11日に岐阜県の岩田さんが今年初の鯉を野府川で釣り上げました。 サイズは79pのグッドサイズで、ルアーはコイラバ3/32ozにVIVAサターンFAT3のトレーラーだそうです。
 

2021年1月21日に店主が今年の初釣りで野府川釣行し、毎度のコイラバ+ロッククロー2inで55〜70pクラスの鯉を5尾ヒット。 写真は開始10分で釣り上げた65pクラスの初物です。
 
   

copyright : bass stop creator : aj design

BASS STOP 〒494−0001 愛知県一宮市開明字杁西郭39−2  
tel/fax 0586-45-8128 mail bassstop@orihime.ne.jp
MENU
店舗情報
改造・修理
カスタムロッド
レクチャー
コラム